12.8 C
Japan
日曜日, 11月 27, 2022

世界初の「蚕」専門の昆虫食スタートアップが「シルクフードラボ」を表参道にオープン!

フードテックのスタートアップ「エリー」は、2020年1月に、「蚕」を原料とした次世代食品「シルクフード」の販売店「シルクフードラボ」を東京・表参道に期間限定でオープンした。「蚕」を新たな食品にリノベートし、日本発の代替タンパク質の世界展開へとスタートを切る。

■代替タンパク質としての昆虫
世界的な人口増加や乱獲を背景に、牛や豚、鳥といった従来のタンパク質に代わる代替タンパク質として、環境への負担が少ない「昆虫食」や「植物肉」「代替肉」を開発する動きが活発になっている。
昆虫は、タンパク質が豊富で栄養価が高く、生産に必要なエサや水、土地が少量で済むため、2013年の国連食糧農業機関による推奨レポートの発表以降、世界中で導入が開始されてきている。EUでは、2018年に食用の昆虫の取引が自由化され、普及に向けて制度が整備された。アメリカやフィンランドでは、既に大手食品メーカーや小売店が新食材として採用し始めており、日本でも大手小売店が商品化することを発表している。

蚕の繭

「シルクフード」とは

エリー株式会社が開発する次世代の高栄養価なサステナブルフードである。原料は「蚕」。約5000年にも及ぶ絹産業の歴史を人類と共に歩んできた生物だ。
この度オープンする店舗では、「ハンバーガー」「スープ」「スナック」「ケーキ」を皮切りに、主食、副菜、デザート、飲料など、最終的には10種類弱のメニュー展開を予定している。
「シルクフード」が大切にしていること、それは徹底的に「美味しい」を追求していることである。今回のメニュー開発においても、シェフの方々と試行錯誤を重ね、また食べたいと思ってもらえるもの、特徴である「コク」や「甘み」といった風味の良さを存分に感じてもらえるものを完成させた。従来の昆虫食とは一線を画す完成度をぜひ楽しみたい。

【シルクバーガー開発者の安藤曜磁シェフ(代々木上原QUINDI)のコメント】
「蚕」ということで最初は心配したのですが、使ってみると「コク」があり、主役にも、引き立て役にもなれる可能性に溢れる食材と感じました。認知さえされれば、新しい食材として世間に拡がっていくのにそう時間はかからない!と思うくらい、魅力のある食材です。

【商品紹介】
◎シルクバーガー:単品1,100円、セット(スープ/ポテト/ドリンクから選択)1,500円
シルクフードの特徴である「深いコク」と「甘み」、その「余韻」を最大限に活かすことをコンセプトに開発。一口目から美味しく、次第にもう一度食べたくなるような「余韻」をしっかりと感じることができる、世界初のシルクフードハンバーガーである。

シルクバーガー(スープセット)
シルクバーガー(スープセット)

◎シルクスナック:600円
シルクフードの代表作。シルクフードの「香ばしさ」といった一面を感じることが出来る。シーズニングに極秘のソルトを使用し、風味を存分に引き立てる。

シルクスナック

◎その他メニュー
・シルクスープ:単品(パスタ入り)650円
従来のミネストローネに旨味が加わって非常にコクを感じる逸品に仕上がった。1杯で満足感のあるミネストローネ。
・シルクシフォンケーキ:カット500円
シルクフードのナッツのような風味を存分に味わえる一品。ホイップクリームとミントとの相性が抜群!

シルクケーキ&シルクスープ

店舗情報

「シルクフードラボ」
住所:東京都港区南青山3-13 COMMUNE内
営業時間:平日休日ともに11:30(9:30より変更)~20:00
期間:2020年3月末までを予定

エリー株式会社とは

持続可能な食の未来の実現を目指し、「シルクフード」を開発するスタートアップ。 日本が世界をリードする「蚕」と「食品」に関する研究知見を掛け合わせることで、蚕を新たな食品原料にリノベートし、日本発の代替タンパク質として世界中へ普及させることを目指す。オープンイノベーションにて多くの大企業や大学と連携し、研究や商品開発を進めている。
<実績>※五十音順
【協業】
伊藤忠商事株式会社(アクセラレータプログラム)、稲畑産業株式会社(同上)、キリン株式会社(同上)、大正製薬株式会社(同上)、東大IPC(起業支援プログラム)
【研究】
京都大学(共同研究)、京都大学GAPファンドプログラム(研究費授受)、貞明皇后蚕糸記念科学技術研究助成
【その他】
京都大学イノベーション事業化プログラム最優秀賞、大学ビジコン@AG/SUM優秀賞、Morning Pitch Special Edition 2020(※2020/1/28開催)、The JSSA Tokyo Award 最優秀賞

社名エリー株式会社
所在地〒164-0002 東京都中野区上高田1-3-9
代表者梶栗 隆弘
URLhttps://www.ellieinc.co.jp/
プレスリリース発表元企業:エリー株式会社
配信元:PR TIMES
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント