12.8 C
Japan
日曜日, 11月 27, 2022

GPU EATERを開発するPegara、シードラウンドで104万米国ドルを調達!

米国発人工知能スタートアップのPegara, Inc.(本社:米国デラウェア州、創業者兼CEO:市原 俊亮)は 、GPU EATERの機能拡張ならびに同クラウド基盤を活用した人工知能APIサービスの開発を目的に、総計104万米ドル超に及ぶシードラウンドの資金調達を実施。投資家からの累計調達額は約153万米ドルとなったことを発表した!

今回のラウンドは、国内外へ豊富な人脈を持つ元スカイプジャパン代表の岩田氏が立ち上げたプログラマー起業家支援に特化した投資ファンド MIRAISE、GPUによる演算力シェアリングプラットフォームを展開する株式会社A.L.I. Technologies(本社:東京都港区、代表取締役社長:片野 大輔)、株式会社メルカリの創業初期メンバーの 1 人である胡 華 氏らを含む著名個人投資家数名が参加した。

GPU EATERの実績

Pegara,Inc.は「人工知能の恩恵を、すべての人に。」というミッションの下、Deep Learning技術のコモディティ化を促進する事業を展開している。2018年3月にローンチした”GPU EATER”は、人類の暮らしや働き方を破壊的に変化させるとして注目を浴びているDeep Learningのデータサイエンティストが直面する「演算リソース不足」を補うためのクラウドサービスだ。

本サービスは、世界で初めて米AMD(Advanced Micro Devices, Inc.)社製のGPUをDeep Learning向けにクラウド提供したこともあり多くの話題を呼んだ。一方で、従来の主要サービスと比較して、最大80%コストを抑えつつも最大50%のパフォーマンスアップを期待できるソリューションであることから研究施設や企業からの引き合いが増加している。

通常、Deep Learningのデータサイエンティストは研究所内に設置されたマシンのGPUを用いて研究を行うが、研究論文の締め切りや、CVPRなど国内外で開催される著名学術イベントの締め切りが近づくと、研究所が所有する演算リソースよりも多くの演算需要が所内で発生するため、大手クラウドサービスの提供する演算リソースが利用される。

AWSら大手クラウドサービスの提供する演算リソースは、米NVIDIA社製の高価格GPUを利用していることから、ある大学の研究室では年間数百万円を支出している。しかし、益々増加することが予測される研究室内の演算リソース需要に対応するため予算を抑えることのできる選択肢が強く求められている。GPU EATERはこうした課題を解決するクラウドサービスだ。

シード資金の用途

Deep Learning技術の急速な進化に伴い、多くの企業がDeep Learning技術をコスト削減を含む生産性の向上のために取り込もうという動きが加速している。こうしたニーズへスピーディに対応していくため、Pegara,Inc.ではGPU EATER基盤を活用した人工知能APIサービスの開発を進めている。

一方、これらの開発を加速させるためは優秀な人材の確保が急務となる。今回調達した資金をもとに採用を進める計画だ。

尚、今回クローズドで開発している人工知能APIサービスは、既に複数の国内企業がPoC(Proof Of Concept)のパートナーとして内定している。これらの企業との取り組みや検証内容・検証結果は、現時点では非公開だが、公開可能なタイミングとなり次第、順次発表していくとのことだ。

投資家からのコメント

投資家
岩田 真一 氏 MIRAISE LLC
PegaraCEOの市原さんとCTOの中塚さんに初めて会ったのは、MIRAISE発足前の2018年夏でした。その時「MIRAISEがスタートしたらすぐに投資検討させて頂きたい」と思いました。それくらい、お二人のビジョンと経験、そして卓越した技術力には眼を見張るものがありました。今回、我々の念願叶ってPegara社を支援させて頂くこととなり「AIの民主化」というミッション遂行に伴走できることを大変嬉しく思っております。
投資家
片野 大輔 氏 株式会社A.L.I. Technologies 代表取締役社長
A.L.I.では、近い将来、エアーモビリティやドローンが自由かつ安全に空を飛び回る社会(エアーモビリティ社会)が到来すると確信し、こうした社会を支える数々の次世代インフラシステムの開発に取り組んでおります。今般のPegara社との技術提携は、この次世代インフラ開発を加速化する重要な一歩と考えております。
投資家
胡 華 氏 個人投資家
AIのサービスが乱立している中で、AIを動かすための基盤から参入しているCEOの市原さんとCTOの中塚さんにとても期待しています。二人のグローバル背景から、今後、日本だけではなく世界にサービスを提供していただくことを楽しみにしています。
プレスリリース発表元企業:ペガラジャパン合同会社
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント