12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

【日本IBM × AUBA】共創プログラム『IBM BlueHub Program 7th』にてスタートアップ4社を採択!

日本最大級のオープンイノベーションプラットフォームAUBA(アウバ)を運営するeiicon companyは、10月11日、日本アイ・ビー・エム株式会社と共に運営する、日本発の革新的事業の創出を目指す共創プログラム『IBM BlueHub Program 7th』のサポート対象企業として、スタートアップ4社を採択しました。

『IBM BlueHub Program 7th』採択結果(五十音順)

合計96件の応募の中から、審査の結果、以下の4社の技術・アイデアが採択されました。

<株式会社KiZUKAI> https://corp.kizukai.com/
代表者:山田 耕造 氏
事業:LTV/ 解約率改善ツール「KiZUKAI」の開発・運営

<スピーシーズ株式会社> http://speecys.com
代表者:春日 知昭氏
事業:心を伝えるメディア事業「ロボスタンプ」の開発・運営・販売

<株式会社東京ファクトリー> https://tokyofactory.co.jp/
代表者:池 実 氏
事業:製造現場のDXを支援するSaaSプロダクト「Proceedクラウド」の開発・運営・販売

<株式会社ミツカル>  https://www.conoris.jp/
代表者:井上 幸 氏
事業:クラウドサービスセキュリティチェック支援SaaS「Conoris」の開発・運営

『IBM BlueHub Program 7th』今後の展望

2022年2月に実施予定のDemoday(*1)に向け、各選考通過企業とテクノロジーを活用した新規ビジネスのデザインや実装を進めていきます。

(*1)IBM BlueHubプログラムの約6カ月間の共創の成果を大手企業や官公庁ご担当者に伝えるピッチイベント。

『IBM BlueHub Program 7th』について

「IBM BlueHub」は、オープンイノベーションを通じ、テクノロジーを活用した日本発の革新的事業の創出を目指す、日本IBMのスタートアップとの共創プログラムです。日本IBMでは、あらゆる枠を超えて、お客様やパートナーとともにデジタル変革や社会課題の解決に取り組んでいます。

これまで通算6期を開催。シード期・アーリー期のスタートアップとともに、AI、ブロックチェーンなど先進テクノロジーの活用や、企業や自治体とのオープンイノベーションを通じた事業開発など、さまざまな共創に取り組んできました。

7期目を迎えた今回は、「テクノロジーで社会課題を解決する」、「産業をアップデートする」、「業務改革で企業経営にインパクトを与える」の3つをテーマとして、多様な専門性を持つ日本IBMメンバーに加え、経験豊富なVCメンターも参画し、テクノロジーの進化や生活の変化に伴うこれまでにない新たな市場の創出、お客様へのより総合的な価値の提供を目指します。

URL▶︎https://eiicon.net/about/ibmbluehub7/

『IBM BlueHub Program 7th』募集テーマ

(1)テクノロジーで社会課題を解決する
疫病、災害、人手不足、高齢化といった社会課題へのロボットやドローンなどの活用

(2)産業をアップデートする
⾦融・ヘルスケアのDX推進に向けた、経営レベルの課題解決や協業の促進

(3)業務改革で企業経営にインパクトを与える
経営を⽀える営業⽀援、⼈事、財務といったアプリケーションの価値の最⼤化

参加メリット

・事業開発の支援
・多様な専門性との共創
・IBMテクノロジーの無償提供
・VCメンターによるメンタリング
・採択企業とのネットワーク など

応募資格

・プロダクトやサービス、もしくはそのプロトタイプを持つスタートアップ企業
・メンバーに技術者がいる、もしくは協力が得られることが望ましい

日本IBM 概要

社名:日本アイ・ビー・エム株式会社
本社所在地:東京都中央区日本橋箱崎町19-21
資本金:1,053億円
代表者:代表取締役社長山口 明夫
事業内容:情報システムに関わる製品、サービスの提供

eiicon company 概要

eiicon companyは、「オープンイノベーション」にチャレンジするすべての企業に対し、その取り組みを加速させる支援を実施しています。

1)「AUBA」:「価値ある出会いが未来を創る」をテーマに、オープンイノベーションのパートナーを探すことができる、ビジネスマッチングプラットフォーム。登録数20,000社。課題・事業成長に必要なリソースなど自社情報を登録、相互に発信し、企業の新たなつながりを実現します。

2)「TOMORUBA」:事業を創るビジネスパーソンのための“事業を活性化するメディア”。全国各地あらゆる業界のスタートアップ・中小企業・大手企業から地方自治体・大学まで、資金調達・資金提供・共同研究などの様々な情報や事業を創るためのノウハウ情報などを配信しています。

3)「SHABERUBA」:「AUBA」が提供する、会員専用コミュニティ。バーチャルコワーキングスペースで会員同士の会話や商談、各種イベント参加やコミュニティ支援実施まで、オフラインでの活動をオンライン上で実現しています。

4)「event」: ビジネスパートナー企業との出会いの場をリアルに創出します。

5)「Sourcing Support」: 専門コンサルタントがオープンイノベーションチャレンジを支援します。

以上5つの軸で、日本に新規事業創出手法「オープンイノベーション」を根付かせるサービスを提供しています。

名 称:eiicon company (エイコンカンパニー)  
代 表:中村 亜由子
所 在 地:〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
事業内容:オープンイノベーションプラットフォーム「AUBA」の運営、イベント企画・支援サービス、ソーシングサービスなど

運営会社

社名:パーソルイノベーション株式会社
本社所在地:〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
資本金:5,500万円
代表者:代表取締役社長 長井 利仁
事業内容:新規事業創造・オープンイノベーション推進、グループ会社の経営計画・管理並びにそれに付帯する業務

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント