12.8 C
Japan
火曜日, 11月 29, 2022

【AIベンチャーのデータグリッド×F・O・インターナショナル】AIによるバーチャル試着サービス「kitemiru」の導入効果検証を実施

服を選ぶ時に試着をしたいけど、今はコロナ感染が心配…そんな人も安心な「バーチャル試着サービス」の実証実験が店舗でスタート。AIベンチャーのデータグリッドと、子ども服製造小売のF・O・インターナショナルは、データグリッドが開発するスマホ1つで気軽に子どものバーチャル試着体験ができるサービス「kitemiru」の実証実験をF・O・インターナショナルの人気ブランド「BREEZE」のショップで行う。バーチャル試着サービスがコロナ禍でも店頭で子ども服を選ぶ楽しさを提供する。

人気ブランド「BREEZE」でバーチャル試着「kitemiru」を体験できる実証実験

期間
2021年10月1日(金)〜11月14日(日)

実施店舗一覧:
・神戸三宮本店(11:00-20:00):https://www.fo-kids.co.jp/shop-search/detail_612.html

・アリオ八尾店(10:00-21:00):https://www.fo-kids.co.jp/shop-search/detail_660.html

・イオンモール橿原店(10:00-22:00):
https://www.fo-kids.co.jp/shop-search/detail_681.html

・あべのキューズモール店(10:00-21:00):
https://www.fo-kids.co.jp/shop-search/detail_737.html

・ららぽーとEXPOCITY店(10:00-21:00):
https://www.fo-kids.co.jp/shop-search/detail_811.html

※新型コロナウイルス感染状況に伴い、実証実験期間、実施店舗、営業時間など変更する可能性あり

人気ブランド「BREEZE」での実証実験の概要(関西5店舗)

データグリッドとF・O・インターナショナルは、リアル店舗とオンラインストアの融合体験(OMO)によるブランドエンゲージメント向上を実現するため、バーチャル試着サービス「kitemiru」を使った実証実験を開始する。
実証実験を行う5店舗で新シーズンのおすすめ商品を試着できる特設サイトの二次元バーコードを配布。 その場で子どもの画像を使って様々なカラーバリエーションの中から似合う服を探すことはもちろん、自宅に持ち帰って家族でバーチャル試着写真を見ながらじっくり検討していただくことも可能である。
これにより、これまでお子さまがぐずったり、時間がなくてお店でじっくり服選びができなかった顧客に幅広い選択肢を提供したり、プレゼント用の服選びでイメージが湧かず困っていた顧客にベストな一着を見つける手伝いをしたりすることで、新しい価値提供を行うとともに、顧客へのブランド定着を図る狙いである。

kitemiruとは

「kitemiru」(https://intro.kitemiru.tech)は京都大学に本社を構える、大学発AIスタートアップのデータグリッドが開発に成功した最先端のオンライン試着技術を活用し、スマートフォンで撮影したユーザーの写真をアップロードするだけで瞬時にAIが商品の試着イメージを生成し表示するサービスである。kitemiruを使うことで、気になっているアイテムが自分やご家族、友人に似合うかどうかを実際に試着することなく店舗でもオンラインストアでも購入前に確認することができる。

kitemiruの導入ブランドは、ECサイト用に撮影したモデル画像をサービスに登録するだけで簡単に試着ページを発行することができ、店舗やオンラインストア、SNSなど様々なタッチポイントに試着機能を張り巡らせることで、顧客の生活に寄り添った購買体験を提供するオムニチャネル化を実現することができる。
また、kitemiruを導入することでオンラインストアでの滞在時間を増やすなど、ブランドや商品がこれまでよりも顧客の記憶に残りやすくするような効果も期待できる。今後は、場所に依存せずにコーディネートを提案できるデジタル接客機能の開発も予定している。

kitemiruは、オンラインショッピングを楽しんでもらいながらもブランドを身近に感じて時折店舗にも足をもらうきっかけづくりに貢献し、with/afterコロナの社会でもスタンダードとなるような顧客の生活に寄り添った新たな買い物体験を提供していく。

F・O・インターナショナル 担当者の想い

【BREEZE販売部 部長 石坂仁一】

子どもが試着せず、イメージと異なる商品を購入してしまったり、プレゼントをしてしまったりと頭を悩ませるシーンが今まで幾度とありましたが、kitemiruはバーチャルとはいえイメージ画像を作れることは画期的であると思います。今まで以上にバーチャル上での試着を繰り返し、イメージに合うお買い物のお手伝いを出来るツールであると感じます。このような取り組みが進み、今以上にお買い物を楽しんで頂けるようになればと思います。

【ネット販売部 次長 坂根一弥】

スマホの中にあるお子様の写真だけでバーチャル試着ができるkitemiruの手軽さに驚きました。
実証実験を通じて、コロナ以降減少してしまったかもしれない、店頭で子ども服を選ぶ楽しさを伝えられたらと思います。将来的には試着可能なアイテムを増やしてプレゼントニーズへの対応や、オンラインストアとの連携も実現したいです。

社名株式会社データグリッド
設立2017年7月5日
所在地〒606-8501 京都府京都市左京区吉田本町36番地1 京都大学国際科学イノベーション棟
代表者代表取締役CEO 岡田 侑貴
事業概要AIアセットのライセンシング
AIアセットを活用した共同事業開発
URL会社概要 | 株式会社データグリッド | DATAGRID Inc.
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント