12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

STRIVEが投資先の支援ネットワークシステム「HANDS-ON NETWORK」を構築

ベンチャーキャピタルファンドのSTRIVEは10月7日、投資先スタートアップが専門家のアドバイスや支援を受けられるネットワークシステム「HANDS-ON NETWORK(ハンズオン ネットワーク)」を構築し、提供開始した。

HANDS-ON NETWORKのシステム

HANDS-ON NETWORKでは、専門家である「STRIVER」による支援および提携企業のサービスによるパッケージ支援の2種類のサポートシステムを採用している。担当キャピタリストが状況に合わせて投資先の抱える課題などをピックアップし、ネットワーク内の適切な「STRIVER」を紹介することで迅速な支援を提供する。

STRIVER

開発やデザイン、バックオフィスといった各分野や職種の専門家たち(STRIVER)のネットワークを形成しており、スポットでの相談をはじめ、課題解決に向け中長期でのハンズオンまで対応。スタートアップ初期のネットワークやリソース不足を補い、キャピタリストに留まらないハンズオン体制で支援をする。

パッケージ

採用ツールや開発系ツール、支援サービスを特別パッケージで投資先スタートアップ向けに提供。スタートアップにとってボトルネックになりやすいインフラシステムやリソース不足を補う。

HANDS-ON NETWORK実施の背景

積極的なハンズオン支援によって投資先向上を目指すSTRIVEでは、キャピタリストやパートナーに留まらない幅広い知見を提供する仕組みを構築し、様々な協力者の方々に支えて頂き、投資先へサポートを提供する中で関係者の皆様によりわかりやすく、活用しやすい形として構築させていただいただネットワークシステムが「HANDS-ON NETWORK」だ。

STRIVEには「努力する、励む、対抗する、闘う、競争する」という意味が込められている。投資先の成長環境を属人的な形でなく構築し、課題を最速のスピードで解決する。この連鎖をキャピタリストを中心として形成するためのハンズオンシステムだ。

今後もサポート体制や支援ラインナップを充実させ、多くの経験や知識の豊富な方々に参画いただきたいと考えている。スタートアップが成長を加速し、世界を変えるサービスを提供していくエコシステムを構築していく。

STRIVERおよびパートナー企業 コメント

HANDS-ON NETWORKに参画頂くSTRIVERおよびパートナー企業の方々よりコメントを頂いております。

STRIVER:マーケティング支援
高梨大輔 氏 ビタミン株式会社 CEO・エンジェル投資家
株式会社リジョブ(現株式会社じげんグループ:東証1部)の元取締役副社長・CMO。
2014年に同社のM&Aを経て独立。ビタミン株式会社を創業し、スタートアップ専門のインハウスマーケ支援やエンジェル投資活動、スタートアップ経営層対象の紹介制マーケティングゼミ『マーケティング・インサイダー』を運営。
高梨大輔
STRIVEとの出会いは、ラブグラフ社の支援をきっかけでした。堤さんの的確なアドバイス・根岸さんの真摯なハンズオンの姿を間近で拝見し、心から信頼をおけるVCだと実感しました。私の支援先スタートアップにもSTRIVEを紹介したり、実際に投資先も複数ご一緒させて頂いています。
大げさに聞こえるかも知れませんが、今回のプログラムはスタートアップ支援の新しいかたちとして、日本のスタートアップの発展に大きく貢献できることを確信しています。また大きな貢献できるよう、私自身も学び続ける機会を頂けたことに感謝しています。
今後、STRIVEのプログラムで出会う新しいスタートアップ、今回ご一緒できるサポーターの皆様と偉大な仕事が出来ることが今から楽しみで仕方がありません!
STRIVER:UI/UXデザイン、ブランド(CI/VI)構築支援
広野 氏 一般社団法人 デザインシップ代表理事
早稲田大学文化構想学部卒。ヤフー株式会社にて新規事業企画やモバイルアプリのUX推進を手掛ける。2015年に株式会社FOLIOを共同創業し、CDOに就任。国内株式を取り扱う10年ぶりのオンライン証券を立ち上げた他、法律・医療・保険分野のスタートアップをデザイン顧問として支援。2018年に一般社団法人デザインシップを設立し、代表理事に就任。
広野
近年、国が発表した「デザイン経営」宣言を筆頭にデザインの必要性・重要性が叫ばれる一方、供給が追いついていない状況です。そのために理想が実現できないスタートアップ企業の皆さんに少しでもお力添えできたらと思い、STRIVERとしての参加を承りました。UI/UXデザインやブランディングに関する指南、デザイナー採用のお手伝いなど幅広くご支援させていただきます。
パートナー企業:広報PR支援
株式会社ism 
「もっと、わたしらしく」をビジョンに、女性の力を最大化し、社会に価値を提供するプラットフォームを目指して2017年4月に創業。Webコンテンツ制作、マーケティング・バックオフィス支援など、女性ならではのスキルや経験が活きる事業を展開。2019年度より、既存のWebマーケティング支援事業より発展し、「自社らしい広報」をスタンダード化するための広報PR支援事業を開始。
ism
日々多くのスタートアップ企業が社会を変える挑戦を続ける中、「伝わらない」「うまく関係が築けない」といった理由で、そのソリューションが届くべき人に届かないというのは非常にもったいないです。
1社1社が自分たちのコアを大切にしながら、必要な人に必要な情報を適切なカタチで届けられる。そんな広報PR力をつけることでスタートアップの可能性は広がると、わたしたちは信じています。その取り組みの一環として、パートナー参画させていただきます。経験を活かしたメンバーが支援先チームと一丸となって「自社らしい」広報の実現を目指します。

STRIVEの概要

STRIVEは、共同代表パートナーの天野雄介及び堤達生の投資家2名とグリーベンチャーズ株式会社との共同事業として、現在総額約400億円の資産を運用するベンチャーキャピタルファンドです。2011年の事業開始以降約8年に渡り、ジーニー社、FIVE社、Retty社、ウェルスナビ社、及びKaizen Platform社等を含む、日本、東南アジア及びインドのスタートアップ企業約60社に投資を実行しています。主にアーリーステージにおけるリード投資家として、STRIVEの経験豊かなチームが持つ知見とネットワークを活かして積極的なハンズオン支援によって、投資先の価値向上を通じて収益を上げることを目指しています。

所在地:東京都港区赤坂1丁目12番32号アーク森ビル3階

URL:https://strive.vc/
BLOG:https://strive.vc/blog

プレスリリース発表元企業:STRIVE
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント