12.8 C
Japan
木曜日, 7月 9, 2020

それ、誰から聞いたの?『スタートアップの間違った資金調達』

これから起業を目指す方、今現在事業に注力されている方、すべての起業家に送る、STARTUP.SQUARE×smartroundによるスタートアップセミナーです。当日は「資金調達」を軸に、両社の過去の事例を用いてスタートアップに役立つ情報をお伝えします!

第一部 | 起業家の「幸せ」から考える資金調達の「過去」と「現在」と「未来」

1.IPO?M&A?起業家にとって本当の「幸せ」とは
起業家には、多種多様なスタイルがあります。
従来のようにIPOだけでなくM&Aによるイグジットも選択肢に加えることで、起業家の得意分野を最大限に引き出し、成功率の高い事業創出を可能にすることができます。

事業バイアウトを経て連続起業家としてユニコーン企業を誕生させたり、
自ら創業した事業をバイアウトした後にバイアウト先の代表になるケースも出てきました。
最近のIPOとM&Aのトレンドを知り、より成功率が高く、
起業家のタイプに最適なイグジットを選択することが重要です。

2. 売却前提起業を叶える「未来デューデリジェンス」と「資本政策」
起業家が3年後の事業売却金額を設定し、売却先候補3社をスタートアップスクエアが想定。売却先候補やM&Aサービス会社にヒアリングまたは起業家と面談を設定して「3年後の経営の答え」を教えてもらいます。

その後、売却候補先からもらった答えをベースに「アクションプラン作成」サービスを提供。管理部門もIPOと違いスリムになり、どう動けばよいのかが明確になり迷いや無駄がなくなります。

また、スタートアップというとエクイティでの資金調達ばかりがニュースにあがりますが、デットファイナンスも視野に入れた資本政策の「今」を実体験をもとにご紹介いたします。

第二部 | 本当に理解している?スタートアップに最適な資金調達とは

登壇者
桐谷 晃司 氏 スタートアップスクエア株式会社 代表取締役
1964年大阪府生まれ。1991年人材コンサルティング会社ワイキューブの創業に始まり、3度の起業、1度の倒産、2度の事業売却を経験。
2001年にインターネット関連会社・デジパ株式会社を創業し、社員10名以上が起業するプロ集団に。2018年スタートアップ支援を目的にスタートアップスクエア(株)設立。2019年SUS第1号投資組合設立。著書に「検索せよ、そして動き出せ」(ビジネス社)「いちばんやさしいWebマネジメント教本」(インプレス社)

1.改めてスタートアップ・ファイナンスの基本を学ぶ
スタートアップ=急成長を目指す会社。
一般的にこれらのスタートアップは、その目指す急成長を実現するだけの資産も資金も持ち合わせていません。

そのためスタートアップの多くは外部資金を活用せざるを得ないのです。
でも知識も計画もないまま資金調達をするのはとても危険。
そもそも成功確率が極めて低くなりますし、上手くいったと思っても、契約内容が想定外の結果を産んだ、という失敗談はあまり語られないですが枚挙にいとまがありません。

2. 計画的な資金調達を支援する「smartround」とは?
投資家が求めている自社の情報を予め整理し、事業計画に沿った資金調達の計画を立て、自社にあった信頼できる投資家と繋がる。共有した情報をもとに契約交渉を行い、電子契約で投資契約書を締結、調達後は自動的に株主報告をする。

こうした一連の作業を雛形やガイドにそってひとつのプラットフォームでできたら素晴らしいと思いませんか?
できるんです!スタートアップの実務から生まれたsmartroundは、起業家を資金調達の悩みから解放し、より多くの時間を事業に投下できるようにするための究極のツールです。

当日は、「smartround」のご紹介、そしてスタートアップに必要な資金調達の基本についてお話します。

登壇者
砂川 大 氏 株式会社スマートラウンド 代表取締役
1995年に慶應大学法学部卒業、三菱商事入社。海外向け鉄道案件を手掛ける。2001年にHarvard Business Schoolに留学。卒業後、米国独立系VCであるGlobespan Capital Partnersに入社し、ディレクターとして投資業務に携わる。同社日本代表を経て、2005年に起業。株式会社ロケーションバリューの代表取締役社長として、複数の位置情報サービスを開発、展開。
2012年にNTTドコモに同社を売却し2年半のロックアップを経て、2015年にGoogleに入社。Googleマップの製品開発部長、Androidの事業統括部長を歴任。2018年にGoogleを離れ、株式会社スマートラウンドを起業、現在に至る。
また個人としては、エンジェルとして国内外のスタートアップに積極的に投資している。

タイムライン

15:30~16:00 開場(当日は受付でお名刺を頂戴させていただきます)
16:00~16:05 会場(docks)説明
16:05~17:00 第一部 講演
17:00~17:55 第二部 講演
17:55~18:00 閉会

※閉会後に質疑応答の時間を設けております。
※当日の状況により、若干前後する可能性がございます。ご了承ください。

開催日時:2019/10/08 (火) 16:00 – 18:00 
会場:docks (東京都港区虎ノ門4丁目3−1 城山トラストタワー4階)

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。