12.8 C
Japan
水曜日, 11月 30, 2022

【第一弾】「NOCODO(ノコド)」にて「STARTUP STUDIO by Creww」のプロジェクトを加速させる人材募集開始!

2021年7月20日、NoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)事業を展開する株式会社プレスマンは、「STARTUP STUDIO by Creww」を運営するCreww株式会社との業務提携に基づき、両社に集まるノーコード人材とスタートアッププロジェクトのマッチング募集を開始します。

業務提携の背景及び新規募集について

NoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)人材が750名以上登録する「NOCODO(ノコド)」を運営する株式会社プレスマンは、Creww株式会社が運営する「STARTUP STUDIO by Creww」のスタートアッププロジェクトとノーコード人材をマッチングする目的で業務提携をしました。
※参考:提携に関するプレスリリース(2021年7月14日)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000047.000055008.html

今回、提携の第一弾として、「STARTUP STUDIO by Creww」に登録されているスタートアッププロジェクトの「ノーコード人材を仲間にして、素早くサービスを構築したい」というニーズと、同社が運営する「NOCODO(ノコド)」に登録するNoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)人材の「活躍できる場を増やしたい」という双方のニーズから、厳選した3プロジェクトにおけるノーコード人材募集を「NOCODO(ノコド)」のマッチング機能を活用して募集いたします。

NoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)人材にとっての参画(応募)メリット

  1. 140件の応募から選抜された、将来性が非常に高いプロジェクトにNoCoder/LowCoderとして参画できる。
  2. Creww株式会社による強力なサポートされた環境でプロジェクトに参画ができる。
  3. 多様な強みを持つモチベーションの高いメンバーとともに、ゼロイチのプロジェクトを創出・経験できる。
  4. 自身が持つNoCode/LowCodeのスキルや経験を活かし、社会に貢献するビジョンを持つプロジェクト実現に関われる。
  5. 多くのスタートアッププロジェクトを支えた実績のあるCreww株式会社だからこその、メソッドを学ぶことができる。
  6. 必要に応じて、ノーコードに精通するメンターによるアドバイスが受けられる。

※NoCoder(ノーコーダー)として「実績を残したい」「活躍の場を広げたい」という方におすすめです。
以下にて、 ノーコード人材を募集する各プロジェクトの概要とリンクを掲載しておりますので、「まずは話を聞いてみたい」という方でも、お気軽にご応募ください。

今回の募集プロジェクト

今回、NoCode(ノーコード)/LowCode(ローコード)人材に関する募集を掲載するスタートアッププロジェクトは、3案件となります。
詳細については、以下の各募集ページのリンク先にてご確認ください。

①【KAIKA】ケアワーカーの才能が”開花”する介護事業所向け人事管理システム

<プロジェクト概要>
「ケアワーカーさんを元気にるため」に立ち上げられたプロジェクト。
介護事業所には「人事部がない!」それは、人事担当を配置できるだけの経済的な余裕がないためです。管理者も介護現場に立ちながら、片手間で人事業務を何とかこなしています。そのため、人事管理が仕組み化されず、従業員のエンゲージメントは維持しにくくなっているのが現状です。

介護労働安全センターの従業員満足度調査でも「人事評価・処遇のあり方」や「能力開発のあり方」に対する満足度(D.I.)がマイナスとなっていることが、それを裏付けています。人事制度の設計と運用、ふたつの課題を一元的に解決する介護分野に特化した「人事管理システム」の開発を行います!

▼詳細及びエントリーはこちらから▼
https://nocodo.net/matching/matching-3673/

②【warp】モール型オンライン接客ECプラットフォーム

<プロジェクト概要>
コロナ禍による店舗の閉店や、外出自粛による精神的疲弊を無くすために立ち上げられたプロジェクト。このプロジェクトを始めたキッカケはメンバーの祖母の存在だそうです。彼女は80歳を超えていますが、仕事に勤しみ、習い事や買い物など活発に行動していました。

しかしコロナ禍の影響で外出機会が減り、体力も精力さも失っていく様を目の当たりにし、外に出て得られる体験をネット上に作りたいと思い、このサービスを思いつきました。
モール型プラットフォームを立ち上げ、自由な買い物ができる「場」を作り様々な人の生活が豊かにできたらという願いが込められています。

▼詳細及びエントリーはこちらから▼
https://nocodo.net/matching/matching-3739/

③【Advance】海外MBA受験生向け、将来性をお金に換えるサービス

<プロジェクト概要>
MBA受験のハードルを下げ、生まれや今の収入によらず誰でも夢に向かってキャリアを切り開くことが出来るようにするために立ち上げられたプロジェクト。

海外TOPMBA合格者がMBA卒業後の年収を担保に、MBA授業料を調達出来る仕組みを作ります。MBA合格者は卒業後一定期間の年収の一部を投資家に対して支払うことを条件に、債券を発行、投資/奨学金を募ることが出来ます。

投資家は、合格者の進学先MBAの卒業後年収予測データや、合格者のプロフィールを元に投資判断を行い、授業料支払いを支援します。特にMBA合格経験のある投資家については、カウンセラーとして支援を行った学生の受験・就職をサポートすることで分配金を最大化することが可能です。

投資対象を選択し切れない場合、投資家は受験カウンセラーとしての登録によって、単発でのカウンセリング(3千-1万程度)を受注することが可能で、カウンセリングを通じて、受験生・投資家の投資前コミュニケーションを促進します。

▼詳細及びエントリーはこちらから▼
https://nocodo.net/matching/matching-3738/

<募集について>

以上の3つが今回のマッチング対象プロジェクトとなります。いずれにおいても、「まずは話を聞いてみたい」というNoCoder/LowCoderの方は、ぜひこの機会にご応募ください。

本件に関する問い合わせ

メールアドレス:contact@nocodo.net
お問い合わせフォーム:https://nocodo.net/contact/
担当:高橋 翔、髙梨 真宏

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント