12.8 C
Japan
日曜日, 10月 2, 2022

ノンピ『nonpi foodbox™』とプレイライフ『バヅクリ』が業務連携 |“食”と“遊び”のDXで企業内コミュニケーションをサポート!

“日本全国に料理と飲み物を1箱にしたフードボックス”をお届けする『nonpi foodbox™』を展開するノンピは、2021年7月より、オンラインによる人間関係構築サービス「バヅクリ」を提供するプレイライフと業務連携し、企業の社内コミュニケーション構築の強化をサポートする。
『遊んで、食べて、楽しい』共通の体験で笑顔を増やす

業務提携の背景

ノンピとプレイライフの取り組みの背景は3つ挙げられる。

1)在宅勤務やテレワークの導入が進む中『社内コミュニケーション』の重要性があらためて問われている現状課題に対して、ノンピとプレイライフの両社は、「食」と「遊び」という事業で『社内コミュニケーションを深める』という共通のビジネスコンセプトである。

2)ノンピの『nonpi foodbox™』とプレイライフの『バヅクリ』は、内定者懇親会、新入社員研修、インターン、歓送迎会、忘年会、全社キックオフなど同様のシーンでサービスを提供している。

3)70種類以上の体験プログラムがある『バヅクリ』利用者のうち、半数以上の顧客企業が懇親会用の食事を要望している。

以上のことから『バヅクリ』と『nonpi foodbox™』の連携に、可能性を感じた両社が掛け合わさることで、企業の抱える社内コミュニケーションの課題解決や働く人のモチベーション向上に貢献が期待され今回の業務連携に至った。

業務提携による効果

「食」と「遊び」という共通の楽しい『体験』があることで何気ない会話が増え、コミュニケーションの質や量が向上する。良質なコミュニケーションを取ることで、社員のストレス解消やモチベーションの向上により、チーム全体で円滑に仕事を進めることが可能となる。様々な新しい働き方が増えている中で、業務がスムーズに進み生産性が向上することは、企業にとっても嬉しい効果となる。

今後の展望

今後、『nonpi foodbox™』と『バヅクリ』のオリジナルプログラムや、懇親会の開発も行う予定である。ノンピとプレイライフは両社のサービスを活かすことで、新時代の社内コミュニケーションをDXで円滑にしていく。

バヅクリの70種類以上のプログラムで、楽しい“遊び”を

「バヅクリ」は企業や組織・団体内の“仲間づくり”を主軸とした「チームビルディング」を強化するエンタテインメント/“遊び”の要素を含めたリモート研修/人間関係構築プログラムである。

「バヅクリ」では、内定者・社員・転職者など社内のつながり・コミュニケーションの促進を図るため、リモート上での内定者懇親会や、転職者のオンボーディングプランなどを提供している。「バヅクリ」により、企業への帰属意識が向上され、離職率低下と生産性の向上が実現されている。また、従来の内定者向けの懇親会や研修などの交流会には多額の費用が掛かることから、「バヅクリ」を利用することで、1/10の費用削減も見込むことができる。

具体的には、オンライン上で、お絵描き、プレゼン、寸劇、自身の精神状態に意識を向け集中的に頭に思い込んだものを描き続ける「マインドフルネス」などのプログラムをとおし、交流を深める内容となっている。
幅広い組織や個人が利用する「バヅクリ」には、クイズ、寿司、図工、プレゼン、筋トレ、マインドフルネスなど合計70の活動プログラム、40人以上の“プロ”から学びながら、参加者同士交流できるオンライン・プログラムがある。これらプログラムにより、企業スタッフ間の深い交流をフォローするなど、中小や大企業の福利厚生プログラムサービスとして、人気が高まっている。

利用者は社内イベント1回当たり165,000円〜で「バヅクリ」に、好みの体験活動に何回でも参加することができる。「バヅクリ」は2020年8月から開始。これまで200社、延べ8,000人が参加している。https://buzzkuri.com/

バヅクリ参考動画:     https://youtu.be/w8LfR0oCot8
バヅクリHR研究所:    https://hr-lab.buzzkuri.com/

【15万食突破】ご当地グルメも楽しめるnonpi foodbox™

nonpi foodbox™「スタンダードプラン 洋」税込3,850円(送料込み)

nonpi foodbox™は、10種類以上の食事プランを用意しており、人気のスタンダードプランだけでなくご当地グルメや有名店コラボのプランも大好評である。食事は、会話を止めないサイズ感や彩りにもこだわり、ドリンクは、ビール、酎ハイ、ソフトドリンクの定番ドリンクを取り揃えている。お好きなドリンクセット(3本入)を7種の中から参加者それぞれが選ぶことができるので、お酒を控えたい方も安心である。
また、配送先住所や電話番号は参加者それぞれが入力するシステムを導入。個人情報が社内に知られてしまう心配もなく利用することが可能となっている。

〈nonpi foodbox ポイント〉
■美味しい食事、食べやすいサイズ感
■同じものを食べることで会話が弾む
■幹事の負担が最小限
■日本全国どこでも配送可能(一部地域除く)

2020年8月に「nonpi foodbox™」をリリースし、現在約3,000社の企業が利用し、計15万食以上のフードボックスを届けている。
nonpi foodbox™サイト:https://nonpi-foodbox.com/

『バヅクリ会食セットプラン』の申し込みについて

バヅクリの遊び研修プログラムと一緒にnonpi foodbox™の食事を楽しみたい方は、バヅクリプログラム申し込み画面にて「フードボックス付きプラン」から注文が可能。

〈価格〉
各プラン内容に準ずる
『バヅクリ』税込165,000円/回 より
『nonpi foodbox™』税込2,970円/人(送料込み)より
詳細はこちら:https://hr.buzzkuri.com/event2

共同開催されたウェビナーについて

詳細はこちら:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000116.000036259.html

プレイライフ株式会社について

プレイライフ株式会社は「この世から孤独を無くす」ことをミッションに掲げ、「オンライン、遊び、学び、つながる」をテーマに、ただ単に「遊ぶ」だけではなく、遊びのプロや参加者同士から「学び」、参加者が「つながる」場を提供、組織・団体問わず趣味や人との交流を拡大、離職率低下と生産性向上を実現することを目指したサービス「バヅクリ」を提供するスタートアップである。

社名プレイライフ株式会社
設立2013年6月3日
所在地東京都港区南青山3-1-3スプライン青山東急ビル6F
代表者佐藤 太一
事業概要オンライン“アソビ“チームビルディング「バヅクリ」
アソビメディア「PLAYLIFE」
ホテル/旅館のコトづくり「コトプロ」
URLhttps://playlife.co.jp/

株式会社ノンピについて

株式会社ノンピは、フードデリバリー、カフェ運営など様々なフードソリューションを提供する食のプロフェッショナルチームである。川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム内 “ミュージアムカフェ”や、埼玉スタジアム2OO2 “VIEW BOX”、三菱地所本社内カフェテリア “SPARKLE” 等、食事と空間にこだわるフードプロデュースを任されており、味わいやクオリティー、安全面に於いても信頼を築いている。また、コロナ禍の2020年8月にリリースした、オンラインコミュニケーションフードサービスnonpi foodbox™は、『法人利用約3000社 15万食以上』の食事を提供している。

社名株式会社ノンピ
設立2003年3月
所在地東京都港区海岸3-3-18 芝浦日新ビル 新館6階
代表者代表取締役社長 柿沼寛之
事業概要社食の遊休資産を活用したケータリング、社食・社内カフェ運営、キャラクター関連フード商品
URLhttps://www.nonpi.com/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント