12.8 C
Japan
月曜日, 11月 28, 2022

オープンイノベーションの失敗につながる落とし穴は正しく対策しよう

オープンイノベーションは他社や他業種から知識や技術を取り入れ、新たなビジネスの創出や事業拡大につなげる取り組みです。ただしオープンイノベーションには失敗につながる落とし穴がいくつか存在することが意外と知られていません。
その事実を理解していないままにオープンイノベーションを行っても失敗のリスクは高まるばかりです。この落とし穴について正しく理解し、回避することがオープンイノベーションを成功に導きます。
本記事ではオープンイノベーションの落とし穴となりやすいポイントや陥らないための対策などについて解説します。
目次
・オープンイノベーションは失敗する可能性がある
・落とし穴になりやすい4つのポイント
・落とし穴に陥らないための対策
・オープンイノベーションの失敗リスクは軽減できる

オープンイノベーションは失敗する可能性がある

オープンイノベーションは企業の成長につなげる重要な取り組みですが、そのゴールを曖昧にしたまま行うと失敗につながります。他社や他業種から多くの人が参加するオープンイノベーションを取り入れての新規事業は、既存事業と全く異なるものです。他社や他業種から多くの人が参加します。

これまでの既存事業の考えのままに行えば、企業成長どころか失敗によって大きな損失を被りかねません。失敗につながる具体的な落とし穴については後述していますのでご確認ください。

落とし穴になりやすい4つのポイント

オープンイノベーションは新たな技術や知識を取り入れられる反面、失敗の可能性もあります。ここでは落とし穴になりやすい4つのポイントについてみていきましょう。

オープンイノベーション実施が目的化

実施の目的を明確にせず、オープンイノベーションの実施自体が目的化しているケースがあります。新しいビジネスの創出を目的とするはずのオープンイノベーションが、実施した事実の満足してしまっている状態です。

この場合、本来の目的からは外れているため、結果的には機能せず、失敗の可能性が高まります。「なぜオープンイノベーションを行うのか」というその目的に対し、達成に向けた施策や改善の徹底が大切です。

不平等な契約

不平等な契約はスタートアップ企業と大企業の間で起こりやすい落とし穴の1つです。スタートアップ企業が開発したサービスのライセンスを提供するように大企業が要求するなど、搾取行為が行われていた例もあります。

オープンイノベーションの実施で大切なのは対等な立場で取り組むことです。共創を目指す仲間と対して、このような不平等な契約を求めることは新たな価値の創出の弊害となるでしょう。お互いの企業が尊重し合い、対等な立場であることがオープンイノベーション成功の秘訣です。

特定の個人に依存

特定の個人に依存するオープンイノベーションは、失敗のリスクが高まります。オープンイノベーションのよる事業開発は前例のない内容である場合が多く、決まった対応方法が存在しないケースが多いです。

そのような状況下で特定の個人の力量や能力に依存していると、異動や退職などがあればそのプロジェクト自体が停滞します。最悪の場合、頓挫する場合もあるでしょう。

特定の個人ではなく、チームで取り組みフォローし合える仕組みを構築すれば、プロジェクトの停滞や頓挫を防止できます。

担当部署や担当者の権限が弱い

担当部署や担当者の権限が弱い中でのオープンイノベーションは失敗につながりやすいです。スタートアップ企業の場合は経営者や経営陣が直接プロジェクトに参加する場合が多いでしょう。

しかし大企業の場合はプロジェクトの担当者が主として参加する場合が一般的です。そこで担当者側の権限が弱いと意思決定のスピードに遅れが生じてしまい、プロジェクト全体へと影響を及ぼします。

担当者に対して、できるかぎり大きな予算や強い権限を持たせることが、オープンイノベーションを成功させる要因となるのです。

落とし穴に陥らないための対策

オープンイノベーションに取り組む企業は増加傾向にあるものの、確実に成功する保証はありません。ここではオープンイノベーションの落とし穴に陥らないための具体的な対策について紹介します。

高い解像度のゴール設定

オープンイノベーションによるゴールを高い解像度で設定することが重要です。オープンイノベーションは新たなビジネスを創出するための手段であり、実施が目的ではありません。

高い解像度のゴールを設定することで今やるべきことが明確になり、それに伴う仮説検証をしやすくなります。常にゴールに正しく向かっているかを確認することが成功への近道となるでしょう。

同じ立場でのプロジェクト進行

プロジェクトに参加するメンバーが同じ立場で進行できているかも重要です。同じ立場かつ同じ熱量を持っていないと関係構築が難しくなり、その結果としてオープンイノベーションの失敗につながります。

大企業やスタートアップ企業、研究機関などが同じ立場を保てるような配慮や仕組みが必要です。

失敗も成功へのステップとして捉える

失敗も成功のステップとして捉えることも必要です。前述の通り、オープンイノベーションは前例のないことに挑戦するケースが多いでしょう。

誰も取り組んだことのないことに挑戦するということは、その分失敗をする可能性も高くなます。しかし失敗を失敗として評価せず「なぜ失敗したのか」かに着目し、次のステップに活かせるどうかが重要です。

オープンイノベーションの失敗リスクは軽減できる

ここまでオープンイノベーションの落とし穴となりやすいポイントや陥らないための対策などについて解説しました。

オープンイノベーションには失敗につながりやすい落とし穴があることがご理解いただけたと思います。ただしその落とし穴はプロジェクトの進行方法や捉え方を少し工夫するだけで、対策することが可能です。

今回紹介した内容を参考に、失敗リスクを低いオープンイノベーションを実践していきましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント