12.8 C
Japan
土曜日, 6月 25, 2022

【U30向け】VUCA時代を生き抜くキャリアとは?思考とスタンスを学ぶワークショップ

リンダ・グラットン著『ライフ・シフト』が反響を呼んで早3年。
人生100年時代、働き方改革、リカレント教育、副業解禁などバズワードが世の中に溢れる中、あなた自身のキャリアや働き方に変化はありましたか?
「自分はこのままでいいのか?」と頭をよぎるが、なにから考えればいいのかわからず、また真剣に考え込むのもなんだか怖い。そんな”モヤモヤ”を抱える若手層を対象に、VUCA時代に求められるキャリアの考え方とスタンスを学び、自分を改めて見つめるワークショップを開催します。

■□■主旨■□■
【キャリアは未来から逆算するもの】という固定概念は過去のものです。

VUCA (*1) の時代の中、【未来を予想することは極めて難しい】という前提に立った上で、キャリア形成に必要な思考法(計画的偶発性理論*2など)とスタンスを学び、参加者同士で対話しながら、自分を見つめる機会を提供します。

*1: VUCA(ブーカ)とは、Volatility(変動性・不安定さ)、Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性・不明確さ)という4つのキーワードの頭文字から取った言葉で、現代社会を取り巻く状況を表現するキーワードとして使われています。
*2:スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授らが提案したキャリア論に関する考え方。

■□■想定参加者■□■
”モヤモヤ”を抱えるU30(30歳以下)会社員
※該当年齢以外の方も参加可能です。

<こんなモヤモヤ抱えていませんか?>
「日常の業務を”こなして”しまっている。5年後も仕事内容は大きく変わらないし、やり続けたいとは思えない。」
「給料や社会的ステータスはある程度満足しているが、成長実感ややりがいを感じられない。」
「自分は何が好きか/向いているのか、見直したい」
「興味関心のある業界/職種はあるが、成功できるかわからず動けない。」

■□■タイムライン■□■
18:30-19:00 開場・受付開始
19:00-19:20 VUCA時代におけるキャリアの考え方とスタンスとは? [講義]19:20-20:10 これまでのキャリアを見つめ直す [ワークショップ]20:10-20:40 これからのキャリアを見い出す [ワークショップ]20:40-21:00 閉会・退場
※進行の都合上、時間が前後する可能性があります。

■□■開催概要■□■
・日 時:9/30(月) 19:00~21:00(18:30開場)
・参加費:1,000円(事前登録制) ※docks会員無料
・定 員:25名
・会 場:dock-Kamiyacho(東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー4F)
・最寄駅:東京メトロ 南北線 六本木一丁目駅 徒歩6分
     東京メトロ 日比谷線 神谷町駅 徒歩6分
・主 催:株式会社1ttan
・共 催:Creww株式会社

■□■過去のイベントの様子■□■
大企業に勤務するビジネスパーソンを中心にご参加いただいています。(イベントレポート
<参加者コメント>
「過去から今を作るという発想が新鮮で、興味深い」 (大手通信会社勤務)

「可視化することで新しい自分の側面が見えた気がする」(大手IT会社勤務)
「自分が社会性のある仕事に興味を持っていることに気づきました」 (大手不動産会社勤務)

■□■ファシリテーター紹介■□■
金融業界やコンサルティング業界、ITベンチャー業界を渡り歩きながらキャリアを積み重ねたメンバーが、理論と実体験を交えながら、時代の潮流に沿ったキャリア形成を支援します。

■□■主催者情報■□■
ITベンチャー業界で起業や新規事業を経験したプロフェッショナルと、次のキャリアとしてスタートアップや起業を志望する大企業社員で構成されるコミュニティーを運営する、株式会社1ttanです。

コンセプトは「いったん」やってみよう。

先の見通しが効きにくいVUCAの時代だからこそ、行動しながら考え、学び、軌道修正しながら、自分と社会をちょっとずつ前に進める。そんな価値観を大切にしています。

プロフェッショナルの略歴
・上場直前のITベンチャーに入社し、新規事業部の創設から事業立ち上げを牽引し、事業責任者を経験後、起業
・学生起業後、リクルートに新卒入社し、メディアの事業企画、新規事業開発を経験
・証券、グリーなどを経て大手IT企業に入社し、新規教育系サービスの事業企画やマーケティングを牽引
・レガシー業界のスタートアップでCOOとして経営・事業全般を牽引後、起業
・教育大手で教育機関向け業務支援サービスや新形態学習塾の立ち上げを牽引後、コンサルタントとして独立
・戦略コンサルティングファーム、医療業界のベンチャーで事業責任者を経験後、起業
・総合化学メーカーで営業やM&A部隊を経験後、インバウンド市場でスタートアップを起業
・医療業界のベンチャーの立ち上げ期から参画し、営業/マーケティング/新規事業/事業統括等を歴任後、教育業界で起業
・ハードウェアスタートアップの取締役として経営と技術開発を牽引後、起業
このほか、ITベンチャー業界を中心に起業家や新規事業を経験したメンバーが参加しています。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント