12.8 C
Japan
金曜日, 12月 8, 2023

スマートねこトイレ「toletta」2億円超の資金調達を実施!累計調達額は4億円突破

スマートねこトイレ「toletta(トレッタ)」を手掛ける株式会社ハチたまは、マネックスベンチャーズ、羽立化工、横浜キャピタル、山口キャピタル、ひびしんキャピタル、シグマクシス、大手商社等を引受先とする、合計2億円超の第三者割当増資をプレシリーズAラウンドにて実施した。本ラウンドにより調達累計額は4億円を突破。今後はAIを活用した、ねこの健康状態自動判定アルゴリズムの開発 および 獣医師との連携システムの開発を強化する。

資金調達の背景と目的

スマートねこトイレtolettaはねこがトイレに入るだけで、自動でねこの健康データを取得し、スマートフォン上のアプリに通知するヘルスケアサービス。ねこの利用頭数は2,000頭、健康データの件数は100万件を突破した。
今回の増資による主な資金使途は、tolettaの健康データを活用したAIによるねこの健康状態自動判定アルゴリズムの開発 および 獣医師との連携システムの開発である。これにより、飼い主がご愛猫の体調変化により早く気づき、すぐに獣医師と繋がることで早期のケアを実現できる。

獣医師連携システムのイメージ

新規引受先

・マネックスベンチャーズ株式会社
・羽立化工株式会社(*)
・横浜キャピタル株式会社
・山口キャピタル株式会社
・ひびしんキャピタル株式会社
・株式会社シグマクシス
・その他、大手商社等

(*)羽立化工株式会社について
静岡県湖西市に本社を置き、創業40年を誇るプラスチック成形のパイオニア企業。日本でもトップレベルの大規模設備を有し、自動車を中心とした独自技術の開発、成形技術と製造ノウハウを積み重ね、設計・開発から成形・組付まで自社一貫生産のワンストップサービスを提供している。

IoTなどの新しいものづくり技術開発にも積極的であり、これまでtolettaの金型成形・製造を委託され二人三脚で歩んできた。今回の増資により、toletta製造のさらなる安定化を図るとともに、今後は”Made In Japan”の品質を世界に向けて展開していく。

羽立化工代表取締役中村哲也氏(右)とハチたま取締役平畑輝樹(左)

羽立化工株式会社 公式サイト

https://www.hatachi.co.jp/

投資家からのコメント

・和田誠一郎氏(マネックスベンチャーズ株式会社 代表取締役)
家族の健康を気遣い、いつまでも共に元気に過ごしてほしいと思う気持ちは、世界中の人々が共通して抱く思いです。家族の形、その在り方が、時代の流れとともに変化する中で、多くの現代人にとって、日々の時間を共にするペットは大切な家族の一員となりました。 堀さん率いるハチたま社の開発する「toletta」は、大切な家族の一員である猫の健康状態を、テクノロジーが翻訳者となって飼い主に伝える、素晴らしいプロダクトです。言語を問わず、世界中の愛猫家にとって必要不可欠なプロダクトになる可能性を秘めた「toletta」によって、家族の一員である猫の健康が維持され、1日でも長く、そしてたくさんの家族の思い出を創る一助となることを願います。その実現に向けてハチたま社と共に邁進します。  

・中村哲也氏(羽立化工株式会社 代表取締役)
ハチたまさんからtoletta開発のお話をいただいた時、これは次代のIoT製品だととても興味深く感じ、開発に協力することになりました。開発を進める中で、ハチたまさんと世界に発信する夢を共有したいと思うようになり、製造を担当するだけでなくパートナーとして出資させていただくことになりました。

今後の資金調達について

現在、tolettaの販売は日本国内のみだが、今後は海外展開を本格化していく。そのため、海外展開に向けたシリーズAの調達を実施予定である。シリーズAラウンドについては、国内だけでなく海外投資家からの資金調達を予定している。

英語版tolettaアプリの画面
英語版tolettaアプリの画面

株式会社ハチたまについて

「ねこが幸せになれば、人はもっと幸せになれる」をビジョンに掲げ、スマートねこトイレtolettaの企画・開発を行なうスタートアップである。ねこ大好きなメンバーによる、ねこに優しい、ねこを幸せにするサービスを生み出していく。

社名株式会社 ハチたま
設立2015年3月20日
資本金330,988,000円
代表者代表取締役 堀宏治
所在地神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-4
URLhttps://toletta.jp/
プレスリリース発表元企業:株式会社ハチたま
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【安藤ハザマ × Cube Earth】日米特許技術で世界の都市OSにイノベーションを起こす

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】安藤ハザマは、2022年度のアクセラレータープログラム「安藤ハザマ 新規事業共創プログラム2022」で、米国と日本で特許を取得している地理情報システムのプラットフォーム「Cube Earth」を活用し、自治体へ「スマート防災システム」を提供しているスタートアップ企業 「Cube Earth」を採択。自治体危機管理のDX化の一環として、防災システムやスマートシティ、ドローン、デジタルツインのシステムなど、次世代の社会インフラ基盤を開発するスタートアップだ。具体的にどのような取り組みを進めているのか。安藤ハザマ 経営戦略本部イノベーション部副部長の堀井浩之氏と、Cube Earth代表取締役会長の阿藻成彦氏、代表取締役社長の武田全史氏に話を伺った。

【三機工業 × スタートアップ】選ばれ続ける会社になる|スタートアップとの共創に挑む新しい歩み

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】2025年に創立100周年を迎える三機工業株式会社は、2050年ビジョンに掲げた「選ばれ続ける」企業になるため、コア事業の強化や三機ブランドの向上に努めると同時に、会社の「信頼」を高める新施策も積極的に推進しています。 そこで、新たな取り組みの1つとして、「SANKI オープンイノベーションプログラム2023」に挑戦。初めてのアクセラレータープログラムに挑むファシリティシステム事業部 佐々木 宏之氏、経営企画室 経営企画部 石綿 央氏、 徳田 直也氏に、それぞれの立場から率直な想いを伺いました。

【安藤ハザマ × エアデジタル × 久喜市】デジタルスポーツで健康寿命の延伸に挑む!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】オープンイノベーションによる新規事業創出を推進している総合建設会社の安藤ハザマは、2022年度のアクセラレータープログラム「安藤ハザマ 新規事業共創プログラム2022」でデジタルスポーツ空間開発やデジタルスポーツフィールドの運営を手掛けるエアデジタル株式会社を採択した。 その後、安藤ハザマ、エアデジタル、埼玉県久喜市の3者で連携協定を締結し、久喜市内のショッピングモール施設「アリオ鷲宮」に出店している国内最大級のデジタルスポーツクラブ「スポーツ60&スマート」で協業を進めている。具体的にどのような取り組みを行なっているのか。 安藤ハザマの本社経営戦略本部イノベーション部担当課長・榊原翼氏と、エアデジタル代表取締役・前田相伯氏、久喜市役所 健康スポーツ部スポーツ振興課所属・金澤剛史氏に話を伺った。

【スタートアップ募集】地域の健康をケア|新規事業で地域に根差した未来のアイセイ薬局へ

【スタートアップ募集】アイセイ薬局は、全国に400店舗を超える調剤薬局を展開しています。まもなく創業40周年を迎える今、次なる事業の柱を求めてアクセラレータープログラムに挑戦!地域の人々に必要とされる薬局を目指し、新規事業創出の可能性を模索します。本インタビューでは、アイセイ薬局がなぜ今スタートアップとのオープンイノベーションに挑むのか、株式会社アイセイ薬局 事業企画部部長の堀浩之氏に話を伺いました。
Facebook コメント
jaJA