12.8 C
Japan
日曜日, 11月 27, 2022

M&AクラウドがSeven Rich Groupと業務提携|スタートアップへ多様な成長手段を提供

オンラインM&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」を運営するM&Aクラウドは、“新たなスタートアップエコシステムの形成”に向けてM&Aを中心とした多様な成長手段の提供・支援することを目的に、スタートアップを中心に企業の経営支援に強みを持つSeven Rich Groupと業務提携を締結した。本提携の第一弾の取り組みとして、Seven Rich Group及びSeven Rich会計事務所の顧問先企業に対して、企業成長に向けたM&A及びアライアンス支援を無料で実施する。

“新たなスタートアップエコシステムの形成”に向けてM&Aを中心とした多様な成長手段の提供・支援

シリコンバレーなどを中心にアメリカでは、スタートアップのイグジットの8割以上がM&Aであることや、GAFAなどのテックカンパニーがM&Aによって事業を急速に拡大・成長させるなど、経営戦略や企業の成長手段としてM&Aが主流となっている。一方で、日本国内ではスタートアップの多くがIPOを目指す傾向にあり、成長手段としてのM&Aはまだ普及していないのが現状である。

出典:総務省「進化するデジタル経済とその先にあるSociety 5.0」より「ベンチャー投資先の株式公開(IPO)とM&A件数の日米比較」https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r01/html/nd123230.html

このような中、スタートアップが株式の一部を大手企業に売却してグループインし、大手企業のリソース(ヒト・モノ・カネ)を最大限に活用して事業を拡大した後、子会社として上場を目指すような、いわゆる「2段階イグジット」を狙ったM&A事例が見られるなど、日本でも『成長戦略としてのM&A』も徐々に生まれつつある。しかしながら、このようなスタートアップM&Aに関するノウハウや実績は少なく、動きはまだまだ限定的だ。

M&Aクラウドは、「成長戦略としてのM&A」の普及・拡大に向け、プラットフォームの提供により蓄積されたデータや、スタートアップM&Aに関するノウハウを提供することで、スタートアップがより多様な成長手段を選択できる社会の実現を目指し、この度、Seven Rich Groupとの業務提携を締結に至っている。

第一弾の取り組みについて

M&Aクラウドは、2021年2月にM&Aや資金調達など企業成長に向けたアライアンスをハンズオンで支援する新事業部「M&A Cloud Advisory Partners(以下、MACAP(エムエーキャップ))」を設立し、2021年5月末時点でスタートアップM&Aのプロフェッショナルである8名のアドバイザーが所属している。

一方、Seven Rich Groupは、これまでスタートアップ企業を中心に700社以上の経営支援に加えて、グループとして10以上の自社事業の立ち上げや、30社以上のスタートアップ投資を行うなど、新規事業開発や創業・経営支援を強みとしている。

今回の業務提携の取り組み第一弾として、Seven Rich Group及びSeven Rich会計事務所の顧問先企業の中で、M&A等に成長戦略に関する相談を希望する企業に対して、「MACAP」を通じてM&Aアドバイザリーやアライアンス支援などを無料で提供する。

※参考:2021年2月25日配信プレスリリース
M&Aクラウド、企業成長に向けたアライアンスを支援する新事業部「M&A Cloud Advisory Partners」を設立(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000018978.html

日本のスタートアップ市場のさらなる成長に向けて

両社の提携を通じて、今後はSeven Rich Groupの豊富な顧客ネットワークや社内リソースを活用した総合的な経営支援による事業グロース、そしてM&Aクラウドのテクノロジーを活用して、サービス上で最適なタイミングで会社売却や事業譲渡、資金調達を実施するなど、スタートアップの成長を支援する新たなエコシステムの構築に向けた協業を進める。

また、企業の支援だけではなく、起業家の支援も強化し、上記エコシステムを活用した「シリアルアントレプレナー創出プログラム(仮名)」などの新たなサービス開発の検討も進め、日本のスタートアップ市場のさらなる成長に寄与する。

各社コメント

<Seven Rich会計事務所 代表取締役社長 服部 峻介氏のコメント>

本連携によって、伴走するお客様に提供できるようになることは「M&Aという選択肢に対する、超具体的な支援」です。弊社はスタートアップ支援を得意としており、M&Aの相談機会はこれまで多くありました。しかし、アドバイスすることはできても、充分に買い手とお繋ぎできるレベルではありませんでした。そこで今回、実績豊富なプラットフォームであるM&Aクラウドさまと連携することで、ただ口を出すだけではなく実際に企業のご縁づくりまで可能になりました。
私たちは多くの経営者様と向き合う中で、IPOにとらわれない、企業にフィットした多様な経営スタイルがあっていいものだと日々感じています。そしてM&Aクラウドさまの向き合う市場課題もこれに一致していると考えます。思いを同じくする企業として、共にスタートアップ市場の広がりに貢献していけますと幸いです。

<M&Aクラウド 代表取締役CEO 及川厚博のコメント>

副業解禁や脱終身雇用の流れなど、ビジネスにおいて人材の多様性・流動性が高まる一方で、起業家のキャリアは非常に画一的・固定的であるのが現状です。M&Aは「起業家のキャリア支援」という側面もあり、M&Aクラウドとしても、”起業家のキャリアももっと多様であるべき”という想いのもと事業を展開しています。本提携を通じて、IPO主義が先行する市場にもっと多くの選択肢をもたらすことで、企業のみならず、起業家の支援を強化し、昨今のスタートアップ市場の新しい流れを作ることを目指してまいります。

株式会社M&Aクラウドについて

2015年12月創業。「テクノロジーの力でM&Aに流通革命を」をミッションに、オンラインM&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド(https://macloud.jp/)」を運営。従来の仲介モデルから発想を転換し、業界初となる求人広告型M&Aプラットフォームのビジネスモデルを構築した。
買い手企業は「求人ポータルサイト」のようにWeb上へ買収窓口を設置し、M&A方針・実績を発信することで売り手企業を集め、売り手企業は「売却手数料無料」で、買い手企業の情報閲覧および直接売却打診のコンタクトが可能。スムーズなM&Aの実現を支援している。

オンラインM&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」は、2018年5月のサービス開始後わずか3か月で9.2億円のディールが成立。直近では、売り手の登録社数約5,000社、買い手の掲載社数が約380社など、急速な成長を遂げている。さらに、実際にサービスを利用している売り手ユーザーが希望の買い手企業に出会えている確率は84%と、買い手企業がM&A・出資ニーズを公開していることにより、ミスマッチの少ない、圧倒的なマッチング率を実現している。

社名株式会社M&Aクラウド
設立2015年12月7日
所在地東京都新宿区新宿一丁目34-16 清水ビル3階
代表者及川 厚博・前川 拓也
URLhttps://corp.macloud.jp/
社名株式会社SevenRichAccounting
設立2011年7月7日
所在地東京都渋谷区渋谷3-19-1 渋谷オミビル4F
代表者服部 峻介
URLhttps://sevenrich.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント