12.8 C
Japan
土曜日, 8月 13, 2022

Z Venture Capital、記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer」提供のモノグサに出資

Z Venture Capitalは、このたび記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer」を提供するモノグサによる第三者割当増資の引受を行いました。

「Monoxer」について

モノグサは創業以来、「記憶を日常に。」をミッションとして掲げ、人々の知的活動の根幹を担う記憶領域でイノベーションを起こすべく、事業を推進してきた。現在は、記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer」を提供している。

「Monoxer」は、先生が覚えて欲しい内容を登録するだけで、その内容を定着するために必要な問題が自動で作成される。
生徒は作成された問題をスマホやタブレットのアプリで学習していきますが、一人ひとりの習熟度・忘却度に応じて、リアルタイムで問題の出題頻度や難易度が調整されるため、一人ひとりのレベルにあった学習が実現される。

遠隔でも生徒の学習状況・定着度が分かるため、通学・通塾が困難な状況でも、きめ細やかな指導を行うことが可能であり、塾や学校を中心とした教育機関にて3,400以上の教室で活用されている。

近年では、塾や私立学校にとどまらず、中国語教室などの語学教室、美容・医療系専門学校、従業員のスキルアップに力を入れる一般法人、外国人労働者の就労を支援する人材企業など、国内外で活用の幅が拡がりつつあります「Monoxer」は、通算8億問以上ユーザーに学習されており、ユーザーによって作成されたBook(問題集)の数は26万以上に上ります。また、導入社数の増加に伴い、様々な組織で活用されるようになっている。学習されている内容も漢字や英語、社会や理科の知識事項を中心に、幅広い科目や分野となっている。Book活用範囲の広がりとともに様々な組織で活されるようになり、学習される教材の種類も多く様々な成果が見られている。

出資の背景と目的 

モノグサは塾や学校、専門学校や一般法人など幅広い領域で記憶定着を目的とした学習プラットフォーム「Monoxer」を展開している。
文部科学省の推進するGIGAスクール構想を代表に、教育現場のデータ活用の重要性は非常に高まっている。モノグサは、暗記・定着という教育現場で普遍的なニーズに生徒・教員それぞれ最適化されたプラットフォームを提供している。
デジタル化されていく教育現場で最適なプラットフォームを提供していると確信し、今回の投資に至った。

関係者からのコメント

細川 慧介(モノグサ 取締役 CFO)

「記憶」のプラットフォームを目指す弊社にとって、Yahoo! JAPANやLINEといった国内でもトップクラスのサービスを提供する企業のグループ会社であるZ Venture Capital様にご評価いただき、こうしてご一緒できることを大変光栄に思います。
弊社はまさにSaaSからプラットフォームに進化するタイミングであるため、これからプラットフォームとしてのあるべき姿や登り方を学ばせていただき、一緒に世界で使われるプラットフォームを作っていきたいと思っております。

都 虎吉(Doh Hogil、ZVC 取締役COO)

コロナパンデミックの影響やGIGAスク―ル構想など外的環境の変化、そして教育機関内部で求められる効率化により、昨今教育機関の運営や学習方法のデジタル化が急激に進んでいます。
モノグサは、こういった完璧な市場を背景に、まだ未開拓の「復習・記憶の定着」領域でエンドユーザーである生徒が一番効果を感じられる形で教育機関のIT化を支援しています。この度は、モノグサのEd-tech革命の旅にご一緒できてとても嬉しく思います。

・山下純平(ZVC アソシエイト)氏

コロナを契機に教育現場では授業のオンライン化は進んだものの、自宅学習・暗記の領域のデジタル化はノウハウが溜まっておらず、実現できているプレイヤーは少ないです。
モノグサは、プロダクトとオンボーディングの両面で自宅学習・暗記のデジタル化を実現し、生徒と教育それぞれの効率化を実現し、驚異的な導入実績を作り出しています。
専門学校や一般法人など、誰もが「Monoxer」を使う日常を目指して、サポートに尽力して参ります。

会社概要

Z Venture Capitalについて

Z Venture Capitalの前身である、YJキャピタルは2012年8月に設立、2021年4月にLINE Venturesと合弁し、Z Venture Capital に商号変更した。Zホールディングス株式会社のCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)として、将来性のあるスタートアップの支援をグローバルで行っている。

社名Z Venture Capital
設立2012年8月
所在地東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー
代表者堀 新一郎
URL https://zvc.vc/

モノグサ株式会社について

社名モノグサ株式会社
設立2016年8月10日
所在地〒102-0072 千代田区飯田橋3-8-5 住友不動産飯田橋駅前ビル7階
代表者代表取締役CEO 竹内孝太朗、代表取締役CTO 畔柳圭佑
事業概要記憶のプラットフォーム 「Monoxer」 の開発と運営
URL https://corp.monoxer.com/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント