12.8 C
Japan
火曜日, 7月 14, 2020

日本の伝統文化や美と技術を 組み合わせた斬新な空間演出

京都市内の伝統的な”町家”に本社を構える株式会社テクマク(TECHMAC)は、日本古来の和文化や「J-POP」と呼ばれる新たな日本独自文化に、現在のテクノロジーを組み合わせるという手法により、斬新なプロダクト(製品)を相次いで生み出しています。日本ならでは発想で技術開発を行い、1000年の古都から世界へ挑む同社。テクネ(技巧・芸術)に少しのマジック(魔法)をプラスした未来の創造を目指していくという北口真(まこと)社長に、その想いを伺いました。
※この記事は、2016年4月11日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

伝統文化に彩られた京都で起業、町家に本社

― 北口社長は大阪に本拠を置くスタートアップとして知られるマインドフリー株式会社の取締役を経て、昨年(2015年)8月にテクマクを創業されています。起業にはどのような経緯があったのですか

確かにテクマクは起業という形にはなっていますが、引き続きマインドフリーでは取締役として経営に関与しています。実は2006年の創業時から参加している共同創業者でもあります。

マインドフリーでも創業以来、新しい表現技術に対して研究開発する部門の責任者をつとめてきましたが、この先のモノのインターネット(IoT)時代を見据え、どんな技術開発を行うべきか、行えるのかということをずっと考えており、新たなプロダクトを開発する部隊として、独立したカタチを別に立ち上げたのがテクマクです。

― そして京都に本社を置き、斬新な開発をしておられます

日本の文化とテクノロジーを組み合わせた開発を行いたいと考えていましたので、今も伝統文化に彩られた京都で起業するべきだと考えました。

京都の伝統的な町家に拠点をおいているのですが、こうした場所にいるからこそ、地元の伝統工芸の作家の方などと出会えたのは非常に良かったですし、長い歴史を持つこの街から世界に発信していくことが意義深いことだと感じています。


「FIGURE STAGE(フィギュアステージ)」での展示例

― 先日(2016年2月26日)に都内で開かれた日本テレビによる大型イベント「SENSORS IGNITION(センサーズイグニッション)2016」では、出展した「FIGURE STAGE(フィギュアステージ)」が話題を集めました

この「FIGURE STAGE」は、日本の和と伝統にテクノロジーをミックスさせたプロダクトです。これがどのようなものかは実際にぜひ体感していただきたいのですが、独自のポイントとしては、日本が世界に誇るもう一つの文化でもある「J-POP」を代表する存在であるフィギュアを演出するために開発しました。

簡単に言いますと、20センチ四方のガラスで作られた四角い”ステージ”にフィギュアを置き、LEDによる赤・青・水色・桃色・緑・紫・白の7色の光で演出するものです。ただ演出するのではなく、日本の伝統美を取り入れているのが特徴で、ガラス表現にはフィギュアの美しさを最大限引き出すため、女性的な美を含んだ設計を取り入れています。また、ガラスの外側には、表面に凹凸を波のようにつけて透かせた質感の和紙を用いることで、光がうつろう様子が映えるような繊細な色彩を作り上げました。

テクノロジーの部分ですが、このガラス状となった箱の付近を両手で優しく撫でるように空中を泳がせると、ステージの色や明るさを繊細に変化します。あえて、手から情報を読み取るというアナログなアプローチをとることで、フィギュアと人間のコミュニケーションを図ろうとの意図があります。

― 実際に会場で「FIGURE STAGE」を前に手を空中で泳がせてみましたが、なかなか色が変わってくれませんでした。難しいものですね

フィギュアとコミュニケーションをとろうというものですから、やはりそこは心と愛情を込めて手を浮かせなければなりません。まさにフィギュアを愛(め)でるように手を動かすのです。「実際には触れない“ふれあい”」とでも言えるでしょうか。

いまのFIGURE STAGEは、スマートフォンやアプリから遠隔操作できるような便利さや面白さを求めているプロダクトではなく、フィギュアとの関係を深めるために、「手」という最強の“デバイス”を用いることにしました

愛でるように心を込めて手を動かさないと色は変わらない

― フィギュアへの愛がないと生まれない非常に奥深いプロダクトですね。このFIGURE STAGEのビジネス面では、どのような展開を考えていますか

FIGURE STAGEは一つのプロダクトではありますが、これを一つの“モノ”として購入いただくのではなく、FIGURE STAGEを中心に置き、空間を日本の伝統美によって彩り、演出することによる空間体験を訴求していきたいと考えています。これまで海外の方を中心に強い関心を持っていただいているところです。

― 確かに「SENSORS IGNITION(センサーズイグニッション)」の会場でも海外から来られている方は、必ず足を止めて興味深く眺めている様子がありましたね

われわれは単にテクノロジーを追い求めるのではなく、組み合わせることが大事だと思っています。それは伝統であったり、ストーリーであったりといったものです。そうした組み合わせを体現したのがFIGURE STAGEです。なので、単純な「箱」ではなく、空間体験という軸で訴えかけています。

― 以前からcreww(クルー)に参加いただいていますが、どのようなコラボレーションを期待していますか

crewwには随分前から登録をしており、昨年(2015年)は最先端IT・エレクトロニクス総合展である「CEATEC(シーテック)」で弊社がROHM株式会社さまと出品させていただいた「ときめきセンサ」をご覧、体験いただいたことがきっかけになりました。

コラボレーションについては、アニメや音楽などのJ-POPコンテンツを持っておられる企業の方とご一緒できればと考えていますし。また、「空間」・「場所」をお持ちの企業ですと、我々が演出をすることができますので、空間をアレンジしたいと考えている大手の方とコラボできると嬉しいですね。

― ありがとうございました。


株式会社TECHMAC・北口真CEOのCrewwページ https://creww.me/ja/account/Makoto-Kitaguchi
株式会社TECHMACのWebサイト http://techne-magic.co.jp/
FIGURE STAGEのWebサイト http://figurestage.com/
ときめきセンサのWebサイト http://tokimekisensor.com/

執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。