12.8 C
Japan
土曜日, 6月 25, 2022

宇宙商社Space BD、3.8億円の資金調達

Space BD株式会社は、インキュベイトファンド、株式会社アニヴェルセルHOLDINGS、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタルを引受先とした第三者割当増資による2.6億円、みずほ銀行、及び三井住友銀行による融資1.2億円の合計3.8億円の資金調達を実施した。今回の資金調達により、既存株主であるインキュベイトファンド、アニヴェルセルHOLDINGSからの出資、日本政策金融公庫からの融資と合わせて、2017年9月の創業から1年11か月間での調達額は累計7.8億円となる(内、第三者割当増資が5.6億円、借入が2.2億円)。

資金調達の目的

Space BDは日本初の宇宙商社®として、商業的アプローチにより宇宙産業の発展に貢献することを使命に、2017年9月1日に設立された宇宙ベンチャーだ。

発足以来、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下“JAXA”)初となる民間開放案件である国際宇宙ステーション(以下“ISS”)「きぼう」日本実験棟からの衛星放出事業、続く「きぼう」船外実験装置利用事業にて連続で事業者選定された唯一の企業として事業を展開している。

国内外で宇宙関連事業の受注を積み上げながら、ロケット等打上げ輸送手段側と衛星等搭載貨物側の間に立ってのプロジェクトマネジメント機能、安全審査等諸手続きと必要書類作成、輸送といったすべての業務を備えたユーザフレンドリーでワンストップ型の打上げサービス事業の先進化を進めている。

世界的に伸びゆく超小型衛星打上げ需要にとって、宇宙空間への輸送手段はISSからの放出(含むISS補給船からの放出)、大型ロケット相乗り、小型ロケット利用の3つの選択肢があります。当社は今後、現在の主力事業であるISSからの放出に加え、大型ロケット相乗り、小型ロケット利用にまで事業を拡大し、欧米企業の寡占状態となっている超小型衛星打上げサービスのグローバル市場において、日本の打上げ手段の最大活用を前提とした世界のトップグループ入りを目指す。本調達資金はその為の海外営業人材及びエンジニア人材の追加採用を中心に活用していく。

これにより、当社競争力の根幹であるベンチャーならではの迅速かつ大胆な意思決定を活かしながら事業拡大を加速させ、我が国資産の最大活用を前提とした、日本の宇宙産業発展に主体的に貢献していく。

代表者、出資者のコメント

代表者コメント
永崎 将利 氏Space BD株式会社 代表取締役社長
宇宙産業の発展には、その中心である技術革新に挑む方々の手間を引き取り、成果としての商品を広く売っていく事業開発集団が必要と考えています。
我が国宇宙産業が世界を牽引する存在になること、その主体的貢献を使命に掲げている当社は創業以来、宇宙領域におけるトップ事業開発集団たらんと事業を展開しております。特に、誰にも前例や最適解がない“人類最後のフロンティア”においては、「できるかできないか」ではなく、「やると決めてやり切る」存在こそが道を切り拓くと信じています。
この度、創業以来ご支援をいただいてきた既存株主インキュベイトファンド様、アニヴェルセルHOLDINGS様両者による追加ご出資と、日本を代表するメガバンク系キャピタルのSMBCベンチャーキャピタル様、みずほキャピタル様2者からの新たなご出資、更に同じくみずほ銀行様、三井住友銀行様からのご融資を得たことは大変心強く、有難いことです。一層のスピード感と覚悟を持って事業に邁進してまいります。
出資者からのコメント
赤浦 徹 氏 Sインキュベイトファンド 代表パートナー
SpaceBD社は、圧倒的スピードで築きあげた世界中の宇宙関係者とのネットワークと蓄積してきた知見、何より永崎さんを中心とした宇宙産業に本気で取り組む覚悟をもったチームの力によって大きな実績を挙げております。「新たな産業をつくる」という同じ志を持つ仲間として、日本の宇宙産業の発展のため、今後も全力で支援してまいります。
出資者からのコメント
青木 柾允 氏 株式会社アニヴェルセルHOLDINGS 代表取締役
この度、2018年4月の前回ラウンドに続いての出資を行いました。永崎さん以下メンバーの皆さんにはSpace BD社設立前から注目しており、発足以来これまでの2年弱のスピード感と実行力を大きく評価しています。今後もSpace BD社の「日本発で世界を代表する会社へ」の挑戦を応援し続けます。
出資者からのコメント
太田 洋哉 氏SMBCベンチャーキャピタル 取締役 投資営業第一部長
SpaceBD社は、永崎社長を中心とした圧倒的なスピード・営業力が魅力のチームです。民間による宇宙ビジネスの急拡大が見込まれる中、技術者が開発に集中出来る環境をワンストップで提供できるプレイヤーの存在は必要不可欠だと感じます。今後SpaceBD社が宇宙産業の中核を担う企業として、世界に飛躍する事を確信しております。
出資者からのコメント
大町 祐輔 氏みずほキャピタル 代表取締役社長
ロケットや衛星の技術革新及び小型化が進む中、これからの日本の宇宙産業には大きなビジネスチャンスがあります。日本がこの分野の世界のビッグプレーヤー達と競い、成長し、羽ばたくためには、永崎社長のような起業家の存在が必要不可欠です。永崎社長はバイタリティーにあふれ人を呼び込む力のある、とても魅力的な経営者です。永崎社長がこれまで優秀なチームメンバーと作り上げてきた「宇宙における総合商社」SpaceBD社のこれからの更なる成長を、みずほキャピタルも全力で応援し、宇宙産業の発展に貢献致します。
プレスリリース発表元企業:Space BD株式会社
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント