12.8 C
Japan
火曜日, 7月 7, 2020

「さきめし」5月25日より新たな取り組みがスタート

Gigiは、サントリーホールディングスの支援のもと、当社が運営する飲食店支援サイト「さきめし」の新たな取り組みを5月25日よりスタートした。

※取り組み決定ついては発表済みである。(リリース、以下)
https://www.dropbox.com/s/fikrer8olvuepke/200513%20Gigi%20release.pdf?dl=0

最新の状況として以下を知らせるとともに、当社の取り組みに賛同している著名人、実業家の声を紹介する。

①登録店舗数
広報発表以前には約2,000店(5月8日時点)だった登録店が、5月25日時点で約7,000店(店舗登録中により未掲載店舗含む)に増加した。今後も飲食店への案内を継続し、支援を受けたい店舗と支援をしたい利用者を繋げ、「さきめし」を通じた支援の輪を広げていく意向である。

②サイトリニューアル
サイト構成やデザインを刷新し、新しいWEBサイトに生まれ変わる。新たな機能として、「先払いチケット」を購入した際に、その飲食店に対して応援メッセージを送る機能を追加した。

新WEBサイトhttps://sakimeshi.com/

新「さきめし」サイト


<トップページ>

<飲食店ページ画面>    

<応援メッセージ ユーザー入力画面>   

賛同者コメント

本プロジェクトに対する賛同者のコメントは以下である。

■吉田類さん(酒場詩人)

何はさておいても、街には飲食店の賑わいが欠かせない。コロナ禍のあおりで大半の店がひっ迫している。馴染みだった何軒かの居酒屋が閉店したと聞く。この苦境を乗り切ろうと奮闘している店主の顔が浮かぶ。あの定番メニューが待っていてくれると思えば心強い。まさに元気な明日が予約できる‶希望のキープ″じゃあないか

 ■渡部建さん(お笑い芸人)

こんな手があったか!と目から鱗のプロジェクトだと思いました。
僕も日々テイクアウトなどでお店の方と接するのですが、
皆さん本当に頑張って自分の店の存続に命をかけてます。
アフターコロナで一番悲しいのは大好きなお店が無くなってしまっていること。
それを食い止めるべく皆さん、「さきめし」を活用しましょう。

■本田直之さん(実業家・旅人・サウナー)

いま飲食業界は過去最大の危機に瀕しています。このままだと日本が世界に誇れる文化が衰退してしまいます。
様々な形で、僕も飲食業界を応援する活動をしています。ただ、テイクアウトだと近くのお店しか応援できないし、取り寄せはすでにやっている飲食店は応援できるけど、やっていない店はどうやっても応援できない。コロナ後もなかなか県をまたいだ移動が難しく、すでに外出制限が無くなった街もまだまだ回復には遠く及ばないようです。
そんな中、まさに求めていたサービスが始まりました。 ぜひ「さきめし」を使って、大好きなお店を応援していきましょう!!!

■中村貞裕さん(実業家・(株)トランジットジェネラルオフィス 代表取締役)

お店側の立場としてもこの状況でこのような形で支援してもらえるのは凄く嬉しいし、逆に普段お世話になっている大好きなお店にも恩返しできる素晴らしい企画!
企画を聞いた瞬間からこれだと思いテンションあがりました^_^
まさに映画の前売りチケットのようなこのさきめし応援します。

「さきめし」とは

「アプリを通じて・人さまに・お食事をごちそうできる」サービスとして、当社が展開する「ごちめし」の機能を使って、外出の自粛などで今は行けない自分のお気に入りのお店に、自分あてに食事代を先払いしておき、落ち着いた後に食べに行こうという支援活動である。

「さきめし」利用時の手数料無償化、および登録飲食店様への寄付


・「さきめし(および、ごちめし)」に登録している飲食店に対して、一律で現金の寄付を行う。サントリーの拠出金の一部に加え、支援者による任意の寄付を受け付け、これらを合計した寄付金を6月上旬に分配する予定である。

・支援者の「先払いチケット」購入の際に発生する決済手数料をサントリーが負担することで無償化し、支援者による支援金がそのまま飲食店に届くようにする。手数料の無償化は5月25日から開始し、サントリーが拠出する寄付金と「先払いチケット」の手数料負担額の合計が1億円に達するまで実施する。

社名Gigi(ジジ)株式会社
設立2018年9月13日
所在地本社 福岡県福岡市中央区大名2-6-11
代表者今井了介
事業概要インターネットサービス事業
URLhttps://www.gigi.tokyo/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。