12.8 C
Japan
木曜日, 8月 11, 2022

新規事業が思いつかない!~アイデアの創出からブラッシュアップまでの方法~

新規事業の出発地点『アイディエーション(新規事業やサービスのアイデアスケッチ)』について、そもそもアイデアって、どんな風に見つけるの?そして、どんな風にカタチにしていくの?というトピックについて、STARTUP STUDIO by Creww運営の寺田がまとめていきます。

Step1 課題の発見「新規事業の原型」

まず、課題の発見が一番大切です。(これがないとはじまりませんね!)

これはよく言われている事ですが、自身の原体験の中で困った事があったとき、その課題が既存のサービスで解決できるかどうか考えてみましょう。その課題が既存のサービスで解決できない時がアイデアの原点、いわば新規事業の原型になります。

例えば、昨今話題になっている個人間カーシェアなどのサービスは、車を持っていない人が、車を借りたいけど借りられない!という課題に対し、既存のBtoCモデルだけでは解決ができず、顧客課題を解決する為の選択肢の一つとして、CtoCのモデルができあがりました。(その他にも、気軽に色んな車に乗りたい!などの背景はありますが。)

困っている事や、自身・社会の課題が既存のサービスでは置き換えられなかった時に、新規事業のチャンスがあるとお話しましたが、そこでアイデアを考える上で重要になってくるのが、下記2つです。

① 作ったサービスを、自分がお金を払ってでも本当に使いたいと思うか?
② 顧客のBurning needsを理解する

ここででてくるBurning needsとは、「今すぐ解決しないといけない喫緊の課題」のこと。例えば、スーパーやコンビニで100円で売っている水も、もし砂漠の上だったら1000円で売れるかもしれないですよね。・・・いや喉がカラッカラだとしたら、3万円で売れるかもしれないですよね。(3万円は盛ったかもしれませんがw)

その「3万円を払ってでも困っている人たちが、”何に”困っているのかを見つける」事が非常に重要なのです!

日頃から、「お金を払ってでも解決したい問題」をひたすらメモってみたりしたら、新しいビジネスアイデアが生まれるかもしれませんね。

Step2 ソリューションを考える

課題がでてきたら、次にそれを解決する手段、ソリューションを考えてみましょう。
例えば、先ほどの「車を使いたい!」という課題には様々なソリューションが存在します。

先ほどのカーシェアのお話のように、既存の課題(x)と、新しいビジネスモデル(y)を掛け合わせると、新しいプロダクトの方向性(z)が見えてきます。

この時重要なポイントは、

✔ X(既存の課題)をブラさないこと!!

よくありがちなのは、ビジネスモデルを考えている際に手段に引っ張られてしまい、「CtoCサービスだったら、車よりも洋服のほうがイケるんじゃね!?」と本来解決したい課題を見失ってしまうことです。そうなると、「で、結局何がやりたいの?」となってしまいます。まずは、やりきってみましょう。

✖ ソリューション→課題
〇 課題→ソリューション

Step3 リーンキャンバスを書く

ここまでで、誰の、何の課題を、どうやって解決するか
を洗い出し、何となく方向性が見えてきたら次はリーンキャンバスを埋めてみましょう。

リーンキャンバスとは、ビジネスモデルを1枚にまとめたものです。

リーンは英語で「ムダがない」という意味です。つまり、リーンスタートアップは小さくビジネスを創造して、問題があったら、すぐにムダを省いて軌道修正しようという起業の方法論です。

https://teams.qiita.com/guide/more-application-qiita-team/about-lean-canvas/

ここで、考えられるマネタイズのプランも書き出してみます。
(※基本的にはこのリーンキャンバスの順番に沿って検証を進めていきます。)

Step4 ビジネスモデルを書く

ヒト、モノ、カネなどの情報や、ユーザーの課題、それを解決する商品を明確に定義し、ユーザーの動きとお金の流れを整理しておくことが重要です。

※図:STARTUP STUDIO by Crewwの「Freeeat」のビジネスモデルです。

上記のように情報を整理してみたら、一度俯瞰的に見直してみましょう。

リーンキャンバスとビジネモデルができていたら、ピッチ資料など作成しなくても大体相手には、誰の何の課題をどのように解決するか、は伝わります。

STARTUP STUDIO by Crewwでのアイデア評価基準は?

STARTUP STUDIO by Crewwでは既にアイデアをお持ちの方から公募しています。以下の基準で採択をさせて頂いています。

・新規性
・実現性(期間は6か月間で実現できるものに限ります)
・社会性
・市場性(スケーラビリティ)
・SDGs関連性

また、プロダクト開発までのマイルストーンや売却までのストーリー、市場規模、競合・ベンチマーク企業などを交えた客観的な視点を持っているかどうかなども基準に一つとさせていただいております

https://studio.creww.me/
記事:Remi Terada/STARTUP STUDIO by Creww運営担当
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント