12.8 C
Japan
火曜日, 8月 3, 2021

キャスターが総額6億円の資金調達を実施し、リモートワークの普及を加速

「リモートワークを当たり前にする」をミッションに掲​げ、リモートワークを中心とした人材事業を展開する株式会社キャスターは、STRIVE、山口キャピタル株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表。

キャスターは、2014年に「CASTER BIZ(キャスタービズ)」の提供を開始し、秘書・人事・経理・翻訳・WEBサイト運用など、これまでのキャリアを活かして、誰もがリモートワークでも就業できるよう「オンラインアシスタント」という市場を日本で形成してきた。創業6年目を迎えた現在は、リモートワークを中心とした人材事業を幅広く展開し、キャスターのメンバー数は700名以上、サービス利用企業社数は累計1300社以上となった。
今年に入り、リモートワークを導入する企業が急速に増加しており、リモートワーク導入に関するコンサルティングの依頼も増加している。

このたび調達した資金は、リモートワークの普及によりニーズが高まっているセキュリティシステム、リモートワーカー向けの業務管理システム、関連会社が運営するbosyu事業等に投資するとのことだ。

■各引受先からのコメント(順不同)
STRIVE 代表パートナー 天野雄介氏
スキルや経験はあるにもかかわらず、地理や時間の制約によって働くことができない人は依然として多く、企業側も要件に合ったリモートワーカーが見つけられない。そのような市場の課題に取り組むキャスターは、顧客にとってなくてはならないサービスと、それを支えるチームを作り上げてきていると思います。新型コロナウイルスによって今後リモートワークはより普及していくかと思いますが、キャスターがこれまでの労働のあり方を変革し、リモートワークという業界のパイオニアからリーダーになっていくのを弊社も応援していく所存です。

山口キャピタル株式会社 代表取締役 森脇 不知奈氏
近年注目されているリモートワークは、業務をどこでも実施できる特性から地域における就業の可能性を広げる新しい働き方です。いち早く全メンバーにこの新しい働き方を導入したキャスター様は、持続可能な地域社会の実現において非常に意義のある取り組みを行う企業であると考えます。地域へのインパクトの大きい企業として、今後の成長に期待しています。

■キャスター 代表取締役 中川祥太 コメント
「リモートワークを当たり前にする」をミッションに掲げて創業して以来、社内外でのリモートワーク推進に尽力してまいりました。
新型コロナウイルス対策のために、リモートワークが急速に普及し始める状況になったことで、当社のミッション推進の重要性をより強く感じています。
本資金と、当社がこれまでに培ってきたリモートワークのノウハウを元に、世界がより良くリモートワークに向き合えるよう邁進する所存です。

株式会社キャスターについて
「リモートワークを当たり前にする」をミッションに掲げ、2014年の創業時からリモートワークを全社的に取り入れています。リモートワーカー及びこれから働き方を変えようとチャレンジする方々に新たな就業機会を提供し、日本が抱える労働者不足の解決に繋がる人材サービスを提供します。
ISMS、プライバシーマーク取得済み。2019年テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)において 特別奨励賞を受賞。

社名株式会社キャスター
設立2014年9月
所在地宮崎県西都市鹿野田11365-1
代表者中川 祥太
事業概要オンラインアシスタントサービス「CASTER BIZ」をはじめとした人材事業運営
URLhttps://caster.co.jp
プレスリリース発表元企業:株式会社キャスター
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】暮らしの未来を創造する次世代のプラットフォーマーへ | イオンモールがスタートアップと協業

【オープンイノベーションインタビュー】 「アジア50億人の心を動かす企業へ」をビジョンに掲げるイオンモールは、「Life Design Developer」として、人々のライフスタイルの向上と地域社会の発展に貢献することをミッションに、国内外の大型商業施設を開発から運営まで一気通貫で手掛けるディベロッパー企業です。 同社はこの度、ライフスタイルの変容や地域の社会課題に対して、商業施設の枠組みを越え、新たな「暮らしの未来」を創造する事業領域を拓くべく、Crewwのプラットフォーム「Creww Growth」を用いて、アクセラレータープログラムを開催します。イオンモール株式会社DX推進部 ビジネス開発担当部長 野口 耕司氏に、オープンイノベーションへ乗りだすに至った思いを伺いました。 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #イオンモール #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

現代の社会課題である食品ロスを解決する「Freeat(フリート)」

【ファウンダーインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。CrewwのSTARTUP STUDIOプログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、Freeat(フリート)です。 #フードテック #SDGs #インキュベーションプログラム #スタートアップスタジオ #Freeat #フリート #大挑戦時代をつくる #Creww

潜在的イノベーターの挑戦と覚醒を促す“パートタイム”という選択肢

【新プロジェクトインタビュー】 “大挑戦時代をつくる。”をビジョンに掲げ、数々のオープンイノベーションを
支援してきたCreww社が、スタートアップへパートタイムで参画できるプロジェクトを開始します。
SHIFT(x)プロジェクトで実施する新たな取り組みについて、担当者にインタビューしました。 #スタートアップ #
SHIFT(x) #シフトエックス #STARTUPSTUDIO #スタートアップスタジオ #大挑戦時代をつくる #Creww

大阪メトロ アドエラがスタートアップ協業で目指す「ローカル経済を結びつけた大阪の活性化!」

【アクセラレーターインタビュー】 株式会社 大阪メトロ アドエラがスタートアップとのオープンイノベーションに乗り出した。人口減少による交通利用の影響に立ち向かうべく、2025年に向け新しい事業の柱を創っていくという大阪メトログループ全体のミッションがある中、各グループで新規事業創出に向けた準備が着々と進められていたが、新型コロナウィルスの影響がよりこの流れを加速させたと言う。 そんな中、大阪メトロアドエラではスタートアップの斬新なアイデアや先進的な技術を取り入れ、協業による新規事業を生み出すべくアクセラレータープログラムを開催する。大阪メトロアドエラの新規事業創出を担う事業創造本部の奈良大和氏に、オープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップとの共創に向けた狙いや想いを伺った。 #大阪メトロアドエラ #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント