12.8 C
Japan
土曜日, 5月 21, 2022

自らつくりだす新しい出会い方、新しい働き方

空き時間に気軽にお茶できるサービス「CoffeeMeeting」や、気軽に空き時間を売買できるサービス「TimeTicket」といったサービスの運営を通じて、人と人との新しい出会いをつくってきた株式会社レレレ。
これらのサービスは、企画・デザイン・プログラミング・運営、すべてが代表の山本の手によってつくられ、リリースされている。
※この記事は、2016年4月28日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

なにか、誰かとつくりたい、に応える「InstantTeam」

― つい先日、2016年4月5日に「InstantTeam」をリリースしましたよね。おめでとうございます。

ありがとうございます。インスタントチームは気の合う人と緩く繋がる新しいコミュニティサービスで、スタートアップ、勉強会、サイドプロジェクト、趣味のチームを気軽につくることができます。

―コミュニティサービスですね。特徴はどんなところにありますか?

「緩く繋がる」というのが肝なんです。というのも、β版の時に、「空き時間を有効活用しよう」という、少し意識の高さを求めるニュアンスのキャッチコピーにしたらうまく伸びなくて、コピーを変えたら伸びたんです。

登録してくれたユーザーは想定よりアクティブなので、登録者の母数を大きくすることが現状の課題なので、これからもっと登録しやすくします。

InstantTeam
気の合う人と緩く繋がる新しいコミュニティサービス「InstantTeam」

知見を実践で身に付け、サービスをブラッシュアップ

―「InstantTeam」以外にも、「CoffeeMeeting」や「TimetTicket」といったユニークなサービスをリリースしていますが、これらに共通するものは、「人と出会って、時間を有効活用する」ということですよね。こういったサービスのアイディアがあって、元々、起業したかったのでしょうか。起業に至るまでの経緯を教えてください。

大学卒業後、 カルチャーに興味があったこともありマスコミ志望でしたが、それは叶わなかったんです。そこで就職したのが、株式会社富士総合研究所(現みずほ情報総研株式会社)。このキャリアだと手に職がないと話にならないだろうと考えて、上司にお願いして、SEになりました。とはいえ、ディレクター的なことで、自分が手を動かして開発するということにはならなかったです。

2005年頃に「mixi」や「はてな」を見ていて、とても面白いと思ったのをきっかけに、個人的に自分が使いたいサービスをつくりはじめました。それがあって、2006年にフィードパス株式会社、2009年に株式会社リクルートメディアコミュニケーションズで開発職に就くことができました。 そんな風に企業に勤めつつ、個人的にサービスはつくっていたものの、最初は全然うまくいかないんです。

― それは他に仕事をしているからうまくいかない、というのではないですよね?

はい。知見が自分に足りなかったからです。トライアンドエラーを繰り返して、PRや拡散の仕方、キャッチのつけ方がうまくなっていきました。会社のなかでつくりたいサービスを生み出していくのもひとつの手段ですが、自分の責任100%という環境のなかでやると自分の実力も分かります。

― やはり、つくり続けていくと、開発はうまくなりますか?

そうですね。どんどん要領を得ていきます。それと、やるべきところまでやり切る胆力がつくんですね。以前はリリースしてダメだと諦めていました。それが手を加えていくことで潮目が変わるというのが分かってきたので、プロダクトマーケットフィットができるようになっていきました。

そうこうして軌道に乗ったサービスが、2012年2月にリリースした「CoffeeMeeting」。コーヒー1杯を飲む時間を一緒に過ごしたい人と出会えるサービスなのですが、これがうまく広がりだしたので2012年5月に株式会社レレレを設立しました。

TimeTicket
コーヒー1杯を飲む時間を一緒に過ごしたい人と出会えるサービス「CofeeMeeting」

その後は、2014年7月、空き時間を売買できるサービス「TimeTicket」をリリースしました。facebookのユーザーと相性が良かったのだと思いますが、拡散の勢いも強く、「TimeTicket」ではリリース後3ヶ月で約5,000枚のチケットが発行され、売れた時間の合計も1,000時間を超えました。

TimeTicket
空き時間を売買できるサービス「TimeTicket」

人の魅力を知るからこそ、束縛せず、自由に集まりたい

― 人と協働することが好きで、幾つもサービスを展開していくと、社員を増やす方にも関心が行くと思いますが、複数人の会社にしないことにポリシーはありますか?

今はそのタイミングではないということが最も大きいです。

あとは「ひとつの会社でフルタイム」という働き方が、必ずしも現代の都会で働く若年層にフィットしているとは思いません。特にITの分野はプロジェクト毎に動いていく方が自然ですし、出社する必要がないことも多いですよね。会社で働きながら、「InstantTeam」でサービスを始めて、軌道に乗り始めたら起業するというのを提案したいというのもありました。今回の「InstantTeam」の先にあるものは、新しい働き方の提案ですね。

それに僕のやっているサービスは、どれもいろんなところに営業をかけてやっていくものではないんだろうというのもあります。組織の維持や意思に引きずられてサービスをダメにするようでは本末転倒なので、ひとりで、コワーキングオフィスに行くところに落ち着いています。


株式会社レレレ・山本大策CEOのCrewwページ
CoffeeMeeting
TimeTicket
InstantTeam

執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント