12.8 C
Japan
木曜日, 12月 8, 2022

「明治アクセラレーター」、協業企業6社のビジネスプランを決定

ゼロワンブースターは、明治と共に運営する、明治とスタートアップ企業との協業によりイノベーションを創出する取り組み「明治アクセラレーター」において、協業企業6社のビジネスプランを決定した。今後、約5ヶ月にわたり明治社員であるカタリストおよび01Boosterの伴走者が協業企業6社と協業・支援をしながら、一歩先行く価値を創造していく。

ピッチコンテストでは、100件を超える応募に対し書類と面談による審査を経て選考された11社がプレゼンテーションを実施した。その結果、6社が「優秀賞」を獲得し、今後のプログラムへ参加する協業企業となりました。「明治アクセラレーター」の統括責任者である株式会社 明治 取締役常務執行役員 経営企画本部長の童子 秀己氏は、ピッチコンテストにおいて「社内公募制度で選ばれたカタリストは、どんな時でもくじけない社員。みなさまと一緒に活動しながらアクセラレートに尽力させていただきたい。」とメッセージを送りました。今後の約5カ月のプログラム期間にて、創業100年を超える明治グループが培った知恵やバリューチェーンと、スタートアップの新たなテクノロジーやさまざまなアイデアを掛け合わせながら、共に一歩先行く価値を創造していく。

「明治アクセラレーター」ピッチコンテスト結果

優秀賞6社 ※50音順】

●エリー株式会社 梶栗 隆弘 氏
蚕を原料とした次世代食品「シルクフード」
https://www.ellieinc.co.jp/

●Closer 樋口 翔太 氏
工場ラインにおけるピックアンドプレイスの置き換えに特化したロボットアーム開発
https://close-r.com/

●株式会社セルフケアテクノロジーズ 宮地 俊充 氏
ウェアラブルデバイスを活用した予防ヘルスケアプラットフォーム「セルフバンク」
https://www.selfcare-tech.co.jp/

●vivola株式会社 角田 夕香里 氏
統計データに基づく不妊治療のAI検索サービス「cocoromi」
https://www.vivola.jp/

●株式会社Laspy 藪原 拓人 氏
災害備蓄のプラットフォームサービス「Laspy」
https://www.laspy.net/

●株式会社Leaflow 長森 ルイ 氏
次世代CBDプロダクツで「自分サスティナブル」なライフスタイルを提供
https://www.leaflow.jp/

【ファイナリスト ※優秀賞を除く50音順】


●株式会社クラダシ 関藤 竜也 氏

社会貢献型フードシェアリングプラットフォーム「KURADASHI」
https://www.kuradashi.jp/

●コネクテッドロボティクス株式会社 谷川 洋平 氏
飲食店のキッチンでの調理に特化したロボットサービスを展開
https://connected-robotics.com

●株式会社秀イノベーティブLAB 家村 秀也 氏
インド共和国にて酪農インキュベート事業を展開
https://www.syu-innovative-lab.com/

●株式会社ハハカラ 片田 櫻子 氏
忙しいママのためのベビー用品一括調達代行サービス
https://hahakara.co.jp/

●株式会社ベスプラ 遠山 陽介 氏
ICTを用いた高齢者や家族に対する健康提案プラットフォーム「脳にいいアプリ」
https://bspr.co.jp/

ビジネスプランコンテスト審査員 

●株式会社 明治 代表取締役社長 松田 克也氏
●株式会社 明治 取締役常務執行役員 経営企画本部長 童子 秀己氏
●株式会社 明治 イノベーション事業戦略部長 川上 徹也氏
●kemuri ventures合同会社 代表社員 岡田 博紀 氏
●株式会社ゼロワンブースター 代表取締役 CEO 鈴木 規文氏

「明治アクセラレーター」とは

「ヒトと地球の健やかな未来を共創する」をテーマに、明治グループ2026ビジョンで掲げるオープンイノベーションを加速し、将来に向けた新規事業の探索と創出をする一環として、社外の企業家のみなさまとの協業を実施する取り組みである。

本プログラムでは、「食と健康」「くらし・社会の豊かさ」「サステナブル」の領域においてパートナーを募集。創業100年を超える明治グループが培った知恵やバリューチェーンと、新たなテクノロジーやさまざまなアイデアを掛け合わせ、共に一歩先行く価値を創造していきたいとしている。

【支援概要(予定)】

2022年3月開催予定のデモデイ(成果発表会)までの約5カ月間、優秀賞受賞企業に、以下の支援を実施する予定である。
●カタリスト(伴走者)による協業支援(メンタリング、経営資源の活用など)
●PoCサポート
●賞金10万円

詳細は以下のWEBサイト参照
https://www.01booster.com/program/meiji/

株式会社ゼロワンブースターについて

「日本を事業創造できる国にして世界を変える」という企業理念のもと、大手企業とベンチャー企業が足りない部分を相互に補完し合い、イノベーションを共創し、事業の成長を加速するオープンイノベーションプログラム「コーポレートアクセラレーター」や社内起業家を発見・育成するプログラム「イントラプレナーアクセラレーター」を展開している。また、起業家や社内の事業開発担当者を育成するアクティブラーニングプログラム「01Dojo」の運営やベンチャー投資、大企業の人材のベンチャー留学など、事業領域を拡大中。また、2020年2月から、個人のアイデアを形にするワーキングコミュニティ「有楽町『SAAI』Wonder Working Community」の運営を行っている。

社名株式会社ゼロワンブースター
設立2012年3月
資本金〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル10階
代表者代表取締役 鈴木 規文
事業概要起業家向けシェアオフィス、コーポレートアクセラレーター・イントラプレナーアクセラレータープログラム企画運営、企業内起業人材研修、投資および資金調達支援、事業創造コンサルティング、M&A仲介サポート
URLhttps://01booster.co.jp
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Source01Booster
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント