12.8 C
Japan
土曜日, 6月 25, 2022

業界別!オープンイノベーションを推進する企業20選

オープンイノベーションとは、製品や技術、研究や組織などにイノベーションを起こすことを目的とし、自社以外の組織や資源を活用する事を意味します。 本記事を読むことで、オープンイノベーションを実際に推進する企業を知り、その推進内容も理解できるでしょう。自社のオープンイノーベーションの味方とするべき企業決定にも役立ちます。
目次
・商品を製造や生産する【事業会社】
・解決策を示す【コンサルティング会社】
・企業に投資する【ベンチャーキャピタル】
・共創を目的とする【事業成長支援会社】
・オープンイノベーションは支援で加速化する

商品を製造や生産する【事業会社】

事業会社とは商品の製造や生産を主軸事業とする企業のことです。ここではオープンイノベーションを推進する事業会社について紹介します。

1.NTTデータ

NTTデータは世界各国のベンチャー企業との包括的なオープンイノベーションを展開しているのが特徴です。オリックス銀行やNTTドコモなどとの共同研究によって、貿易金融分野では国内初となる、ブロックチェーン技術の適用可能性を確認させました。

2.富士フィルム

早い段階から企業間のオープンイノベーションを推進してきたのが富士フイルムです。2014年にビジネスパートナーとの共創を目的とした「Open Innovation Hub」を開設しました。日本のオープンイノベーションの先駆けともいえる存在です。

3.オムロン

オムロンはAIを活用した生産ラインの構築によって自律的に制御可能な生産体制を目指しています。そのアプリケーション開発には、オープンイノベーションによる社外の知見も取り入れているのです。

4.大日本印刷

大日本印刷では「DNP INNOVATION PORT」を開設し、生活者視点での新たな価値創出を目指しています。「食とヘルスケア」や「知とコミュニケーション」を成長領域として捉え、共同事業を行うパートナーを募集しているのです。

5.トヨタ自動車

トヨタ自動車には「TOYOTA NEXT」と呼ばれるオープンイノベーションプログラムがあります。大手や中小、ベンチャー企業、研究機関などが保有するアイデア、テクノロジーを活用して、車を通じた様々な共同開発を進めているのです。

解決策を示す【コンサルティング会社】

コンサルティング会社とは、企業が抱える経営課題を明らかにし、解決の提案をする企業です。ここではオープンイノベーションを推進するコンサルティング会社について紹介します。

1.ナインシグマ・ホールディングス

ナインシグマ・ホールディングスは技術分野特化型のオープンイノベーションを世界中の企業に提供しています。オープンイノベーションの活用提案など、幅広く支援しているのが特徴です。

2.アビームコンサルティング

アビームコンサルティングは企業がビジネスを拡充する為の課題発見やニーズ調査を得意としています。調査結果をもとに、協業メリットが大きい企業を選び、戦略的に支援を行う企業です。

3.デロイト トーマツ ベンチャーサポート

デロイト トーマツ ベンチャーサポートはスタートアップ企業と大企業をマッチングする「six brain」を展開しています。独自に集めたデータをAIに学習させ、高い精度のマッチングを実現しているのです。これまで半年以上もかかっていたマッチングを最短1分間で行えるようになりました。

4.アクセンチュア

アクセンチュアが持つ業界の知見やデータベースを基にして、ビジネスモデルの最新トレンドを探ります。 様々な業界の学術や研究機関と協同し、オープンイノベーションにのよる支援サービスを提供しているのです。

5.グロービス

グロービスは大手企業とスタートアップのマッチングやアクセラレータープログラム支援によってオープンイノベーションを推進しています。再現性の高い事業創造ノウハウを持つグロービスだからこその共創が得意です。

企業に投資する【ベンチャーキャピタル】

ベンチャーキャピタルとは、ベンチャー企業やスタートアップ企業に対して出資を行う企業のことです。中でもオープンイノベーション推進の力を入れているベンチャーキャピタルについて紹介します。

1.サムライインキュベート

サムライインキュベートはICT領域における事業創造に特化した支援を行う企業です。今後の社会課題の解消や変化への対応を考えれば、グローバルな視点でのオープンイノベーションは必須といえます。サムライインキュベートは日本だけでなく、イスラエルやアフリカ、中国など企業との実績があるのです。

2.PERSOL INNOVATION FUND

PERSOL INNOVATION FUNDは介護や外食などのビジネス領域における資本提携や業務提携を推進する企業です。グループ企業とスタートアップの協業の推進し、必要に応じて出資も行っています。

3.NTTドコモ・ベンチャーズ

NTTドコモ・ベンチャーズは国内外の協創を推進する企業です。コーポレートベンチャーファンドの運営やスタートアップ向けのイベント運営など開催しています。

国内外のベンチャー企業が持つ技術やノウハウと、NTTドコモやその他のNTTグループとの協創を推進しているのです。

4.サイバーエージェント・キャピタル

サイバーエージェント・キャピタルは日本だけでなく米国や中国、東南アジアなどのIT関連企業への投資育成を行っています。グローバル・イノベーションに挑戦し続ける共創キャピタルの1つです。

5.近鉄ベンチャーパートナーズ

近鉄ベンチャーパートナーズは、近鉄グループとベンチャー企業の協創推進を図るベンチャーキャピタルです。オープンイノベーションを通じて社会課題の解決を図り、地域社会の発展に貢献しています。 

共創を目的とする【事業成長支援会社】

続いては共創を目的とする、事業成長会社について紹介します。

1.アドライト

アドライトは明確な課題に基づいた新規事業の実現をサポートする企業です。リーンスタートアップやデザイン思考を用いた仮説検証を得意としています。

2.ゼロワンブースター

ゼロワンブースターはコーポレートアクセラレータープログラムにより、企業の価値向上の手助けを行う企業です。コーポレートアクセラレータープログラムとは、大企業が主体となるスタートアップに対して支援するプログラムを指します。大手企業との共創サポートを得意とする事業成長支援会社の1つです。

3.AUBA

AUBAは全国各地あらゆる法人が参加する日本最大のオープンイノベーションプラットホームを持っています。業務提携を求める幅広いジャンルの企業から提携先を見つけられるのが特徴です。

4.ロングブラックパートナーズ

ロングブラックパートナーズは成長支援を行うコンサルティング企業です。クライアント企業の課題を診断し、その結果をもとに「計画策定支援」「伴走型実行支援」「課題解決支援」などを行います。

5.Creww

Crewwは新規事業への挑戦をトータルサポートする企業です。スタートアップや事業会社が持つ多様なニーズに対応するサービスを多く提供します。オープンイノベーションプログラムの開催実績も業界トップクラス。スタートアップと企業がオープンイノベーションを通じて事業成長できるように支援しています。 

オープンイノベーションは支援で加速化する


ここまでコンサルティング会社や事業成長支援会社などに焦点を当て、オープンイノベーションを推進する企業20社を紹介しました。1つの企業や組織だけで、イノベーションを起こすには限界があります。

そこで企業がオープンイノーベーションを取り入れることで、技術やノウハウを集結させることができるため、事業の成長を加速化することができるのです。現在、オープンイノベーションを検討している企業は是非参考にしてください。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント