12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

地方の新規事業開発と技術革新ならスタートアップと協業しよう

地方都市で新規事業開発に悩みがある場合、スタートアップとの協業がヒントになります。スタートアップとの協業は、コストや時間を削減するなどメリットが多くあります。地方のオープンイノベーション先進事例や、中小・中堅企業とスタートアップの相性がいい理由をまとめました。地方の新規事業担当者はぜひ参考にしてください。
目次
・地方のオープンイノベーション先進地域事例
・中小・中堅企業こそスタートアップと協業しよう
・地方でのオープンイノベーションができること
・地方で新規事業開発するならオープンイノベーションを検討してみよう

地方のオープンイノベーション先進地域事例

オープンイノベーションが活発なのは東京のような大都市だけだと思っていませんか?実は、地方都市でも自治体や地元企業が旗振り役となってオープンイノベーションに積極的に取り組んでいるところがあります。その事例を見てみましょう。

【福岡】ITスタートアップが集積

福岡は九州の中心的な都市であるとともに、東アジアへの玄関口として発展してきました。福岡県はかつて、石炭産業で大きく発展しました。しかし現在では、石炭需要の低下とともに主力であった重化学工業が衰退。次なる産業の柱を生み出すべくオープンイノベーションに取り組んでいます。

スタートアップやIT企業誘致を熱心に行い、行政の手厚い支援、オフィス賃料の安さなどが材料となって、多くのスタートアップが福岡で新規事業開発に取り組むようになりました。Fukuoka Growth Nextというインキュベーション施設では、海外スタートアップもビザやオフィスの相談が可能。IT企業にとっては注目の地域となっています。

【名古屋】モビリティ開発が進展

名古屋といえば、トヨタ自動車を中心とした自動車産業の経済圏が広がっていることが特徴です。裾野産業まで含めれば、愛知県全体がものづくりのメッカといっても過言ではありません。しかし、自動車業界にも自動運転など技術革新の波が訪れており、変革が迫られています。そのような背景があり、名古屋ではモビリティ関連の新規事業開発が活発になっているのです。

トヨタ自動車はモビリティ分野のスタートアップに出資や協力を積極的にしていますが、行政の方がそれに背中を押された形でアクセラレーションプログラムやインキュベーション施設の設置がはじまっています。

【仙台】防災テックの最先端が集まる

仙台は東北地方の中心的な都市です。大企業の支店や物流の拠点などが多数あり、人やモノがつねに行き交って活気のある都市ですが、2011年の東日本大震災では大きな被害を受けました。これを受けて、仙台市は「防災環境都市」という目標を掲げ、防災や環境変動に強いまちづくりを目指しています。

具体的には、NTTドコモがドローンを使って津波の状況確認、避難の指示などの実証実を行い、ノキアグループも同様の実験を行いました。防災以外の部分でも「X-TECHイノベーション都市・仙台」を旗印に、漁業・農業などの従来型産業とテクノロジーを掛け合わせて技術革新を目指すプロジェクトを行っています。オープンイノベーションにとくに積極的な地域として注目されているのが仙台なのです。

中小・中堅企業こそスタートアップと協業しよう

「スタートアップと協業して新規事業開発をするなんて大企業がすること」そう思っていませんか?実は、中小・中堅企業こそスタートアップとの相性がいいことがあるのです。

地方にも協業の考え方が浸透してきている

近年は地方の自治体でもイノベーションに関する予算を持つようになってきました。そのため、自治体においても技術革新やオープンイノベーションが自分事になってきているのです。

そもそも、シード期(創業したばかり)のスタートアップと中小・中堅企業の相性は非常にいいと言われています。なぜなら、これからプロトタイプを作って検証する段階の小さなスタートアップなら、大きな顧客基盤を必要としないからです。そのためシード期のスタートアップと中堅企業が組んだ新規事業開発の成功事例が徐々に生まれてきており、地方においてもスタートアップとの協業は珍しいことではなくなっています。

中小・中堅企業はフットワークの軽さが強み

中小・中堅企業はオーナー経営の場合が多く、意思決定のスピードが速いのが魅力です。これがスピード感を求めるシード期のスタートアップと相性が良い一番の理由でしょう。仮説と検証をスピーディーに実行できるので、スタートアップにとってはむしろ大企業と比べて、やりやすい環境だといえます。

地方でのオープンイノベーションができること

研究開発の促進

自社だけでは開発が難しい商品・サービスも、外部資源を利用すれはスピーディーかつ高水準の研究開発が可能になります。他社と研究開発に取り組むオープンイノベーションは、今や企業戦略のひとつとして欠かせないものとなりました。それは地方でも例外ではありません。スタートアップと協業することで、最新の技術を効果的に取り入れることが可能です。

地域課題の解決

近年のオープンイノベーションのトレンドとして挙げられるのが地域課題の解決です。単に売れる商品をつくって売上や株価が上がるだけでなく、その商品を通してどんな社会を実現したいのかが求められる時代になってきています。今ではオープンイノベーションは地方創生にも役立つと考えられるようになり、地域特有の課題を解決するオープンイノベーションが必要とされています。

地方で新規事業開発するならオープンイノベーションを検討してみよう

オープンイノベーションと地方は相性がいいことがおわかりになったのではないでしょうか。地方で新規事業開発したくても突破口がなくて悩んでいるなら、オープンイノベーションが解決策になる可能性があります。ぜひチャレンジしてみてください。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント