12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

CMJと連携した「OurPhoto」。協業から生まれたシナジー

「家族の思い出を、美しい写真に残したい」。そう思う方も少なくないだろう。しかしながら、プロのカメラマンに撮影を依頼するのはまだまだ敷居が高い。高い費用を要する上に、かしこまった服装で写真館に足を運ぶのが一般的だ。写真館では似たような背景、同じようなポージングで撮影するのが通例。日常にある思い出を写真に残すことはできない。そんな不満を解決するサービスが「OurPhoto(アワーフォト)」だ。
「OurPhoto」はプロ、もしくはそれに準ずる技術を持ったカメラマンと、写真を撮ってもらいたい依頼者をつなぐプラットフォーム。相場の半額以下の価格で依頼できる上に、フォトグラファーが撮影現場に足を運んでくれる。今年の2月には「crewwコラボ」を通じてキヤノンマーケティングジャパン(以下、CMJ)との協業が決定し、サービス拡大に向け邁進中だ。今後の世界進出に向け「もっと気軽に写真が撮れる世界を創りたい」と話す平野歩代表と、「OurPhoto」と協業して市場拡大を狙うCMJの齋藤氏にお話を伺った。
※この記事は、2017年8月9日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

「プロに撮ってもらう」をよりカジュアルに

―― まずは、起業したきっかけについてお伺いしてもよろしいでしょうか。
平野歩(以下、平野):もともと、私は大手印刷会社に勤務していました。主に写真撮影の仕事に従事していたのですが、写真を一枚撮影するコストは低くなっているのに、撮影にかかる費用は安くならない業界構造に疑問を感じていたのが起業のきっかけです。現状、一般の人がプロのフォトグラファーに撮影依頼をすることはほとんどなく、写真館に足を運ぶのが通例。「もっと気軽にクオリティの高い写真が撮れたらいいのに」と思い「OurPhoto」を創業しました。

Our Photo株式会社 代表取締役 平野歩

―― 「OurPhoto」はどのようなビジネスモデルになっているんですか?
平野:「OurPhoto」はフォトグラファーと写真を撮ってほしい依頼者をつなぐプラットフォームです。フォトグラファーはプロから、それに準ずる技術を持ったセミプロやアマチュアまで全国に400名程が登録しています。フォトグラファーによって異なりますが、最低価格は6千円。業界の相場がおよそ3万円なので、幅広い層の方々に様々なシーンで利用していただいています。

―― たとえばどのようなシーンで利用されていますか?
平野:カジュアルなシーンで一例を挙げると、家族のちょっとしたイベントごとや結婚記念に写真を撮ってほしいという依頼が多いです。また、女子会にフォトグラファーが呼ばれるといったこともあります。フォーマルな場であれば、七五三や成人式での撮影などでもご利用いただいていますね。これまでは記念日だけに需要があった「プロに写真を撮ってもらう」というサービスが、日に日に身近な存在になっているのを感じています。

「OurPhoto」が選ばれる理由

―― 競合他社も少なくないと思いますが、「OurPhoto」が選ばれる理由はどこにあるのでしょうか?
平野:第一に依頼の気軽さです。価格が安く、ウェブサイトから気軽に撮影依頼ができるため、よりカジュアルなシーンで利用することができます。たとえば、離れて暮らすおじいちゃんやおばあちゃんと食事に行く機会や、花見や紅葉など季節毎のアクティビティーでも利用可能です。写真スタジオではできなかった“日常の思い出を美しい写真に残す”ことができるのも選ばれる理由だと思っています。

また「OurPhoto」のユニークな点は、様々なバックグラウンドを持ったフォトグラファーが所属していることでしょうか。普段は会社員をされている方が「週末フォトグラファー」として活動されていたり、本業がモデルの方もいます。同じ共通点を持つ人であれば撮影前の緊張も和らぎますし、モデルの方に撮影を頼めばポージングを教わることもできるんです。

―― 依頼者がフォトグラファーを選べるのは大きな利点ですね。
平野:おっしゃる通りです。フォトグラファーは人によって得意な撮影方法が異なりますし、値段も違います。用途に応じて数多くのフォトグラファーから好みによって選べる上に、過去の撮影実績によってスコアがつけられています。シーンによって自由に選べるのは、ユーザーにとって非常に大きなメリットになっていると思います。

―― 撮影依頼者はもちろん、フォトグラファーの活躍の場も広がりそうです。
平野:起業した背景に「フォトグラファーの活躍する場を増やしたい」という思いもありました。カメラが好きで、プロ並みのスキルを持つ方は大勢います。とはいえ、フォトグラファーとして生計を立てるには、独立して専業フォトグラファーにならなければいけない場合がほとんど。つまり、「綺麗な写真を撮ってほしい」「独立とまではいかずとも、写真で収入を得たい」という2つのニーズが満たされていませんでした。依頼者だけではなく、フォトグラファー側からサービス認知を促せるのも「OurPhoto」の強みです。

―― ユーザーの拡大はもちろん、フォトグラファーの獲得も必須ですよね。何か独自のマーケティングをされているのでしょうか?
平野:これまでマーケティングに一切費用を割いていないので、オーガニック検索で獲得した流入がほとんどです。もしくは、ユーザーもフォトグラファーも、口コミでサービスを知っていただいています。また、これまで伸びは緩やかでしたが、今年に入り前年比10倍のペースでユーザーが増加しています。「crewwコラボ」(crewwの提供するスタートアップ企業と大企業が新しい市場価値を創造するオープンイノベーションプログラム)を通じて今年2月にCMJさんとの協業が決まったのが最大の要因です。

―― CMJはどのような施策で「OurPhoto」のサービス拡大を支えているのでしょうか。

斎藤:キヤノンの新製品発表会で「OurPhoto」のサービス紹介をお話ししたり、直近では「OurPhoto」を利用して撮影した写真を無料のフォトブックにしてプレゼントする「1000人体験キャンペーン」を行いました。弊社も積極的にPRの場を設けて認知拡大をしているところです。7月からはフォトグラファーの登録会を全国で開催しています。場所は弊社の会議室を利用していただいており、一緒に何ができるのかを検討しながら、お互いの資産を活用しています。

―― CMJが事業会社に出資する機会はそう多くないですよね?
斎藤:そうですね。普通、大企業は「事業を一緒に育てる」というよりは「シナジーを生めるか」が協業のポイントになります。また、意思決定のスピードが早いとは決していえないため、話を通すのは簡単ではありません。総じてベンチャー企業との協業は難しい場合がほとんどです。しかしながら、「OurPhoto」のビジネスモデルは弊社のビジネスモデルと非常に親和性が高い。弊社も新しい取り組みを推進する機運が高まっているところだったので、今回はスムーズに提携が進みました。平野:仮に他の企業とパートナーシップを組めたとしても、CMJさんより親和性が高い企業は少ないと思います。私も以前は大企業に勤めていたので分かるのですが、やはりスタートアップと大企業の協業はとても難しい。CMJさんがなかなか踏み込みづらい下流のサービスを弊社は提供しているため、相互に大きなメリットを提供し合えたのがポイントになりました。斎藤:親和性が高い分、「OurPhoto」のサービス拡大が弊社の売り上げにも直結します。なので、より近い目線で戦略を考えられるんです。ただ出資をして終わるのではなく、自社のサービスを成長させる視点で経営に参画できるのも、今後「OurPhoto」の成長を加速させる要因になると思います。

―― 今後はどのような展開を検討されているのでしょうか。
斎藤:1年以内にサービスの依頼件数を10倍に伸ばしたいです。現状の進捗からかんがえると、それ以上にビジネスが拡大する可能性があると思っています。平野:シェアリングの領域が増加しているので、シェアリング自体の需要が増えてきています。写真撮影に関しても同じことが言えます。まだまだ解決しなければならない「不」のニーズは山積みです。時代にマッチしていない部分を改善していくことで、今後さらなる需要が望めると思っています。まずは全国にフォトグラフファーを配置して、低価格帯から高価格帯まで幅広いニーズに対応できる仕組みを構築して行く予定です。シェアリングサービスの多くは海外から日本に輸入されたものですが、日本から海外に進出して、ビジネスモデルを海外に輸出していきたいとも考えています。
(了)

執筆
INNOVATIVE PORT編集部 
「INNOVATIVE PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント