12.8 C
Japan
火曜日, 7月 14, 2020

世界初の「蚕」専門の昆虫食スタートアップが「シルクフードラボ」を表参道にオープン!

エリーは、2020年1月20日(月)、「蚕」を原料とした次世代食品「シルクフード」の販売店「シルクフードラボ」を東京・表参道(東京都港区南青山3-13COMMUNE内)に期間限定でオープンいたします。
「蚕」を新たな食品にリノベートし、日本発の代替タンパク質の世界展開へとスタートを切る。

■代替タンパク質としての昆虫
世界的な人口増加や乱獲を背景に、牛や豚、鳥といった従来のタンパク質に代わる代替タンパク質として、環境への負担が少ない「昆虫食」や「植物肉」「代替肉」を開発する動きが活発になっている。
昆虫は、タンパク質が豊富で栄養価が高く、生産に必要なエサや水、土地が少量で済むため、2013年の国連食糧農業機関による推奨レポートの発表以降、世界中で導入が開始されてきている。EUでは、2018年に食用の昆虫の取引が自由化され、普及に向けて制度が整備された。アメリカやフィンランドでは、既に大手食品メーカーや小売店が新食材として採用し始めており、日本でも大手小売店が商品化することを発表している。

蚕の繭

「シルクフード」とは

エリー株式会社が開発する次世代の高栄養価なサステナブルフードである。原料は「蚕」。約5000年にも及ぶ絹産業の歴史を人類と共に歩んできた生物だ。
この度オープンする店舗では、「ハンバーガー」「スープ」「スナック」「ケーキ」を皮切りに、主食、副菜、デザート、飲料など、最終的には10種類弱のメニュー展開を予定している。
「シルクフード」が大切にしていること、それは徹底的に「美味しい」を追求していることである。今回のメニュー開発においても、シェフの方々と試行錯誤を重ね、また食べたいと思ってもらえるもの、特徴である「コク」や「甘み」といった風味の良さを存分に感じてもらえるものを完成させた。従来の昆虫食とは一線を画す完成度をぜひ楽しみたい。

【シルクバーガー開発者の安藤曜磁シェフ(代々木上原QUINDI)のコメント】
「蚕」ということで最初は心配したのですが、使ってみると「コク」があり、主役にも、引き立て役にもなれる可能性に溢れる食材と感じました。認知さえされれば、新しい食材として世間に拡がっていくのにそう時間はかからない!と思うくらい、魅力のある食材です。

【商品紹介】
◎シルクバーガー:単品1,100円、セット(スープ/ポテト/ドリンクから選択)1,500円
シルクフードの特徴である「深いコク」と「甘み」、その「余韻」を最大限に活かすことをコンセプトに開発。一口目から美味しく、次第にもう一度食べたくなるような「余韻」をしっかりと感じることができる、世界初のシルクフードハンバーガーである。

シルクバーガー(スープセット)
シルクバーガー(スープセット)

◎シルクスナック:600円
シルクフードの代表作。シルクフードの「香ばしさ」といった一面を感じることが出来る。シーズニングに極秘のソルトを使用し、風味を存分に引き立てる。

シルクスナック

◎その他メニュー
・シルクスープ:単品(パスタ入り)650円
従来のミネストローネに旨味が加わって非常にコクを感じる逸品に仕上がった。1杯で満足感のあるミネストローネ。
・シルクシフォンケーキ:カット500円
シルクフードのナッツのような風味を存分に味わえる一品。ホイップクリームとミントとの相性が抜群!

シルクケーキ&シルクスープ

店舗情報

「シルクフードラボ」
住所:東京都港区南青山3-13 COMMUNE内
営業時間:平日休日ともに11:30(9:30より変更)~20:00
期間:2020年3月末までを予定

エリー株式会社とは

持続可能な食の未来の実現を目指し、「シルクフード」を開発するスタートアップ。 日本が世界をリードする「蚕」と「食品」に関する研究知見を掛け合わせることで、蚕を新たな食品原料にリノベートし、日本発の代替タンパク質として世界中へ普及させることを目指す。オープンイノベーションにて多くの大企業や大学と連携し、研究や商品開発を進めている。
<実績>※五十音順
【協業】
伊藤忠商事株式会社(アクセラレータプログラム)、稲畑産業株式会社(同上)、キリン株式会社(同上)、大正製薬株式会社(同上)、東大IPC(起業支援プログラム)
【研究】
京都大学(共同研究)、京都大学GAPファンドプログラム(研究費授受)、貞明皇后蚕糸記念科学技術研究助成
【その他】
京都大学イノベーション事業化プログラム最優秀賞、大学ビジコン@AG/SUM優秀賞、Morning Pitch Special Edition 2020(※2020/1/28開催)、The JSSA Tokyo Award 最優秀賞

社名エリー株式会社
所在地〒164-0002 東京都中野区上高田1-3-9
代表者梶栗 隆弘
URLhttps://www.ellieinc.co.jp/
プレスリリース発表元企業:エリー株式会社
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。