12.8 C
Japan
月曜日, 7月 13, 2020

Anyflowが約2.2億円のプレシリーズAの資金調達を実施。累計調達額は約2.6億円へ

プログラミング不要でSaaSとSaaSを簡単に繋ぐことができる、クラウドネイティブiPaaS(integration Platform as a Service)を提供するAnyflowは、プレシリーズAラウンドとしてグローバル・ブレインとグロービス・キャピタル・パートナーズをリード投資家とする約2.2億円の資金調達を実施した。
今回の調達を経て累計調達額は2.6億円となった。

本ラウンドにおける投資家(※順不同)

グローバル・ブレイン株式会社
株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ
Coral Capital

調達の目的と今後の展望

複数のアプリケーションを連携するiPaaSはグローバル市場では飛躍的に成長しており、SaaSの浸透が進む国内市場においても今後ますます注目が集まる領域となっている。Anyflowは、SaaS同士をAPI接続することで、プログラミング不要・簡単な操作で複数のSaaSを繋ぎ合せ、定型業務・ワークフローの自動化を実現する。2019年10月のβリリース以降、各方面から問い合わせがあった。IVS Kobeファイナリスト、Incubate Camp 12th の総合優勝、B Dash Camp 2019 Fallの優勝など様々な大会でも実績を残した。この勢いをさらに加速させるべく、プロダクトの開発強化とスピードアップに投資する予定である。将来的には、国内・海外SaaSを統合・管理するプラットフォームの役割を担っていく計画だ。

代表者コメント
坂本 蓮
Anyflow株式会社
生産性を向上させるためのSaaS導入をしたつもりが、システムが分断しており、手動による二重入力や開発コストを割かないといけない、そんな声をよく耳にします。Anyflowは今まで時間がかかっていたこと、エンジニアがいないとできなかったことを民主化し、労働生産性貢献に寄与できると確信を持っています。また、この度素晴らしい投資家の皆様にAnyflowのポテンシャルを評価していただき、今回のラウンドをクローズできたことを非常に嬉しく思います。引き続きご支援のほど、よろしくお願いいたします。

投資家からのコメント

コメント
General Partner 立岡 恵介 氏
グローバル・ブレイン株式会社
グローバルではiPaaSは飛躍的な成長を遂げてきております。SaaSの浸透がようやく進んできた日本においても期待が大きな領域の一つです。Anyflowは坂本さんのリーダーシップのもと、iPaaSとしてSaaSの中心となっていくような存在になると感じ、出資を決定いたました。クローバル・ブレインで培ってきた知見やネットワークを活用してこれから支援をしていきます。
コメント
シニア・アソシエイト 野本 遼平 氏
株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ
SaaSが加速度的に普及していく一方で、SaaS間の連携のニーズも顕在化しつつあります。その中でAnyflowのソリューションは、これからのSaaSエコシステムの基盤となる可能性があり、また、Anyflowはこれを実現し得るチームだと感じ、本ラウンドで投資させていただきました。ソリューションをさらに磨き込み、日本の労働生産性を抜本的に改善する企業としてご発展していくことを期待しています。
コメント
James Riney 氏 
Coral Capital
Founding Partner & CEO
Coral Capitalのオペレーションで積極的に海外のiPaaSを利用していましたが、日本のサービスとは上手く連携できずに困っていました。そんな際にAnyflowと出会い、ユーザーとしてペインをすぐ理解することができたので、喜んでシードから出資させていただきました。今回のまとまった金額の調達でエンジニアチームを拡大し、API連携を増やし、さらに便利なサービスを開発してくれることを期待しています。

Anyflowとは

AnyflowはSaaS間を統合し、組織の成長へ導くiPaaS(integration Platform as a Service)である。
クラウド上に構築された、シンプルなUIで自ら業務の自動化を推進することができるプラットフォームである。

社名Anyflow株式会社
設立2016年
所在地本社:東京都目黒区駒場1-28-5
代表者 代表取締役CEO 坂本 蓮
事業概要 Anyflowの企画・開発・運営・販売
URLhttps://anyflow.co.jp
プレスリリース発表元企業:Anyflow株式会社
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。