12.8 C
Japan
土曜日, 1月 29, 2022

デジタル社会における新規事業へ活かせる5つのトレンドを徹底紹介!

ITの急速な進化によって、デジタル社会の形成が加速しています。その変化に対応するためにも、企業もデジタル社会に適した技術を用いた新規事業の開発が必要です。
そこで当記事では、デジタル社会の概要や新規事業に活かせる5つのトレンドについてみていきましょう。

デジタル社会とは何?

デジタル社会とは広い意味でいえば、リアルにあるモノやサービスをデジタル化することで新しい価値を生み出し、生活や産業などを変革していく社会を指します。デジタル社会を支えるのが近年急速に進歩しているITです。

通信の高速化やメモリ容量の増加、処理速度の向上などで膨大なデータの分析が容易になり、AIなどの次世代技術が瞬く間に発展しています。

デジタル社会の新規事業に関連する5つのトレンド

デジタル社会の新規事業トレンドには「SaaS」「MaaS」「D2C」「OMO」「Society5.0」があります。あまり馴染みのない内容かもしれませんが、いずれも何気なく使用するアプリやサービスに活用されるものばかりです。

ここでは各トレンドについて詳しく紹介します。それぞれの特徴を理解して新規事業に活用していきましょう。

1.必要な時に必要な分だけ使う「SaaS」

「SaaS」とは必要な時に必要な分だけ使うオンデマンドタイプのソフトウェアサービスです。SaaSを活用する代表的なサービスには「Gmail」や「Yahoo!メール」などが挙げられ、これらはインターネットにさえつながっていれば誰でも無料できるのが特徴です。

またGmail以外にも、普段から利用する地図アプリやスマホゲームなどもSaaSの一種といえるでしょう。

2.次世代の交通システムとして期待「MaaS」

次世代の交通システムとして期待が寄せられている「MaaS」は「Mobility as a Service」の略です。バスや電車などの公共交通機関をIT連携させることで、より効率的に利用できるようにするシステムといわれています。

たとえば、公共交通機関等などの時刻表と目的地などの情報を組み合わせ、利用者に適したサービスを提案し予約から支払いまでを完了させるといったことがMaaSでは可能です。

3.消費者と直接つながる「D2C」

「D2C」とは「Direct to Consumer」の略で、生産者が消費者に直接販売できるビジネスモデルを指します。

「D2C」が浸透した背景には、インターネットやスマホの普及があります。生産者はWebサイトやSNSを活用して自身で商品などを認知させ、消費者に購買行動を直接促せるようになりました。

4.オン・オフラインを結ぶ「OMO」

オン・オフラインを結ぶ概念の「OMO」では、オンラインとオフラインを結ぶことで新しい顧客体験を生み出すことを目的としています。

例えば、ネット通販でクーポンを提供したとしましょう。そのクーポンをネット通販のみならず、実店舗つまりオフラインの環境下でも活用できるようにした取り組みが「OMO」となります。

5.モノと人が繋がる「Society5.0」

モノと人が繋がり、社会問題の解決と経済発展を目指す概念が「Society5.0」です。離れていてもサイバー空間でつながることで、新しい価値を生み出す社会を目指します。

例えば、モノとインターネットを繋げば遠隔操作によって遠方からでも人による操作が可能です。離れてもサイバー空間でつながる「Society5.0」は、政府が提唱している「目指すべき未来社会」の1つなのです。

新規事業にデジタルトレンドを活かす2つの方法

新規事業にデジタルトレンドを活かす方法として「規模が小さくスピード感のある市場に参入」「幅広い分野で活用できる技術に注目」の2つがあります。いくらトレンドだからといって闇雲に新規事業に活用しても上手くいきません。

活用にはトレンドや参入する市場を把握した上で戦略に取り入れる必要があります。ここでは、その2つの方法を紹介します。

1.規模が小さくスピード感のある市場に参入

デジタルトレンドを活かすには、小規模かつスピード感のある市場への参入がよいでしょう。市場に上手く参入するタイミングはなるべく早い方が成功確率が高く、すこしの違いだけでも大きな差が生じます。

規模が小さくてもスピード感のある市場に参入し、その後の動向を見据えながら市場での立場を盤石にしていくとよいでしょう。

2.幅広い分野で活用できる技術に注目

幅広い分野で活用できる技術に注目することも大切です。

例えば経済発展や社会構造の変革には必ず新技術の登場があります。その中で注目されるのは、必ず幅広い分野で活用できる技術です。このような技術は汎用目的技術(GPT)と呼ばれ、蒸気機関やエンジン、電力、コンピューター、インターネットなどがこれに該当します。

新規事業にデジタルトレンドを活かすには、将来的に幅広い分野で活用される技術かどうかを見極めましょう。

デジタル社会における新規事業はスピード感がカギ

デジタル社会で新規事業を成功させるにはスピード感がカギです。前述のとおり、市場への参入が少し遅れただけでも、競合他社との差は大きくなります。

幅広い分野で活用でき、今後基幹となる技術が何かを素早く見極め、ベストなタイミングで参入するようにしましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【インタビュー】IoT×サンゴで生態系課題に挑戦!東大発スタートアップ「イノカ」

Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。 今回は、東大発のスタートアップである #イノカ に注目してみました。 東京都神谷町に構えた施設の水槽には、サンゴ礁の生態系がそのまま切り取られ再現。AIの世界から一転、サンゴの魅力を原点に環境移送技術をもって起業したイノカ代表の高倉葉太氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださっています!

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント