12.8 C
Japan
木曜日, 10月 29, 2020

日本初!完全無料で利用できる就活マッチングサービス「ハントバンク」をリリース

HUNT BANK株式会社は、通年採用時代の新卒採用・就活マッチングサービス「ハントバンク」のブラウザ版を2019年9月26日リリースした。日本初*の、学生と経営者(役員以上)による完全無料・両者完全審査制プラットフォームになる。

「ハントバンク」を通じて、学生は興味を持った中小・ベンチャー企業の経営者と実際に会ってリアルな情報収集ができ、企業経営者は自社に合った成長意欲の高い学生をより採用できるようになる。「ハントバンク」は学生と経営者の運命的な出会いを創造し、日本の産業を活性化していく。

※1: 自社調べ

〜中小・ベンチャー企業が通年採用を逆手に取るためのサービス〜

「ハントバンク」は、毎日昼の12時に学生(ユーザーが学生の場合は企業の経営者)が3名ずつレコメンドされてくる、「探さない選ぶだけの採用・就活」を実現させる新感覚の新卒採用・就活サービスだ。

https://lp.huntbank.net/index.html

■このサービスをリリースした背景

【企業側】通年採用により採用コスト増加、特に中小企業にとって死活問題

新卒採⽤コストは年々増加しており、1⼈当たりの採⽤コストは平均で約72万6000円にも上る※2。特に、従業員300⼈未満のいわゆる中⼩企業では、⼤卒求⼈倍率が9.91倍を記録し、前年の6.45倍から3.46ポイントも上昇して過去最⾼を記録。1⼈の学⽣に対し10社の求⼈があるという計算ができ、中⼩企業は採⽤難の状況にある※3。

また、経団連が就活ルールを廃⽌したことによる通年採⽤の拡⼤により、採⽤活動の早期化&⻑期化が⾒込まれており、採⽤コストの増加基調が続くことや、内定辞退のリスクが増⼤することが予想される。そして採⽤活動の⻑期化により採⽤⼒のない中⼩企業は雇⽤確保が難しくなり、それに伴う業務負担の増加に耐えられない状況が益々出現する※4。

※2: ニュースイッチ「新卒採⽤のコストはどこまで増加する?」
※3: ダイヤモンド・オンライン「新卒『売り⼿市場』の落とし⽳、⼤企業の求⼈倍率はたった0.37倍」
※4: BUSINESS INSIDER JAPAN「就活ルール廃⽌は本気か?⼈事が危惧する⻑期化とミスマッチ増。学⽣側は内定格差が拡⼤?」

【学⽣側】中小企業への興味あるも、個別企業の一次情報が不足

就活ルール廃⽌により、⼤学⼊学当初から卒業までの好きなタイミングで就職先企業を選べる状況になった。そして学⽣の就職観は「楽しく働きたい」がトップに。割合は昨年より増加し、全体の4割に届く勢いだ。文系女子ではすでに4割を越えている。また、「やりがいのある仕事であれば中堅・中企業でもよい」と考える学生は増加傾向にある※5。中⼩・ベンチャー企業は、この「楽しくやりがいをもって働く」⼟俵で魅⼒を発揮することができると考えている。

その⼀⽅、中⼩・ベンチャー企業への就職は親世代を中⼼に、まだ不安視されているため、⼗分に知った状態でなければ志望しづらいのが現実だ。しかし中⼩企業について深く知る機会・⼿段はまだ限定されている。中⼩企業は社⻑・経営層がその社⾵を決定づけるため、その経営陣と実際に会って得られる⼀次情報には学⽣にとって⾮常に価値があるのだ。

※5: 「2020年卒 マイナビ⼤学⽣就職意識調査」

「ハントバンク」の使い方・特徴

使い方は簡単3ステップ。

① プロフィールを記入して登録する。
② 毎日学生(ユーザーが学生の場合は企業の経営者)がレコメンドされるので、レコメンドされた学生(ユーザーが学生の場合は企業の経営者)から会いたい人を選ぶ。
③ お互いマッチングしたらチャット開始。面談の約束をして実際に会って話を聞く。

何万何千のリストの中から自社に合う学生を「探す」のではなく、毎日レコメンドされる学生の中から会いたい人を「選ぶだけ」。また「ハントバンク」は、学生に向けて中⼩・ベンチャー企業の役員と直接出会える「#トップ就活」を推進する。

経営者向けの4つの特徴

完全無料で利用可能:採用する企業経営者側も完全無料で利用でき、双方審査に通過した学生と経営者のみが直接出会うことができる日本初のITツール。

探さない選ぶだけ:コスト面だけでなく、新卒採用における手間も削減。

1対1のマッチング:集団面接など従来の選考では見落としていた優秀な学生も、経営者自ら内定を出すことができる。

会社規模は不問のマッチング:あくまで人同士のマッチングなので、会社規模に関わらずマッチングすることが可能。説明会などの集客に関する心配が一切なくなります。

「ハントバンク」には、すでに将来有望な学生と魅力的な事業を営む経営者が200名以上登録している。

HUNT BANKは本サービス「ハントバンク」を通じて、学生と経営者の運命的な出会いを創造し、日本の産業を活性化していく。

会社名HUNT BANK株式会社
ローンチ2019年4月26日
住所東京都中野区南台4-65-10カルタス21笹塚201号
代表取締役晒名駿
会社HPhttps://lp.huntbank.net/index.html
Twitterhttps://twitter.com/huntbank_Inc

事業内容:ITおよびAIを駆使したマッチングプラットフォーム「ハントバンク」の開発運用事業

プレスリリース発表元企業:HUNT BANK株式会社
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

コロナ禍の新たな顧客体験構築に挑む、店舗業務効率化SAASスタートアップ

成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、Leretto(リリット)の代表取締役社長である辰巳 衛氏にお話を伺いました。

シードラウンド調達完了|廃棄物業界の省力化・効率化に取り組むファンファーレを紐解く

成長の加速を落とさないスタートアップ企業にフォーカスし、「失敗事例や克服のストーリー、成功体験」など、生の声をこれから成長していくスタートアップに参考にしてもらえるお話をお届けする「スタートアップの流儀」。 第二回目のゲストは、テクノロジーを活用して廃棄物業界の省力化や効率化を目指す、ゴミテック領域のスタートアップ、ファンファーレ株式会社の代表取締役 近藤志人さんにお話を伺いました。

丸紅に根付くスタートアップとの協業文化。1年の開発を経てIoT製品を商品化へ

「お金で買えない価値を売りたい!〜コンセントの先の未来へ〜」というコンセプトで、2018年にアクセラレータープログラムを開始した丸紅電力本部。IoT製品である、コネクテッド・バッテリー「みまもり電池MaBeee」を開発しているスタートアップのノバルスと、1年間の開発・協議を経て、2020年8月より丸紅ソーラートレーディングより販売を開始した。具体的にどのようにプロジェクトを進めてきたのか、丸紅ソーラートレーディングの青木健治氏と、ノバルス代表の岡部顕宏氏に話を聞きました。

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...