12.8 C
Japan
火曜日, 12月 6, 2022

デジタルウォレットアプリ開発の「Kyash」が、シリーズDラウンドで国内外の機関投資家から49億円資金調達!

株式会社Kyashは、このたびシリーズDラウンドにおいて49億円の資金調達を実施しました。これにより、同社の累計資金調達額は約128億円となります。

資金調達により、事業拡大を加速

Kyashは、JPインベストメント株式会社、米国のBlock(旧称:Square)、英国のGreyhound Capital、米国のAltos Ventures、Goodwater Capital、StepStone Group(旧称:Greenspring Associates)、香港のYitu Capital、国内よりSMBC日興証券株式会社、三井住友海上キャピタル株式会社、AGキャピタル株式会社、ジャフコ グループ株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、W ventures株式会社のそれぞれが運営するファンドを引受先とした第三者割当増資により、およそ49億円の資金調達を実施しました。本件は、今後の更なる事業拡大の加速に向けた財務基盤強化に大きく寄与するものとなります。

今回の資金調達により、同社は更なる人材採用による組織拡充を行い、事業領域の拡大・サービス運用体制の強化を通じて、より多くの利用者のフィナンシャルサクセスの貢献に努めていく予定です。

代表取締役社長 鷹取 真一氏のコメント

決済事業のみで持続可能な事業モデルを描くのは困難であった業界にあって、今回の資金調達において資本効率の高い事業を構造したことを評価いただけたことは意義深く、よりお客様に信頼される企業として今後は一層の提携・協業を通じた事業の拡大を図ってまいります。

このたび、創業以来ご支援をいただいてきた既存株主様による追加ご出資と、米国を中心に金融領域の変革をリードされているBlock様からの新たなご出資に加え、グローバルな投資家、日本の銀行界を代表する各行様のサポートを得たことは大変嬉しく、よりお客様中心のサービス精神のもとに事業に邁進してまいります。

投資家からのコメント

JPインベストメント マネージングディレクター 馬場 太久麿氏
Fintechの1丁目一番地とも言えるチャレンジャーバンクのテーマは、グローバルで進行する不可逆な流れです。Kyashのユーザー・ファースト、モバイル・ファーストの思想及び設計は、伝統的な金融機関をunbundle化し、テクノロジーを用いてrebundle化する中核的なサービスとしての進化が期待され、そのポテンシャルの大きさとKyashの更なる飛躍に心が躍ります。

ジャフコ グループ パートナー 藤井 淳史氏
Kyashは、新しい金融事業の創造という壮大な構想を信じ歩んできた会社です。これまでの実績をもって新たに強力な投資家を迎えることができました。ジャフコはサービス開始前に最初の出資を行い、今回ラウンドで5度目の出資になります。更なる飛躍と次世代の金融を担う企業となることを信じています。

デジタルウォレットアプリ「Kyash」について

アプリをインストールすると誰でもすぐにVisaカードを発行でき、銀行口座やクレジットカード、デビットカードをアプリに登録すると、Visaオンライン加盟店でお買い物ができます。Apple PayやGoogle Payにも対応しており、QUICPay+加盟店でも非接触決済が可能です。

「Kyash Card」、「Kyash Card Lite」を発行すると実店舗での利用が可能となります。カードの利用限度額上限や利用可能場所をカスタマイズでき、タッチ決済やICチップによるサインレス決済も可能になります。

【アプリ名称】​Kyash(キャッシュ)
【アプリ配信】​App Store/​Google Play​
​【対応OS】iOS(iOS ​13.1​以上)/Android(Android ​6.0​以上)
【アプリダウンロードURL】https://kyash.onelink.me/w8UM/c4cab8fa

株式会社Kyash

Kyashは、「価値移動」のサービス・インフラを開発・提供するテクノロジー・カンパニーで、デジタルウォレットアプリ「Kyash」を提供しています。
Kyashが目指すのは、人々のライフスタイルに寄り添いながら、人々の価値観や想いが自由に届けられる「新しいお金の文化」を創造することです。Kyashは、新しい価値移動のインフラづくりを通じて、想いを自由に届けられる仕組みを構築しています。

会社概要

社名株式会社 Kyash(英文表記:Kyash Inc.)
所在地〒107-0062 東京都港区南青山5丁目2番1号
代表者代表取締役社長 鷹取 真一
設立2015年1月23日
資本金128億2,308万円(資本準備金含む)
主要株主tepStone Group、Goodwater Capital、 Greyhound Capital、Altos Ventures、Block、Partech 、 ジャフコグループ、SBIインベストメント、JPインベストメント、三井住友銀行、SMBCベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタル、三井住友海上キャピタル、AGキャピタル、新生企業投資、凸版印刷、SMBC日興証券、伊藤忠商事、電通イノベーションパートナーズ、みずほキャピタル 等
業務内容デジタルウォレットアプリ「Kyash」の運営
URLhttps://www.kyash.co
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント