12.8 C
Japan
土曜日, 10月 23, 2021

M&AクラウドがSeven Rich Groupと業務提携|スタートアップへ多様な成長手段を提供

オンラインM&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」を運営するM&Aクラウドは、“新たなスタートアップエコシステムの形成”に向けてM&Aを中心とした多様な成長手段の提供・支援することを目的に、スタートアップを中心に企業の経営支援に強みを持つSeven Rich Groupと業務提携を締結した。本提携の第一弾の取り組みとして、Seven Rich Group及びSeven Rich会計事務所の顧問先企業に対して、企業成長に向けたM&A及びアライアンス支援を無料で実施する。

“新たなスタートアップエコシステムの形成”に向けてM&Aを中心とした多様な成長手段の提供・支援

シリコンバレーなどを中心にアメリカでは、スタートアップのイグジットの8割以上がM&Aであることや、GAFAなどのテックカンパニーがM&Aによって事業を急速に拡大・成長させるなど、経営戦略や企業の成長手段としてM&Aが主流となっている。一方で、日本国内ではスタートアップの多くがIPOを目指す傾向にあり、成長手段としてのM&Aはまだ普及していないのが現状である。

出典:総務省「進化するデジタル経済とその先にあるSociety 5.0」より「ベンチャー投資先の株式公開(IPO)とM&A件数の日米比較」https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r01/html/nd123230.html

このような中、スタートアップが株式の一部を大手企業に売却してグループインし、大手企業のリソース(ヒト・モノ・カネ)を最大限に活用して事業を拡大した後、子会社として上場を目指すような、いわゆる「2段階イグジット」を狙ったM&A事例が見られるなど、日本でも『成長戦略としてのM&A』も徐々に生まれつつある。しかしながら、このようなスタートアップM&Aに関するノウハウや実績は少なく、動きはまだまだ限定的だ。

M&Aクラウドは、「成長戦略としてのM&A」の普及・拡大に向け、プラットフォームの提供により蓄積されたデータや、スタートアップM&Aに関するノウハウを提供することで、スタートアップがより多様な成長手段を選択できる社会の実現を目指し、この度、Seven Rich Groupとの業務提携を締結に至っている。

第一弾の取り組みについて

M&Aクラウドは、2021年2月にM&Aや資金調達など企業成長に向けたアライアンスをハンズオンで支援する新事業部「M&A Cloud Advisory Partners(以下、MACAP(エムエーキャップ))」を設立し、2021年5月末時点でスタートアップM&Aのプロフェッショナルである8名のアドバイザーが所属している。

一方、Seven Rich Groupは、これまでスタートアップ企業を中心に700社以上の経営支援に加えて、グループとして10以上の自社事業の立ち上げや、30社以上のスタートアップ投資を行うなど、新規事業開発や創業・経営支援を強みとしている。

今回の業務提携の取り組み第一弾として、Seven Rich Group及びSeven Rich会計事務所の顧問先企業の中で、M&A等に成長戦略に関する相談を希望する企業に対して、「MACAP」を通じてM&Aアドバイザリーやアライアンス支援などを無料で提供する。

※参考:2021年2月25日配信プレスリリース
M&Aクラウド、企業成長に向けたアライアンスを支援する新事業部「M&A Cloud Advisory Partners」を設立(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000018978.html

日本のスタートアップ市場のさらなる成長に向けて

両社の提携を通じて、今後はSeven Rich Groupの豊富な顧客ネットワークや社内リソースを活用した総合的な経営支援による事業グロース、そしてM&Aクラウドのテクノロジーを活用して、サービス上で最適なタイミングで会社売却や事業譲渡、資金調達を実施するなど、スタートアップの成長を支援する新たなエコシステムの構築に向けた協業を進める。

また、企業の支援だけではなく、起業家の支援も強化し、上記エコシステムを活用した「シリアルアントレプレナー創出プログラム(仮名)」などの新たなサービス開発の検討も進め、日本のスタートアップ市場のさらなる成長に寄与する。

各社コメント

<Seven Rich会計事務所 代表取締役社長 服部 峻介氏のコメント>

本連携によって、伴走するお客様に提供できるようになることは「M&Aという選択肢に対する、超具体的な支援」です。弊社はスタートアップ支援を得意としており、M&Aの相談機会はこれまで多くありました。しかし、アドバイスすることはできても、充分に買い手とお繋ぎできるレベルではありませんでした。そこで今回、実績豊富なプラットフォームであるM&Aクラウドさまと連携することで、ただ口を出すだけではなく実際に企業のご縁づくりまで可能になりました。
私たちは多くの経営者様と向き合う中で、IPOにとらわれない、企業にフィットした多様な経営スタイルがあっていいものだと日々感じています。そしてM&Aクラウドさまの向き合う市場課題もこれに一致していると考えます。思いを同じくする企業として、共にスタートアップ市場の広がりに貢献していけますと幸いです。

<M&Aクラウド 代表取締役CEO 及川厚博のコメント>

副業解禁や脱終身雇用の流れなど、ビジネスにおいて人材の多様性・流動性が高まる一方で、起業家のキャリアは非常に画一的・固定的であるのが現状です。M&Aは「起業家のキャリア支援」という側面もあり、M&Aクラウドとしても、”起業家のキャリアももっと多様であるべき”という想いのもと事業を展開しています。本提携を通じて、IPO主義が先行する市場にもっと多くの選択肢をもたらすことで、企業のみならず、起業家の支援を強化し、昨今のスタートアップ市場の新しい流れを作ることを目指してまいります。

株式会社M&Aクラウドについて

2015年12月創業。「テクノロジーの力でM&Aに流通革命を」をミッションに、オンラインM&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド(https://macloud.jp/)」を運営。従来の仲介モデルから発想を転換し、業界初となる求人広告型M&Aプラットフォームのビジネスモデルを構築した。
買い手企業は「求人ポータルサイト」のようにWeb上へ買収窓口を設置し、M&A方針・実績を発信することで売り手企業を集め、売り手企業は「売却手数料無料」で、買い手企業の情報閲覧および直接売却打診のコンタクトが可能。スムーズなM&Aの実現を支援している。

オンラインM&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」は、2018年5月のサービス開始後わずか3か月で9.2億円のディールが成立。直近では、売り手の登録社数約5,000社、買い手の掲載社数が約380社など、急速な成長を遂げている。さらに、実際にサービスを利用している売り手ユーザーが希望の買い手企業に出会えている確率は84%と、買い手企業がM&A・出資ニーズを公開していることにより、ミスマッチの少ない、圧倒的なマッチング率を実現している。

社名株式会社M&Aクラウド
設立2015年12月7日
所在地東京都新宿区新宿一丁目34-16 清水ビル3階
代表者及川 厚博・前川 拓也
URLhttps://corp.macloud.jp/
社名株式会社SevenRichAccounting
設立2011年7月7日
所在地東京都渋谷区渋谷3-19-1 渋谷オミビル4F
代表者服部 峻介
URLhttps://sevenrich.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

「カナエ」が見据える未来|パッケージ業界にイノベーションを起こしたい

【オープンイノベーションインタビュー】昭和31年創業。軟包装材料の加工・販売事業からスタートし、現在は「パッケージ」を核に、医薬品・化粧品・食品・トイレタリー&ケミカル・メディカルの5分野を主体として事業展開を進める株式会社カナエが、既存事業に対する新しい発想を求めて、オープンイノベーションを決意。スタートアップとの共創にかける思いを、代表取締役社長 中澤 孝氏に伺いました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #カナエ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

世界初! 辛さの単位を作った「辛メーター」。伊藤忠商事のアクセラレータープログラムでアイデアが形に

【スタートアップの流儀/インタビュー】定期的に食べたくなる辛い料理。しかし、辛さの基準は店によって違うため、残念な気持ちを味わった人は少なくないだろう。この体験に終止符を打つべく、辛さの単位を作ったのが辛メーター株式会社だ。映画監督・江口カン氏の「辛さの単位を作りたい」というアイデアに賛同した作家の元木哲三氏、そして周りに集まったプロフェッショナル達の高い熱量を、伊藤忠商事のアクセラレータープログラムが強力に後押し。どんな経緯で辛メーターは作られ、これからどのような展開を目論んでいるのか。元木氏に話を聞いた。 #伊藤忠商事 #辛メーター #アクセラレータープログラム #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント