12.8 C
Japan
土曜日, 6月 25, 2022

ノンピ『nonpi foodbox™』とプレイライフ『バヅクリ』が業務連携 |“食”と“遊び”のDXで企業内コミュニケーションをサポート!

“日本全国に料理と飲み物を1箱にしたフードボックス”をお届けする『nonpi foodbox™』を展開するノンピは、2021年7月より、オンラインによる人間関係構築サービス「バヅクリ」を提供するプレイライフと業務連携し、企業の社内コミュニケーション構築の強化をサポートする。
『遊んで、食べて、楽しい』共通の体験で笑顔を増やす

業務提携の背景

ノンピとプレイライフの取り組みの背景は3つ挙げられる。

1)在宅勤務やテレワークの導入が進む中『社内コミュニケーション』の重要性があらためて問われている現状課題に対して、ノンピとプレイライフの両社は、「食」と「遊び」という事業で『社内コミュニケーションを深める』という共通のビジネスコンセプトである。

2)ノンピの『nonpi foodbox™』とプレイライフの『バヅクリ』は、内定者懇親会、新入社員研修、インターン、歓送迎会、忘年会、全社キックオフなど同様のシーンでサービスを提供している。

3)70種類以上の体験プログラムがある『バヅクリ』利用者のうち、半数以上の顧客企業が懇親会用の食事を要望している。

以上のことから『バヅクリ』と『nonpi foodbox™』の連携に、可能性を感じた両社が掛け合わさることで、企業の抱える社内コミュニケーションの課題解決や働く人のモチベーション向上に貢献が期待され今回の業務連携に至った。

業務提携による効果

「食」と「遊び」という共通の楽しい『体験』があることで何気ない会話が増え、コミュニケーションの質や量が向上する。良質なコミュニケーションを取ることで、社員のストレス解消やモチベーションの向上により、チーム全体で円滑に仕事を進めることが可能となる。様々な新しい働き方が増えている中で、業務がスムーズに進み生産性が向上することは、企業にとっても嬉しい効果となる。

今後の展望

今後、『nonpi foodbox™』と『バヅクリ』のオリジナルプログラムや、懇親会の開発も行う予定である。ノンピとプレイライフは両社のサービスを活かすことで、新時代の社内コミュニケーションをDXで円滑にしていく。

バヅクリの70種類以上のプログラムで、楽しい“遊び”を

「バヅクリ」は企業や組織・団体内の“仲間づくり”を主軸とした「チームビルディング」を強化するエンタテインメント/“遊び”の要素を含めたリモート研修/人間関係構築プログラムである。

「バヅクリ」では、内定者・社員・転職者など社内のつながり・コミュニケーションの促進を図るため、リモート上での内定者懇親会や、転職者のオンボーディングプランなどを提供している。「バヅクリ」により、企業への帰属意識が向上され、離職率低下と生産性の向上が実現されている。また、従来の内定者向けの懇親会や研修などの交流会には多額の費用が掛かることから、「バヅクリ」を利用することで、1/10の費用削減も見込むことができる。

具体的には、オンライン上で、お絵描き、プレゼン、寸劇、自身の精神状態に意識を向け集中的に頭に思い込んだものを描き続ける「マインドフルネス」などのプログラムをとおし、交流を深める内容となっている。
幅広い組織や個人が利用する「バヅクリ」には、クイズ、寿司、図工、プレゼン、筋トレ、マインドフルネスなど合計70の活動プログラム、40人以上の“プロ”から学びながら、参加者同士交流できるオンライン・プログラムがある。これらプログラムにより、企業スタッフ間の深い交流をフォローするなど、中小や大企業の福利厚生プログラムサービスとして、人気が高まっている。

利用者は社内イベント1回当たり165,000円〜で「バヅクリ」に、好みの体験活動に何回でも参加することができる。「バヅクリ」は2020年8月から開始。これまで200社、延べ8,000人が参加している。https://buzzkuri.com/

バヅクリ参考動画:     https://youtu.be/w8LfR0oCot8
バヅクリHR研究所:    https://hr-lab.buzzkuri.com/

【15万食突破】ご当地グルメも楽しめるnonpi foodbox™

nonpi foodbox™「スタンダードプラン 洋」税込3,850円(送料込み)

nonpi foodbox™は、10種類以上の食事プランを用意しており、人気のスタンダードプランだけでなくご当地グルメや有名店コラボのプランも大好評である。食事は、会話を止めないサイズ感や彩りにもこだわり、ドリンクは、ビール、酎ハイ、ソフトドリンクの定番ドリンクを取り揃えている。お好きなドリンクセット(3本入)を7種の中から参加者それぞれが選ぶことができるので、お酒を控えたい方も安心である。
また、配送先住所や電話番号は参加者それぞれが入力するシステムを導入。個人情報が社内に知られてしまう心配もなく利用することが可能となっている。

〈nonpi foodbox ポイント〉
■美味しい食事、食べやすいサイズ感
■同じものを食べることで会話が弾む
■幹事の負担が最小限
■日本全国どこでも配送可能(一部地域除く)

2020年8月に「nonpi foodbox™」をリリースし、現在約3,000社の企業が利用し、計15万食以上のフードボックスを届けている。
nonpi foodbox™サイト:https://nonpi-foodbox.com/

『バヅクリ会食セットプラン』の申し込みについて

バヅクリの遊び研修プログラムと一緒にnonpi foodbox™の食事を楽しみたい方は、バヅクリプログラム申し込み画面にて「フードボックス付きプラン」から注文が可能。

〈価格〉
各プラン内容に準ずる
『バヅクリ』税込165,000円/回 より
『nonpi foodbox™』税込2,970円/人(送料込み)より
詳細はこちら:https://hr.buzzkuri.com/event2

共同開催されたウェビナーについて

詳細はこちら:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000116.000036259.html

プレイライフ株式会社について

プレイライフ株式会社は「この世から孤独を無くす」ことをミッションに掲げ、「オンライン、遊び、学び、つながる」をテーマに、ただ単に「遊ぶ」だけではなく、遊びのプロや参加者同士から「学び」、参加者が「つながる」場を提供、組織・団体問わず趣味や人との交流を拡大、離職率低下と生産性向上を実現することを目指したサービス「バヅクリ」を提供するスタートアップである。

社名プレイライフ株式会社
設立2013年6月3日
所在地東京都港区南青山3-1-3スプライン青山東急ビル6F
代表者佐藤 太一
事業概要オンライン“アソビ“チームビルディング「バヅクリ」
アソビメディア「PLAYLIFE」
ホテル/旅館のコトづくり「コトプロ」
URLhttps://playlife.co.jp/

株式会社ノンピについて

株式会社ノンピは、フードデリバリー、カフェ運営など様々なフードソリューションを提供する食のプロフェッショナルチームである。川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム内 “ミュージアムカフェ”や、埼玉スタジアム2OO2 “VIEW BOX”、三菱地所本社内カフェテリア “SPARKLE” 等、食事と空間にこだわるフードプロデュースを任されており、味わいやクオリティー、安全面に於いても信頼を築いている。また、コロナ禍の2020年8月にリリースした、オンラインコミュニケーションフードサービスnonpi foodbox™は、『法人利用約3000社 15万食以上』の食事を提供している。

社名株式会社ノンピ
設立2003年3月
所在地東京都港区海岸3-3-18 芝浦日新ビル 新館6階
代表者代表取締役社長 柿沼寛之
事業概要社食の遊休資産を活用したケータリング、社食・社内カフェ運営、キャラクター関連フード商品
URLhttps://www.nonpi.com/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント