12.8 C
Japan
月曜日, 9月 26, 2022

少人数制オンライン保育サポート「Co育園」がスタート

2020年5月、W Inc.は、保育士・幼稚園教諭が監修する、双方向型・少人数制保育サポート「Co育園(こいくえん)」をリリースした。「Co育園」は、家事や在宅ワークにおいて、子どもの休園・休校による環境の変化でお悩みの保護者が、1回最大4名までのプロ監修の保育プログラムを1回500円で受けられる保育サポートサービスである(初回無料)。1〜3歳向け(保護者要同伴)、4〜6歳向け(保護者要準同伴)の主に2プログラムを軸とし、「親も、子どもも、安心して過ごせる1時間」を提供する。

「在宅ワーク×育児」にへとへとな保護者の方へ

「大事なオンライン会議の間、うちの子落ち着いて過ごせるかな」
「家事がまったく進まない……」
「テレビやYouTubeを見せ続けるの、いやだな。構ってあげられない罪悪感がある」

そんな悩みを抱える保護者の方が、引け目なくちょっとした休憩や仕事時間を確保し、子どもも先生や画面越しにお友達と遊ぶことができるサービスである。

(*)オンライン保育サポート:保護者が在宅し、子どものそばにいる環境下で、オンラインを通じた保育のサポートを行う。

3児の父と参加者の声から生まれた、3つのプログラム


「Co育園」のプログラムは、当初3児の父であるサービス運営会社代表自らの悩みの解決策として生まれ、テスト運営するなかで「1〜3歳児向けもほしい」という声を受けてすぐに対象年齢を広げたプログラムをスタートした。
この時期の子どもはアウトプット(発話)や周囲との対話が大切と言われており(*)、読書や映像といったインプットから、どんなことを感じ何を思ったかを自分で発信し、周囲と心を通わせる機会をつくる。
(*)保育所保育方針(厚生労働省)・幼稚園教育要領(文部科学省)より

【1】Co育園(対象:4〜6歳、保護者要順同伴)

プログラム1回につき、テーマにそって2〜3種類のコンテンツ(工作、お絵かき、体操など)を展開する。テーマは、毎回担当の先生が柔軟に対応するため、リピートの利用でも楽しむことが出来る。

【2】プレCo育園(対象:1〜3歳、保護者要同伴)

簡単な言葉のやりとりを交えたお話あそびや、親子の触れ合いあそびなど、家庭で取り入れられるあそびを紹介する。保育中の様子を普段見ることはなかなかないなかで、プレCo育園では実際に子どもの反応や成長を目の当たりにすることができる。
プログラムの​​最後には、保護者同士や先生とのトークタイムもあり、育児の不安や疑問を相談することもできる。

【3】プレCo育園 with パパ(対象:1〜3歳、保護者要同伴)※週末限定

【2】のプログラムの、父親同伴専用プログラムである。あそびを通じて子どもと心を通わせ、子どもへの理解を深めていくことを目指す。子育ての基礎を学んで、明日からの子育てをもっと楽しく! 子どもの発達を捉えながら、仲良くなるポイントを伝える。
プログラムの最後には、父親同士の情報共有や、父親ならではの悩み相談会も開催する。週末の朝は、父親と子どもが一緒に遊ぶ時間にして、母親はゆっくり自分時間。そんな時間にしてみてもいいかもしれない。

3つの特徴

・おうちで、プロの保育を1コインで受けられます
先生との会話や遊びで、楽しくコミュニケーションしながら学べるプログラム。Web会議サービスのZoomを使用し、保育士・幼稚園教諭によるプロフェッショナルの保育サポートを在宅で受けることができる。料金は500円(税別)である。

・家事やWeb会議、ちょっとの休憩時間を生み出せます
子どもの手が離れる時間がわかっていたら、仕事の予定を組んだりちょっとした休憩時間を作ることができる。気づけばYouTubeやテレビばかり……と罪悪感を抱くことなく、安心して親も一息つく時間をつくることは大事である。

・1回最大4人までの少人数制・双方向型プログラム(45分/回)
撮影済み動画の配信や、大人数のお子さまを一度に相手にするような一方向型ではない。先生と子どもの双方向のやりとりを大切にしながら、子どもの興味や発話を促す。

・対象年齢は1〜6歳まで
まだ言葉を話さない、ひとときも目を離せない乳幼児から、1人でも少しなら画面の前に座っていられる子どもまで、広く対象としている。1〜3歳の保護者の方はプロの先生という第三者を交えたほっとできる時間として、4〜6歳の保護者の方は子どもが思いっきり発散・表現できる時間として利用することができる。

立ち上げの想い――「今、一緒にいられること」をみんなが楽しめる場にしたい

最近、在宅ワークが増えたり、子どもの幼稚園や学校の休園・休校により、家族みんなで家にいる時間が長くなることでこんな悩みが出てきていると思われる。会社代表自らが、3人の幼児・小学生をもつ親のため、当初は「子どもと家にいるいい機会だから、楽しく大切に過ごしたい」と意気込んだものの、仕事に集中できなかったり、自分が展開できる遊びのバリエーションに限界がきたり、モヤモヤを抱える日々。株式会社Wは、こうした状況の親子に、1日1時間だけでも心休まる時間を提供したいと考え、以前保育士・幼稚園教諭として勤めていた妹に相談し、Co育園をスタートした。

Co育園は、親と子だけのためのものではない。
園の閉鎖や、直接自宅訪問するというシッターさんの業務形態の都合上、仕事が減りながらも、保育・教育の現場に携わりたい強い思いをもつ方がいる。また、家庭の都合などで家事に従事し、保育・教育現場への就業を断念している方もいる。そういった、現時点では舞台袖に控えているプロの先生たちに、新しい役割と活躍の舞台を提供することも、このCo育園ができることだと考えている。

W Inc. 代表取締役 廣岡大亮
※全文はこちら:https://www.coikuen.jp/pages/3851926/thought

サービス概要

  • 名称:Co育園(こいくえん)
  • Webサイト:https://www.coikuen.jp/
  • サービス開始日:2020年5月14日(プレオープン:4月19日)
  • 対象:1〜6歳の子ども、その保護者
  • 対応端末:パソコン、タブレット、スマートフォン
  • 登録費用:保育サポート利用者、保育士・幼稚園教諭ともに無料
  • 参加費用:保育サポート利用者500円/回(税別)※初回無料

「W Inc.」について

W(ダブリュー)は、2019年10月に設立した、「その人らしさ」を軸に関係性をデザインする、プレイスメイキングカンパニーである。
生活者が物理的・心理的に「愛着の持てる場」を得ることを促すために、《ライフスタイルデザイン》《コンテンツ》の2軸から新しい価値観をもつ商品やサービスを提供し、豊かな暮らしの風景を作る。

社名株式会社W(W Inc.)
設立2019年10月1日
所在地〒650-0035 神戸市中央区浪花町59番地23階
代表者代表取締役 廣岡 大亮
事業概要 - オープンイノベーション型事業創発・運営
 - 住まいづくりに関するコンサルティングサービス
 - デジタル技術を活用した商品の企画、製造および販売
 - イベント企画・運営
URLhttp://w-inc.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント