12.8 C
Japan
土曜日, 9月 18, 2021

中堅企業こそ新規事業開発にオープンイノベーションの活用を!メリットやデメリットも解説

「オープンイノベーション」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。オープンイノベーションは新規事業開発などに活用できる取り組みとして、中堅企業を中心に近年注目を集めています。
当記事では中堅企業のオープンイノベーションの実施状況や活用によって得られるメリット、デメリットなどを紹介します。オープンイノベーションへの理解を深めていただき、今後の事業経営に活かしてください。
目次
・中堅企業におけるオープンイノベーションの実施状況
・中堅企業がオープンイノベーションで得るメリット
・中堅企業がオープンイノベーションをするデメリット
・中堅企業にこそオープンイノベーションが必要

中堅企業におけるオープンイノベーションの実施状況

オープンイノベーションとは外部の技術やノウハウを活用することで、新しいサービスや製品の創出を目指すことを指します。つまり外部連携によって自社技術と他社技術を組み合わせ、新たな商品やサービスを提供するということです。

オープンイノベーションは以前に比べれば浸透しつつありますが、中堅企業におけるオープンイノベーションの実施はあまり進んでいないのが実情です。2019年に中小企業庁が発表した「中小企業白書」によれば、中堅企業は大企業から研究開発の連携相手として期待されているというデータもあります。

ただし経済産業省が発表している平成31年の「企業におけるオープンイノベーションの現状と課題、方策について」によれば「ほとんど変化がない」と答えた企業は全体の5割弱にあたる52.3%でした。「実施しない」または「断念する」と答えた理由の多くが人手不足や経営状況にあるのです。

オープンイノベーションの実施の増加を図るには、中堅企業がより円滑に連携できる仕組みの構築が求められます。

参考:中小企業白書 2019 中小企業庁  経済産業省
企業におけるオープンイノベーションの現状と課題、方策について

中堅企業がオープンイノベーションで得るメリット

中堅企業がオープンイノベーションで得るメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは具体的に4つ紹介します。

新規事業などが人材育成につながる

オープンイノベーションは外部と連携し、新しい商品やサービスを生み出す方法です。そのため新規事業の立ち上げや運営に似ている部分が多くあります。

新規事業を立ち上げる経験や外部とのコミュニケーションスキルなどが培われ、結果的に人材育成につながりやすいのです。

中長期的なコストダウンが図れる

外部が持つ技術やノウハウを有効に活用することで、開発コストの削減や開発期間の短縮につながる可能性があります。スキルや経験を持った人材を効率的に登用できるため、人材確保も容易です。

自前ですべて開発するとなると、多額のコストと時間を投資することになり、ノウハウも一から蓄積する必要があります。オープンイノベーションの実施は時間や手間の削減につながり、中長期的なコストダウンが可能です。

異業種の新たな文化を知れる

オープンイノベーションを行うと他社との連携が活発になり、同業他社だけでなく、異業種の方とも関わる機会が増えます。異業種の文化に触れることで、柔軟な発想が養われ、新しいアイデアの創出にもつながるでしょう。人材育成はもちろんのこと、会社全体の活性化につなげることも可能です。

新たな顧客層にアプローチできる

オープンイノベーションは、自社では想定できなかった新たな顧客層へのアプローチが可能です。資金や技術、ノウハウを共有しプロジェクトを進めるオープンイノベーションにおいては、これまで損失を恐れてできなかったことにも積極的に挑戦できます。

中堅企業における新規顧客の開拓や新商品のリリースなどの創出を手助けしてくれる取り組みといえるでしょう。

中堅企業がオープンイノベーションをするデメリット

ここでは中堅企業がオープンイノベーションを行うデメリットを3つ紹介します。

技術やノウハウ流出の可能性

オープンイノベーションは外部と連携しながら進めるため、自社の技術やノウハウを公開する必要があります。その分、自社技術やノウハウが流出する可能性があることも認識しておかなければなりません。

オープンイノベーションの実施においては、公開して良い情報とクローズにする情報とを明確にし、徹底して情報管理を行う必要があります。

コミュニケーションの課題が増える

オープンイノベーションは異業種の方とのコミュニケーションに課題が出る場合もあります。認識や考え方の違いから社員や会社間でのトラブルに発展することもあるため注意しましょう。

本来持つ開発力の低下

外部技術を取り入れすぎると、本来持つ自社の開発力の低下につながるおそれがあります。特に自社の主力技術は今後も業界を生き抜くための基礎部分です。

オープンイノベーションを行った結果、自社の開発力が低下してしまっては意味がありません。自社のコアとなる開発力の維持に努めましょう。

重要なのはオープンイノベーションで得たノウハウをどのようにして自社の開発力に加えていくかです。

中堅企業にこそオープンイノベーションが必要

ここまで中堅企業がオープンイノベーションを活用するメリットとデメリットについて紹介しました。オープンイノベーションは新規事業創出や開発コストの削減、人材育成など、中堅企業にとって重要な課題をクリアする方法の1つです。

しかしオープンイノベーションはメリットだけではありません。情報流出のおそれやコミュニケーション不足による社員同士のトラブル、自社開発力の低下など今後の経営に影響を与えるデメリットも潜んでいます。

オープンイノベーションのメリットとデメリットのいずれも正しく理解し、実施の可否を冷静に判断することが重要です。企業同士が共存共栄できる効果的なオープンイノベーションを目指しましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【協業企業募集】日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【ビジネスアイデア募集】近代国家を作った薩摩藩・鹿児島の企業と一緒に、次の未来を切り拓きませんか|NTTドコモ主催

【オープンイノベーションインタビュー】 2021年9月13日より募集が始まる、「鹿児島アクセラレーター2021」。これは、鹿児島県内の企業と全国のスタートアップとのオープンイノベーションにより、新たな価値創出を目指す、NTTドコモ主催のプログラムだ。参加する地域企業は、南日本新聞と南日本放送、主に建設業を営む渡辺組の3社。そこに、NTTドコモが強力なサポーターとして参画する。今回のプログラムを主催する背景や期待することなどについて、NTTドコモ九州支社 鹿児島支店 法人営業部 部長の坂本亨氏に話を伺った。 #募集 #NTTドコモ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

伝統工芸品のカスタムオーダーサービスで、職人による手仕事のすばらしさを広めたい!|「magokoro(まごころ)」

【スタートアップインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。 CrewwのSTARTUP STUDIO(スタートアップスタジオ)プログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、magokoro(まごころ)です。 #studioインタビュー #インキュベーションプログラム #スタートアップ #STARTUPSTUDIO #magokoro #まごころ #伝統工芸品 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント