12.8 C
Japan
木曜日, 7月 29, 2021

Public dots & Company、地方公務員104人の回答を分析|「官民共創に関する自治体意識調査2021」を発表

Public dots & Companyは、「官民共創に関する自治体意識調査2021〜熱意と推進力の差が生まれる要因とは〜」を発表した。本レポートは、官民共創型マッチングプラットフォーム「逆プロポ」の事務局を務めるPdCとSCALAが、一般社団法人官民共創未来コンソーシアムと共同で、官民連携/官民共創の実務経験を有する公務員を対象に、自治体と企業による今後のオープンイノベーションのあり方に関するアンケート調査を取りまとめたものである。また、2021年7月21日19時〜、本レポートの結果を読み解く自治体職員向けのオンランセミナーも開催される。

【レポートダウンロードURL】https://gyaku-propo.com/download
【オンラインセミナーURL】https://kan-min0721.peatix.com/

調査概要

【対象】:官民連携/官民共創の実務経験を有する公務員104人

【調査方法】:インターネットを利用したオンライン調査

【調査実施期間】:2021年5月1日~5月31日

【回答者属性】:企画系21人、財政系6人、情報/デジタル系5人、その他
       (観光、まちづくり、教育、福祉、インフラ、都市計画など)

結果概要

行政と民間企業によるオープンイノベーション、いわゆる官民共創について、回答者の9割が「今後加速する」と回答しているほか、イノベーションを促進するもの、阻害するものなどがアンケート調査から浮き彫りになった。
今後、イノベーションが加速する領域としては、SDGsや公共アセット、観光、移動/交通、防災などが上位にランクインし、これらの領域とテクノロジーのかけ算による、DXがビジネスとしても期待されそうである。

本レポートの詳細は以下のURLまたはQRコードより閲覧できる。

https://gyaku-propo.com/download

また、2021年7月21日19時〜、本レポートの結果を読み解く自治体職員向けのオンランセミナー「公務員104人から聞いた官民共創の課題と未来」も開催される。
セミナーの詳細は以下のURL参照。

https://kan-min0721.peatix.com/

背景

経営学者のヘンリー・チェスブロウ氏が「オープンイノベーション」という概念を発表したのが2003年。21世紀に入って、産業界では自前主義での研究開発および投資が必ずしも成果に結び付かず、外部のアイデアや技術を活用している企業の方が結果を出している事例が現れていることから、チェスブロウ氏が垂直統合型(クローズドイノベーション)から水平分業型(オープンイノベーション)への移行を唱えた。
今、公共セクターも同じ問題に直面している。厳しい財政と、複雑化、多様化する社会課題を前に、自治体はすべての公共サービスを自前主義で提供するのが難しくなっている。こうした背景から、近年、行政と民間企業によるオープンイノベーション、いわゆる官民共創に注目が集まっているのである。

官民共創に関する自治体意識調査2021の目次

・はじめに
・用語集
・エグゼクティブサマリー
・官民連携/官民共創の専門部署をもつ自治体ともたない自治体
・重要度も取り組みも加速する官民連携/共創
・専門組織を有する町村に注目、アジャイル型の官民連携/共創が生まれる土壌
・広域自治体、政令指定都市でも専門組織をもたないところも
・複雑化、多様化する社会課題、80%は解決策が明確ではないと回答
・行政と民間企業の共創型社会課題解決は加速の可能性
・DXのポイントは社会課題との掛け合わせ
・官民連携/共創に対する自治体の取組度
・課題と解決策への具体性の度合い(解像度)
・opinion

株式会社Public dots & Companyについて

社名株式会社Public dots & Company
設立2019年05月
所在地東京都渋谷区渋谷2-24-12渋谷スクランブルスクエア15F SHIBUYA QWS BOOSTER7
代表者伊藤大貴
事業概要コンサルティング事業
教育・スコアリング事業
共創事業
URLhttps://www.publicdots.com
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】暮らしの未来を創造する次世代のプラットフォーマーへ | イオンモールがスタートアップと協業

【オープンイノベーションインタビュー】 「アジア50億人の心を動かす企業へ」をビジョンに掲げるイオンモールは、「Life Design Developer」として、人々のライフスタイルの向上と地域社会の発展に貢献することをミッションに、国内外の大型商業施設を開発から運営まで一気通貫で手掛けるディベロッパー企業です。 同社はこの度、ライフスタイルの変容や地域の社会課題に対して、商業施設の枠組みを越え、新たな「暮らしの未来」を創造する事業領域を拓くべく、Crewwのプラットフォーム「Creww Growth」を用いて、アクセラレータープログラムを開催します。イオンモール株式会社DX推進部 ビジネス開発担当部長 野口 耕司氏に、オープンイノベーションへ乗りだすに至った思いを伺いました。 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #イオンモール #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

現代の社会課題である食品ロスを解決する「Freeat(フリート)」

【ファウンダーインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。CrewwのSTARTUP STUDIOプログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、Freeat(フリート)です。 #フードテック #SDGs #インキュベーションプログラム #スタートアップスタジオ #Freeat #フリート #大挑戦時代をつくる #Creww

潜在的イノベーターの挑戦と覚醒を促す“パートタイム”という選択肢

【新プロジェクトインタビュー】 “大挑戦時代をつくる。”をビジョンに掲げ、数々のオープンイノベーションを
支援してきたCreww社が、スタートアップへパートタイムで参画できるプロジェクトを開始します。
SHIFT(x)プロジェクトで実施する新たな取り組みについて、担当者にインタビューしました。 #スタートアップ #
SHIFT(x) #シフトエックス #STARTUPSTUDIO #スタートアップスタジオ #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】大阪メトロ アドエラがスタートアップ協業で目指す「ローカル経済を結びつけた大阪の活性化!」

【アクセラレーターインタビュー】 株式会社 大阪メトロ アドエラがスタートアップとのオープンイノベーションに乗り出した。人口減少による交通利用の影響に立ち向かうべく、2025年に向け新しい事業の柱を創っていくという大阪メトログループ全体のミッションがある中、各グループで新規事業創出に向けた準備が着々と進められていたが、新型コロナウィルスの影響がよりこの流れを加速させたと言う。 そんな中、大阪メトロアドエラではスタートアップの斬新なアイデアや先進的な技術を取り入れ、協業による新規事業を生み出すべくアクセラレータープログラムを開催する。大阪メトロアドエラの新規事業創出を担う事業創造本部の奈良大和氏に、オープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップとの共創に向けた狙いや想いを伺った。 #大阪メトロアドエラ #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント