12.8 C
Japan
日曜日, 10月 2, 2022

新規事業の必要性はイノベーション創出にある!成功に導く方法も紹介

市場環境が加速度的に変化する現代において、顧客のニーズに応えることは簡単ではありません。顧客ニーズを捉えて事業を成功に導くには、ニーズにマッチした事業計画なども策定しなければなりません。
そこで当記事では、新規事業によるイノベーションの必要性や失敗する要素、成功に導く方法を紹介します。
目次
・新規事業によるイノベーションの必要性とは?
・新規事業開発の失敗につながる3つの要素
・新規事業開発を成功に導く2つの方法
・新規事業によるイノベーションは企業に不可欠

新規事業によるイノベーションの必要性とは?

新規事業のイノベーションが必要な理由には「顧客の新しいニーズに応えるため」「企業を持続的に発展させるため」が挙げられます。

新規事業の成功には顧客の新しいニーズを捉え、それに応え続けなければなりません。企業の持続にもつなげられるよう、ここでは詳しい内容について見ていきましょう。

顧客の新しいニーズに応えるため

顧客の新しいニーズに応えるには、新規事業によるイノベーションが欠かせません。SNSの普及や商品やサービスが充実する現代では、顧客の購買行動は量より質へと変化しています。

つまり、市場などの急激な変化によって、これまで上手く行っていたメイン事業でもいつ淘汰されるか分からないのです。常に変化する顧客のニーズに応えるためには、常に新しい商品やサービスを生み出す必要があります。

企業を持続的に発展させるため

企業の持続的な発展にも新規事業によるイノベーションが必要です。顧客ニーズの変化や技術進歩が加速度的に進む現代では、以前に比べて商品やサービスのライフサイクルが短くなっています。企業が持続的かつ安定的に発展するには、新規事業を持続的に生み出さなければなりません。

新規事業開発の失敗につながる3つの要素

新規事業開発の失敗につながる要素として「事業計画がニーズとマッチしていない」「意思決定者が曖昧」「適切な人材が社内にいない」などが挙げられます。

事業計画そのものがニーズとマッチしていなければ、正確な意思決定ができず、失敗の要因となるでしょう。ここでは新規事業開発の失敗につながる3つの要素を詳しく解説します。

1.事業計画がニーズとマッチしていない

どんなに素晴らしい事業計画を立てたとしても、顧客のニーズとマッチしていなければ新規事業の成功は遠のきます。新規事業開発を成功には、開発前の顧客調査や市場調査、競合調査によるニーズ把握が大切です。

ニーズを把握しないままに新規事業を進めれば、途中での軌道修正に多くの時間とコストがかかるでしょう。また最悪の場合は撤退も余儀なくされる可能性があります。

2.意思決定者が曖昧

意思決定者が不在の場合や複数いる場合は意思統一がなされず、正しい経営判断ができません。新規事業の成功には、意思決定者を統一することが大切です。

消費者の購買行動の変化やデータに基づいた根拠のある意思決定が新規事業開発には求められます。意思決定者がこれまでの経験や勘によって判断すれば、根拠のない意思決定が下り、その結果として開発メンバーの足並みが揃わず新規事業開発の失敗につながるのです。

3.適切な人材が社内にいない

適切な人材が社内に存在しないということも新規事業開発の失敗につながる要素の1つです。新規事業はメイン事業とは異なるプロセスや知識、経験を持った人材が必要ですが、適切な人材が社内にいないというケースもあります。

どんなに素晴らしい事業計画を描いても、それを実行する人材の配置が不適切であれば新規事業を軌道に乗せられないでしょう。

新規事業開発を成功に導く2つの方法

新規事業開発を成功させる方法には「出資や支援を募るアクセラレータープログラム」「スタートアップとのオープンイノベーション」の2つがあります。特に「社内に適切な人材がいない」「実現するだけの技術やノウハウがない」」といった場合にこれらの方法が活かせます。ここではそれぞれの方法の特徴について詳しく見ていきましょう。

1.出資や支援を募るアクセラレータープログラム

大手事業者や自治体がスタートアップ・ベンチャー企業を対象に募集をかけ、出資や支援をするのがアクセラレータープログラムです。技術がありながらも資金がないベンチャー企業と資金が豊富にある大手事業者がつながることで新規事業開発の促進につながります。

大手事業者は資金提供したスタートアップ・ベンチャー企業のビジネスの柔軟性などを獲得でき、win-winな関係を構築できるでしょう。

2.スタートアップとのオープンイノベーション

スタートアップとのオープンイノベーションも新事業開発を成功に導く方法です。素晴らしいアイデアはあるものの、それを実現するための技術やノウハウがない企業と技術のある企業が組むことで、新しい商品やサービスを生み出しやすくなるでしょう。

それこそがオープンイノベーションの目的そのものであり、近年ではビジネスコンテストやイベントなどのマッチする場も増えています。

新規事業によるイノベーションは企業に不可欠

現代では商品やサービスのライフサイクルが短くなり、消費者行動が常に変化しています。そのような環境下で企業が顧客ニーズを捉え続けて持続的に発展するには、新規事業によるイノベーションが欠かせません

しかし新規事業開発の失敗につながる要素を知らないままに新規事業開発を進めれば、失敗の可能性を高めてしまいます。新規事業開発を成功に導くためにも「アクセラレータープログラム」や「オープンイノベーション」などを活用し、より実現可能性を高めた状態で新規事業開発を進めていきましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント