12.8 C
Japan
木曜日, 12月 8, 2022

「次にめざす姿」にスカウトが届く!現在から2~3年先までを見据えた転職サービス 『Freak』がユーザーの事前登録を開始

『Freak』は、登録者の「次にめざす姿」を基に企業がスカウトを行える新しい転職プラットフォームである。国内最大級オープンイノベーションプラットフォーム「Creww」の運営するコワーキングスペースdocks会員after NEXTが『Freak』を運営。この度「いますぐ」から「2~3年先」までを見据えたユーザーのサービスの事前登録を開始したことを発表した。

「次にめざす姿」にスカウトが届く!
現在から2~3年先までを見据えた転職サービス
『Freak』が4月2日よりユーザーの事前登録を開始

株式会社アフターネクストは、β版として開発を進めてきたスカウティングプラットフォーム『Freak』でのユーザー(求職者)の事前登録を開始する。ユーザーのニーズを踏まえて、新たな機能の追加と改善、さらにAIの搭載行った。

URL: https://www.lp.freaksearch.net/freak-reg

サービス概要

『Freak』は、いますぐの転職から2~3年先の転職を目指す方を対象とした転職候補者の「やりがい」や「なりたい姿」、つまり「自分らしさ」を基に企業がスカウトを行える新しいプラットフォームである。従来の採用は、求職者の経歴や資格などの「過去情報」を基に選考を進めていた。しかし、その方法では、求職者の本音が見えず、結果としてミスマッチが多発していた。

これに対して『Freak』では、求職者の本音やパーソナリティ、なりたい姿、実現したいことなどの「未来情報」や「未来志向性」が、自然言語解析+双方向エンコーダーを活用しベクトル化される。他方で、企業はポジションごとにペルソナ設定が可能であり、使用するごとに精度の増すAIレコメンド機能やソート機能を組み合わせることで、自社の企業文化や求める人物像と親和的な候補者とのマッチング精度を高める。

特徴

従来の転職サービスとの違いとして、『Freak』には、求職者が未来を語る自由と、今までアピールし難かったパーソナリティを語る自由がある。

(1)ユーザー同士の情報を可視化
ユーザーが他ユーザーの個性豊かな未来や才能に触れることができる。従来の求職活動では他者情報が見られないことが当たり前であった。『Freak』ではお互いの未来志向性をSNSのようにオープン化することで、ユーザー自身の未来への想像力の飛躍的な向上が期待できる。

(2)アイコンで自分を表現
文字情報だけではなく、自身のパーソナリティをアイコンで表示可能。アイコンの選択で自分を表現することができるため、「言いにくいこと」や「書きづらいこと」も簡単に伝えることができる。

サービスローンチの背景

昨今、終身雇用制度の限界や働き方改革によるリモートワークの解禁、副業文化の浸透、自己実現や自己成長としてのキャリアアップなど、仕事への価値観が大きく変容してきており、「この会社でどうなりたいか」ではなく、特定の会社にこだわらずに「自分個人としてどうなりたいか」への意識が強くなっている。

実際、過去話題になったSNS転職に代表されるように、一部のユーザー(求職者)は、これから得たい経験、スキル、挑戦したいことなどの未来への志向性をSNSで発信することによって、新たな形で自分の働く場所を決めることが浸透してきているのである。

転職の決め手は「やりがい」や「成長」「人間関係」

一方で現在、世の中で普及している転職サービスは、求職者の経歴やスキルといった過去情報を軸に採用を進めることが一般的である。しかし従来のこの手法には、様々な課題が内包されている。

例えば企業側の課題として、企業文化とのマッチング度合いが面談前には計りづらく入社後に組織に馴染めず退職してしまう点や、企業風土と採用者とのミスマッチによって組織定着前に離職してしまうことによる採用費の増大などが挙げられる。また、求職者側の課題としては、待遇などの条件面以外は希望に合致しないスパムに近いスカウトメールが大量に届く”ノイズ”が多すぎる点や、培ってきたスキルや業務知見などでしか評価を得られないことによって新たな業種への選択肢の幅が極めて狭くなってしまう点などが挙げられる。このように従来の手法においては企業、求職者双方の課題が顕在化している。

『Freak』はSNS転職の特徴となる未来志向性や自己実現を主軸とした機能性を活かしつつ、SNS特有のタイムライン上で埋もれてしまう点やフォロワー数に影響されるなどの課題を払拭。未来志向性を主軸とした独自のアルゴリズムによるスカウティングプラットフォームとして、経歴主義の当たり前をアップデートする。

社名株式会社アフターネクスト
設立 2018年11月12日
所在地東京都港区虎ノ門4-3-1  城山トラストタワー4F
代表者堀越 美奈子
事業概要スカウティングプラットフォーム「Freak」の運営
URLhttps://www.afternext.jp/
プレスリリース発表元企業:株式会社アフターネクスト
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント