12.8 C
Japan
木曜日, 7月 9, 2020

リーガルテック社が「AOSデータルーム START-UP」の提供を開始

eディスカバリ、フォレンジック、VDR、及び司法インフラLegalSearch.jpを提供しているリーガルテックは、START-UP企業の機密情報を安全に共有する「AOSデータルーム START-UP」の提供を開始した。

「AOSデータルーム START-UP」とは

https://www.aos.com/dataroom/start-up/

START-UP企業が機密情報を安全に共有するには、バーチャルデータルーム(VDR)がもっとも、効果的なソリューションだ。紙に印刷したような物理的なデータは、ドアに鍵をかけて、保管室で管理することができるが、これは、デジタルデータのファイルには当てはまらない。したがって、バーチャルデータルームが必要となる。特に、起業の際には情報漏えいにまで手が回らないことが多いため、作成した機密データを安全に共有するためには、AOSデータルーム START-UPが役に立つのだ。

「AOSデータルーム START-UP」の6つの特長

・承認した利用者だけがデータにアクセスできる「オンライン貸金庫」
・フォルダ単位でアクセス権限を設定できる「安全なデータ共有」
・資料を効率よく共有して「コスト削減」
・外出が多いスタートアップ企業のために専用アプリで「時間削減」
・「投資家と情報共有」しやすいVDRがM&A・出資の判断に必須ツール
・忙しいスタートアップ企業のためのフォルダ構成で「即時導入可能」

スタートアップ企業支援での活用例

「AOSデータルーム START-UP」は、JAPAN MADE事務局(*1)が進めているスタートアップ支援ソリューションとしてスタートアップ企業をサポートしている。最もよく利用されるのは、投資家から投資を受ける際に、ビジネスプランや財務データなどの機密情報を共有する場合だ。それ以外にも会計事務所や外部コンサルタントとの情報共有にも利用されている。スタートアップが知財を開示して投資を受ける際には、研究データやライセンス契約など非常にセンシティブな情報を開示する必要があり、知財の関する機密情報を外部の人と共有する必要があるケースに最適なのだ。

※1:JAPAN MADE事務局とは
JAPAN MADE事務局は法律、金融、会計、知財、販売、人材派遣、ベンチャーコンサルタントなど新規事業に関わる専門家を揃え、経営資源を有効活用して本業に取り込むように積極的に支援している組織です。SleepTech Meetup、BlockChain Meetup、AI Meetupなどを開催している。

https://www.japanmade.com/

「AOSデータルーム START-UP」の詳細は以下のURLから。

https://www.aos.com/dataroom/start-up/

会社名リーガルテック株式会社
設立2012年6月
住所東京都港区虎ノ門5-13-1 虎ノ門40MTビル4F
代表佐々木 隆仁
会社HPhttps://www.aos.com/

1995年創業のリーガルテックの老舗。AOSテクノロジーズ株式会社の100%子会社として2012年に設立。以来、フォレンジック、eディスカバリ,VDR、及び司法インフラLegalSearch.jpを提供している。2015年には犯罪捜査や企業の不正検証の技術で国民生活の向上に著しく貢献するとして第10回ニッポン新事業創出大賞で「経済産業大臣賞」を受賞。

プレスリリース発表元企業:リーガルテック株式会社
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。