12.8 C
Japan
日曜日, 11月 27, 2022

それ、誰から聞いたの?『スタートアップの間違った資金調達』

これから起業を目指す方、今現在事業に注力されている方、すべての起業家に送る、STARTUP.SQUARE×smartroundによるスタートアップセミナーです。当日は「資金調達」を軸に、両社の過去の事例を用いてスタートアップに役立つ情報をお伝えします!

第一部 | 起業家の「幸せ」から考える資金調達の「過去」と「現在」と「未来」

1.IPO?M&A?起業家にとって本当の「幸せ」とは
起業家には、多種多様なスタイルがあります。
従来のようにIPOだけでなくM&Aによるイグジットも選択肢に加えることで、起業家の得意分野を最大限に引き出し、成功率の高い事業創出を可能にすることができます。

事業バイアウトを経て連続起業家としてユニコーン企業を誕生させたり、
自ら創業した事業をバイアウトした後にバイアウト先の代表になるケースも出てきました。
最近のIPOとM&Aのトレンドを知り、より成功率が高く、
起業家のタイプに最適なイグジットを選択することが重要です。

2. 売却前提起業を叶える「未来デューデリジェンス」と「資本政策」
起業家が3年後の事業売却金額を設定し、売却先候補3社をスタートアップスクエアが想定。売却先候補やM&Aサービス会社にヒアリングまたは起業家と面談を設定して「3年後の経営の答え」を教えてもらいます。

その後、売却候補先からもらった答えをベースに「アクションプラン作成」サービスを提供。管理部門もIPOと違いスリムになり、どう動けばよいのかが明確になり迷いや無駄がなくなります。

また、スタートアップというとエクイティでの資金調達ばかりがニュースにあがりますが、デットファイナンスも視野に入れた資本政策の「今」を実体験をもとにご紹介いたします。

第二部 | 本当に理解している?スタートアップに最適な資金調達とは

登壇者
桐谷 晃司 氏 スタートアップスクエア株式会社 代表取締役
1964年大阪府生まれ。1991年人材コンサルティング会社ワイキューブの創業に始まり、3度の起業、1度の倒産、2度の事業売却を経験。
2001年にインターネット関連会社・デジパ株式会社を創業し、社員10名以上が起業するプロ集団に。2018年スタートアップ支援を目的にスタートアップスクエア(株)設立。2019年SUS第1号投資組合設立。著書に「検索せよ、そして動き出せ」(ビジネス社)「いちばんやさしいWebマネジメント教本」(インプレス社)

1.改めてスタートアップ・ファイナンスの基本を学ぶ
スタートアップ=急成長を目指す会社。
一般的にこれらのスタートアップは、その目指す急成長を実現するだけの資産も資金も持ち合わせていません。

そのためスタートアップの多くは外部資金を活用せざるを得ないのです。
でも知識も計画もないまま資金調達をするのはとても危険。
そもそも成功確率が極めて低くなりますし、上手くいったと思っても、契約内容が想定外の結果を産んだ、という失敗談はあまり語られないですが枚挙にいとまがありません。

2. 計画的な資金調達を支援する「smartround」とは?
投資家が求めている自社の情報を予め整理し、事業計画に沿った資金調達の計画を立て、自社にあった信頼できる投資家と繋がる。共有した情報をもとに契約交渉を行い、電子契約で投資契約書を締結、調達後は自動的に株主報告をする。

こうした一連の作業を雛形やガイドにそってひとつのプラットフォームでできたら素晴らしいと思いませんか?
できるんです!スタートアップの実務から生まれたsmartroundは、起業家を資金調達の悩みから解放し、より多くの時間を事業に投下できるようにするための究極のツールです。

当日は、「smartround」のご紹介、そしてスタートアップに必要な資金調達の基本についてお話します。

登壇者
砂川 大 氏 株式会社スマートラウンド 代表取締役
1995年に慶應大学法学部卒業、三菱商事入社。海外向け鉄道案件を手掛ける。2001年にHarvard Business Schoolに留学。卒業後、米国独立系VCであるGlobespan Capital Partnersに入社し、ディレクターとして投資業務に携わる。同社日本代表を経て、2005年に起業。株式会社ロケーションバリューの代表取締役社長として、複数の位置情報サービスを開発、展開。
2012年にNTTドコモに同社を売却し2年半のロックアップを経て、2015年にGoogleに入社。Googleマップの製品開発部長、Androidの事業統括部長を歴任。2018年にGoogleを離れ、株式会社スマートラウンドを起業、現在に至る。
また個人としては、エンジェルとして国内外のスタートアップに積極的に投資している。

タイムライン

15:30~16:00 開場(当日は受付でお名刺を頂戴させていただきます)
16:00~16:05 会場(docks)説明
16:05~17:00 第一部 講演
17:00~17:55 第二部 講演
17:55~18:00 閉会

※閉会後に質疑応答の時間を設けております。
※当日の状況により、若干前後する可能性がございます。ご了承ください。

開催日時:2019/10/08 (火) 16:00 – 18:00 
会場:docks (東京都港区虎ノ門4丁目3−1 城山トラストタワー4階)

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント