12.8 C
Japan
水曜日, 12月 8, 2021

Monozukuri Ventures、 STEAM教育に取り組むDigital Dream Labsに出資

ハードウェア・スタートアップ特化型VCファンドを運営するMonozukuri Venturesは、Digital Dream Labsに出資した。

Digital Dream Labsは、2012年に設立された、教育ゲームを開発する米国ピッツバーグのスタートアップである。2019年に教育玩具ロボットを開発するAnkiの資産を取得し、就学前から高校生までの各年代に、遊びを通して学べるゲームやロボットを提供している。

2009年にオバマ大統領が米国科学アカデミーでの演説でSTEM教育※の重要性を演説して以来、アメリカは世界を牽引する経済大国であり続けるために、国を挙げてSTEM教育に取り組んでいる。STEM教育関連予算は、毎年数十億ドルが投入され、今後不足するとされるSTEM分野の人材育成に充てられているのだ。

STEM教育…科学、技術、工学、数学の分野を統合的に学び、科学技術に長けた人材育成を目的とした教育プラン。STEMはScience(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Math(数学)の頭文字をとったもの。

しかし、学習は子供にとって必ずしも楽しいものであるとは限らない。そこで、Digital Dream Labsはロボットやゲームでの遊びを通じた学習機会を提供している。同社が実施した調査によれば、Digital Dream Labsのツールを8週間利用した生徒は、プログラミングと論理的思考の能力において10%~25%の増加が確認できた。

Digital Dream Labsは既に、米国を中心に300万人を超える顧客を有しており、EdTech市場での高い知名度がある。また、2020年の収益は前年比4倍と、パンデミックにもかかわらず劇的な成長を続けている。

Monozukuri Venturesはシード〜アーリーステージのハードウェア・スタートアップへの投資と、試作・量産コンサルティングを通じて、世界中の起業家が高品質の製品を、少量でも素早く生産・販売することができる世界の実現を目指している。
2021年2月には日米のハードウェア・スタートアップにフォーカスした「Monozukuri 2号ファンド」の一次募集完了を発表。今後も引き続き国内機関投資家や事業会社と共に、世界に進出するハードウェア・スタートアップを支援していく。

Digital Dream Labsが提供する主なプロダクト

Cozmo (教育玩具ロボット)
InfiniDrive(レースゲーム)
Vector(AIコンパニオンロボット)

Digital Dream Labsについて

社名Digital Dream Labs
設立2012年
所在地米国ペンシルベニア州
代表者H. Jacob Hanchar
事業概要教育玩具の企画・開発・販売
URLhttps://www.digitaldreamlabs.com

Monozukuri Venturesについて

株式会社Monozukuri Venturesは、京都とニューヨークを拠点に、ハードウェア・スタートアップへのベンチャー投資ファンドの運営と、ハードウェアの試作・製造に関する技術コンサルティングを提供する企業である。
2020年1月に、Makers Boot Campを運営する株式会社Darma Tech Labs(京都市)と、FabFoundry, Inc.(ニューヨーク市)が、2社のハードウェア・スタートアップ支援の経営資源を結集して誕生した。MZVが運営するMBC試作ファンドは2017年夏に1号ファンドが、2021年に2号ファンドが発足。日米のハードウェア・スタートアップ43社(日本18社、米国25社)に投資している。またスタートアップ企業を中心に、110以上の試作プロジェクトを支援している。
(数値はいずれも2021年9月末時点)

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【インタビュー】本業を辞めずに挑戦!報酬を得ながら複業としてゼロイチフェーズに参画するニューノーマルな働き方

【インタビューレポート】スタートアップでは、都度生じる課題をスピーディーに解決し、企業成長を促すためにも、必要なフェーズにタイムリーに対応できる幹部人材を必要としている。一方の現実は、「採用にかかる費用は抑えたい」「フルタイムで依頼をするには業務内容が少ない」など幹部クラスの人材確保にジレンマを抱える場合も多い。また、たとえスタートアップに関心があったとしても、一定数のリスクが伴う以上、転職には踏み切れずに大手企業に留まる優秀な人材が多いことは、非常に勿体ないことであると言える。果たして双方にとって突破口となる様なソリューションはないのだろうかー。 大手企業からスタートアップ企業への転職経験を持つ方々に、転職する際の葛藤や、スタートアップ企業に勤める今の実際について、率直なお気持ちを伺いました。 #スタートアップ #大手企業 #転職 #Creww #大挑戦時代をつくる

【共創案募集】エネルギー、都市環境、リサイクル、橋梁etc。デジタル×社会インフラで未来のまちづくりをしませんか|JFEエンジニアリング

【オープンイノベーションインタビュー】総合エンジニアリング企業として、環境・上下水・エネルギープラント、橋梁などの構築や運営、リサイクル・発電事業など、生活に不可欠な事業を展開しているJFEエンジニアリング。SDGsの達成やカーボンニュートラルの実現に向けて、同社が持つ技術や強みにスタートアップのデジタルを活用したアイデアや技術を掛け合わせ、社会課題の解決や新たなビジネスモデルの創出を目指すべく、DX領域でのアクセラレータープログラムを開催しています。具体的にどのような顧客価値を創出したいのか、本プロジェクトを推進する技術本部ICTセンターDX推進部にお話を伺いました。 #募集 #JFEエンジニアリング #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【インタビュー】学生時代から今に至るまで「事業を作る」をテーマにキャリアを歩み、Crewwで執行役員へ

【Crewwインタビュー】Creww採用担当者による、同社のメンバーと会社の雰囲気を伝えるためのインタビューが、ビジネスSNS「Wantedly」に公開されました。今回のインタビュイー は、学生時代の起業からスタートして、事業や組織の課題に向き合いながらCrewwにて今期から執行役員に就任した、中島克也(ナカジマ カツヤ)さんです。この5年半Crewwはどう変化し、中島氏自身はどう変わったのか。そしてCrewwのビジネスのこと、仲間のことについて聞きました。 #インタビュー #Wantedly #大挑戦時代をつくる #Creww

「世界を農でオモシロくする」スタートアップ|The CAMPus BASEが目指す持続可能な農事業とは

【スタートアップの流儀/インタビュー】成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー、成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、「大変でしんどくて儲からない」という従来のイメージに反し、農業は「カッコ良くて、これからの可能性に満ちている」と気付いたことから、「世界を農でオモシロくする」を企業理念に据え、「農」に関わるコミュニティ事業・スクール事業・ブランディング事業を展開するスタートアップ、The CAMPus BASEにフォーカス。「都会で生きてきたビジネスパーソンこそ農業に向いている」と語る、同社代表の井本 喜久氏にお話を伺いました。 #AgriTech #アグリテック #スタートアップ #インタビュー #TheCAMPusBASE #NOUONLINESALON #コンパクト農ライフ塾 #地域農ブランディング事業 #世界を農でオモシロくする #AKEMILEMON #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント