12.8 C
Japan
日曜日, 9月 25, 2022

タクシー相乗りアプリ「nearMe.」が少人数のドアツードア「通勤シャトル」の募集を開始

新型コロナウィルスの感染が拡大し、日本各地で外出自粛制限が行われている中、どうしても出勤・出社せざるを得ない、病院・医療、スーパーマーケット、金融機関、その他大勢の関係者がいる。このような社会情勢を背景に、タクシー相乗りアプリ「nearMe.」(ニアミー)を提供する、株式会社NearMe (本社:東京都中央区、代表取締役社長:髙原幸一郎)は、仕事の関係でどうしても出勤・出社しなければならない人に向け、少人数制の通勤専用シャトルの募集を、4月16日(木)より開始した。

新型コロナウィルスの感染拡大で、4月7日に首相より7都府県に緊急事態宣言が発令されました。また、その状況に足並みをそろえるべく、各都市独自の緊急事態宣言が次々と出されている現状があります。外出自粛、自宅勤務がうたわれるその状況下でも、どうしても出社・出勤せざるを得ない方が多くいらっしゃるのもまた事実です。そして、その方々が私たちの生活を支えてくださっている現実もあります。

また、日々発症する方がいる一方で、感染源を追えない方の割合も多数いることが見受けられます。どうしても出勤・出社せざるを得ない方が、不特定多数が乗車される公共交通機関により通勤することを、少しでも避けられないないかと考え、今回少人数制の通勤シャトルをつくり、ご活用されたい企業・団体様を募集することとなりました。

また、日々発症する方がいる一方で、感染源を追えない方の割合も多数いることが見受けられます。どうしても出勤・出社せざるを得ない方が、不特定多数が乗車される公共交通機関により通勤することを、少しでも避けられないないかと考え、今回少人数制の通勤シャトルをつくり、ご活用されたい企業・団体様を募集することとなりました。

【利用方法】
URLよりお問い合わせください。
https://campaign.nearme.jp/commute

【発着点】
東京15区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、豊島区、江戸川区)内のご自宅など指定場所から、ピックアップし、各企業・団体様の指定場所までお送りします。

【募集期間】
2019年4月16日〜順次
※お問い合わせいただいた順に、順次ご連絡させていただきます。

【使用車両 (予定)】
ハイエース、アルファードなどの車両(最大9人乗り)

【ウィルス対策、ニアミーからのお約束】
1.   乗車中の車内換気を徹底します。
2.   全乗務員は運行前に検温を行い、マスクを着用します。
3.   アルコール消毒を設置し、乗車の際には皆様にご対応いただきます。
4.   前日までに乗車される方を決定し、感染者が出た場合早急な対応をさせていただきます。
5.   降車後の清掃の際、お客様の触れる箇所にアルコール消毒を実施いたします。
6.   乗車するお客様同士が隣接しないよう、少人数/大型車で展開させていただきます。

株式会社NearMe 代表取締役社長 髙原幸一郎 コメント

新型コロナウィルスが世界中で猛威を振るう中、医療関係者や、私たちの生活に必要な業務を担っている皆様に、まずは感謝を申し上げたいと思います。私たち一人一人が、外出を7〜8割減らすことで新型コロナウィルスの拡大を阻止する必要があることは、もちろん理解しています。とはいえ、上記の皆様の他にも、オペレーション上どうしても出勤・出社せざるを得ない方も多くみてきました。MaaSサービスを提供するものとしてなにかできないかと考え、今回の企業・団体様の募集に至りました。

私たちニアミーは、昨年8月より空港送迎のスマートシャトル™を運営することで、独自のAIを発展させ、ルーティングの最適化をはかってきました。そのルーティングの技術を活用し、不特定多数ではなく、誰が乗車したか追跡できる方法で、私たちのサービスを皆様に活用していただけるのではないかと考えております。もちろん感染者がでないよう、最大限の努力も行っていければと考えております。ぜひお問い合わせ頂ければ幸いです。

社名株式会社NearMe
設立2017年7月18日
所在地東京都中央区京橋3-6-10 xBridge-Tokyo Next
代表者髙原幸一郎
事業概要リアルタイムの位置情報を活用して地域活性化に貢献する“瞬間マッチング”プラットフォーム作りを目指し、まずシェアリングエコノミーのMaaS(Mobility as a Service)領域からスタート。渋滞緩和、混雑の解消、高齢者のアシになることはもちろん、快適な移動を創造する「タクシーの相乗り」アプリとオンデマンド型シャトルサービス「スマートシャトル™」を展開しています。
URLhttps://nearme.jp/
プレスリリース発表元企業:株式会社NearMe
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント