12.8 C
Japan
木曜日, 7月 7, 2022

DX人材発掘・育成サービス「exaBase DXアセスメント&ラーニング」に未来のデジタルイノベーターを発見する新卒採用向けアセスメントを新たにラインナップ

AIを利活用したサービスによる社会課題解決に取り組むスタートアップ「エクサウィザーズ」は、DX人材発掘・育成サービス「exaBase DXアセスメント&ラーニング」の新たなラインナップとして、未来のデジタルイノベーターを発見する新卒採用向けアセスメントサービス 「DIA(デジタルイノベーターアセスメント) for New Grads」を2月24日にリリースします。

「DIA for New Grads」とは

即戦力で活躍できるデジタル人材や、その素養を持つ人材を適切に見極めることで企業のDX推進を支援する「exaBase DXアセスメント&ラーニング DIA (以下「DIA」)」を、新卒採用候補者向けに最適化したデジタルイノベータースキル・素養可視化サービスです。

本サービスの導入により自社のDX実現に必要な人材を定量的に見極められるため、従来の新卒採用評価では取りこぼしていたDX/デジタル人材を特定出来るほか、入社後は受検者のスキルに応じた様々な育成コースを活用することで、アセスメント以後の着実なDX/デジタル人材育成までをワンストップで実現することが可能です。

ウェブサイト: https://exawizards.com/exabase/assess-learning/fornewgrads/

開発の背景

昨今、多くの企業において社員1人1人がデジタルスキルを活用し、生産性の向上やイノベーションの創出を目指すことが求められています。しかし、IT/デジタル人材の不足数は加速し、2030年には45万人が不足すると予測※1されていることから、中途採用による同人材の確保は今後ますます困難になると考えられます。

一方、厚生労働省が発表した令和2年雇用動向調査結果では、一般労働者における転職入職者数268.6万人のうち新規学卒者が91.8万人となっており、全体の約34%と大きな割合を占めています。※2

新規学卒者においては、日本独自の「新卒一括採用」により、諸外国と比較しスクリーニングや育成などの時期は明確になっていますが、現状ではデジタルリテラシー重視を掲げながらも出身大学や出身学部等の外形的な基準や、従来のエントリーシートや適正検査でスクリーニングを実施している企業が少なくありません。 

こうした背景の元、企業における未来のデジタルイノベーター候補者を新卒採用選考時点で定量的に評価し、入社後の着実な育成実現までをワンストップでサポートすることで、上記のようなIT/デジタル人材不足や同人材の適切な見極めなどの課題を解決するために開発されたのが「DIA for New Grads」です。

「DIA for New Grads」の特徴

(1) 企業のDX推進に不可欠な未来のデジタルイノベーターのスキルと素養を可視化
従来の適性検査で測定する基礎能力・性格特性や、スタンス、価値観、モチベーションなどに加え、デジタルスキル・素養、イノベーティブスキル・素養の4つのカテゴリーでDXの実現に必要な新卒採用候補者のデジタル、イノベーティブスキルと素養を可視化します。

これにより、適性検査や出身学部・学科だけでは見極めることが困難だったデジタルイノベーター候補者を定量的に評価することができ、スクリーニングの基準としても活用可能です。

(2) DIAのノウハウを新卒採用候補者向けに最適化、受検者の実力を精度高く測定
これまで約360社、17,000名以上の受検者実績(2022年1月時点)をもつ「DIA」で培ったノウハウを凝縮・新卒採用候補者向けに最適化し、統計/AIを活用した出題・採点方式により高いスコア精度を実現しています。

(3)DX先進企業、同業種・業界、職種別、既存社員比較など、さまざまな軸でスコア比較が可能
本サービスでの測定結果は、既存社員との比較はもちろん、DX先進企業、同業種・業界、職種別など、さまざまな軸でスコア比較ができ、自社に必要な候補者の見極めの基準として活用可能です。

また、DXリテラシーコースやDXスペシャリストコースなど、受検者のスキルに応じた様々な育成コースも既存社員と同様に利用可能です。これにより、アセスメントの先にある入社後の着実な育成実現までをワンストップでサポートします。

オンラインセミナー「まだ間に合う!リモートでもDX推進人材が育つ DX時代の新入社員研修のすゝめ」開催

このたび、本サービスのリリースに伴い、新卒採用担当者・育成担当者に向けたオンラインセミナー「まだ間に合う!リモートでもDX推進人材が育つ DX時代の新入社員研修のすゝめ」を3月9日(水)に開催します。

同セミナーでは、DX時代の新入社員育成・研修方法をどうすれば最適化できるのか、リモートでも新入社員の育成効果を維持する方法などについて、元ソニー人事統括部長である北島氏と大手新卒採用支援会社で新卒採用コンサルの営業責任者を務めた経験を持つ伊藤氏が解説します。

【セミナー 概要】

タイトル   :「まだ間に合う!リモートでもDX推進人材が育つ DX時代の新入社員研修のすゝめ」
日時     :3月9日(水) 15: 00〜16:00
会場     :オンライン開催(Zoomにて配信予定)
登壇者    :北島 久嗣氏/伊藤 裕司氏
主催     :株式会社エクサウィザーズ
参加お申し込み:参加をご希望の方は下記URLよりお申し込みください。
URL     :https://event.exawizards.com/dxp/dia/2021075

※1:経済産業省「IT人材需給に関する調査(概要)」より(https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/gaiyou.pdf)
※2:厚生労働省「-令和2年雇用動向調査結果の概況」より(https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/21-2/dl/gaikyou.pdf)

【株式会社エクサウィザーズ 会社概要】

会社名株式会社エクサウィザーズ
所在地東京都港区東新橋1丁目9−2 汐留住友ビル 21階
設立2016年2月
代表者代表取締役社長 石山 洸
事業内要AIを利活用したサービス開発による産業革新と社会課題の解決
URLhttps://exawizards.com/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント