12.8 C
Japan
土曜日, 6月 25, 2022

新規事業の必要性はイノベーション創出にある!成功に導く方法も紹介

市場環境が加速度的に変化する現代において、顧客のニーズに応えることは簡単ではありません。顧客ニーズを捉えて事業を成功に導くには、ニーズにマッチした事業計画なども策定しなければなりません。
そこで当記事では、新規事業によるイノベーションの必要性や失敗する要素、成功に導く方法を紹介します。
目次
・新規事業によるイノベーションの必要性とは?
・新規事業開発の失敗につながる3つの要素
・新規事業開発を成功に導く2つの方法
・新規事業によるイノベーションは企業に不可欠

新規事業によるイノベーションの必要性とは?

新規事業のイノベーションが必要な理由には「顧客の新しいニーズに応えるため」「企業を持続的に発展させるため」が挙げられます。

新規事業の成功には顧客の新しいニーズを捉え、それに応え続けなければなりません。企業の持続にもつなげられるよう、ここでは詳しい内容について見ていきましょう。

顧客の新しいニーズに応えるため

顧客の新しいニーズに応えるには、新規事業によるイノベーションが欠かせません。SNSの普及や商品やサービスが充実する現代では、顧客の購買行動は量より質へと変化しています。

つまり、市場などの急激な変化によって、これまで上手く行っていたメイン事業でもいつ淘汰されるか分からないのです。常に変化する顧客のニーズに応えるためには、常に新しい商品やサービスを生み出す必要があります。

企業を持続的に発展させるため

企業の持続的な発展にも新規事業によるイノベーションが必要です。顧客ニーズの変化や技術進歩が加速度的に進む現代では、以前に比べて商品やサービスのライフサイクルが短くなっています。企業が持続的かつ安定的に発展するには、新規事業を持続的に生み出さなければなりません。

新規事業開発の失敗につながる3つの要素

新規事業開発の失敗につながる要素として「事業計画がニーズとマッチしていない」「意思決定者が曖昧」「適切な人材が社内にいない」などが挙げられます。

事業計画そのものがニーズとマッチしていなければ、正確な意思決定ができず、失敗の要因となるでしょう。ここでは新規事業開発の失敗につながる3つの要素を詳しく解説します。

1.事業計画がニーズとマッチしていない

どんなに素晴らしい事業計画を立てたとしても、顧客のニーズとマッチしていなければ新規事業の成功は遠のきます。新規事業開発を成功には、開発前の顧客調査や市場調査、競合調査によるニーズ把握が大切です。

ニーズを把握しないままに新規事業を進めれば、途中での軌道修正に多くの時間とコストがかかるでしょう。また最悪の場合は撤退も余儀なくされる可能性があります。

2.意思決定者が曖昧

意思決定者が不在の場合や複数いる場合は意思統一がなされず、正しい経営判断ができません。新規事業の成功には、意思決定者を統一することが大切です。

消費者の購買行動の変化やデータに基づいた根拠のある意思決定が新規事業開発には求められます。意思決定者がこれまでの経験や勘によって判断すれば、根拠のない意思決定が下り、その結果として開発メンバーの足並みが揃わず新規事業開発の失敗につながるのです。

3.適切な人材が社内にいない

適切な人材が社内に存在しないということも新規事業開発の失敗につながる要素の1つです。新規事業はメイン事業とは異なるプロセスや知識、経験を持った人材が必要ですが、適切な人材が社内にいないというケースもあります。

どんなに素晴らしい事業計画を描いても、それを実行する人材の配置が不適切であれば新規事業を軌道に乗せられないでしょう。

新規事業開発を成功に導く2つの方法

新規事業開発を成功させる方法には「出資や支援を募るアクセラレータープログラム」「スタートアップとのオープンイノベーション」の2つがあります。特に「社内に適切な人材がいない」「実現するだけの技術やノウハウがない」」といった場合にこれらの方法が活かせます。ここではそれぞれの方法の特徴について詳しく見ていきましょう。

1.出資や支援を募るアクセラレータープログラム

大手事業者や自治体がスタートアップ・ベンチャー企業を対象に募集をかけ、出資や支援をするのがアクセラレータープログラムです。技術がありながらも資金がないベンチャー企業と資金が豊富にある大手事業者がつながることで新規事業開発の促進につながります。

大手事業者は資金提供したスタートアップ・ベンチャー企業のビジネスの柔軟性などを獲得でき、win-winな関係を構築できるでしょう。

2.スタートアップとのオープンイノベーション

スタートアップとのオープンイノベーションも新事業開発を成功に導く方法です。素晴らしいアイデアはあるものの、それを実現するための技術やノウハウがない企業と技術のある企業が組むことで、新しい商品やサービスを生み出しやすくなるでしょう。

それこそがオープンイノベーションの目的そのものであり、近年ではビジネスコンテストやイベントなどのマッチする場も増えています。

新規事業によるイノベーションは企業に不可欠

現代では商品やサービスのライフサイクルが短くなり、消費者行動が常に変化しています。そのような環境下で企業が顧客ニーズを捉え続けて持続的に発展するには、新規事業によるイノベーションが欠かせません

しかし新規事業開発の失敗につながる要素を知らないままに新規事業開発を進めれば、失敗の可能性を高めてしまいます。新規事業開発を成功に導くためにも「アクセラレータープログラム」や「オープンイノベーション」などを活用し、より実現可能性を高めた状態で新規事業開発を進めていきましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント