12.8 C
Japan
土曜日, 12月 3, 2022

地方特化型の副業マッチングプラットフォーム「Loino」が、北都銀行の副業人材の活用支援をサポート!

総合人材サービス、パーソルグループのパーソルイノベーション株式会社が運営する地方特化型副業マッチングプラットフォーム「Loino」は、フィデアグループの株式会社北都銀行の地域活性に向けた副業人材の活用支援においてサポートを開始したことを発表した。

業務提携の背景

昨今、若年層の減少や都市部への人口流出等により、地方企業における人材不足は深刻さを増しています。一方、2018年の副業元年から始まり、働き方改革やコロナ禍の影響もあり、副業を解禁する企業は増加しています。

これにより、地方企業が抱える手つかずの課題や新規プロジェクトの推進といった経営課題の解決において、雇用形態にとらわれない専門人材の活用が、より身近になってきました。

しかし実際に外部の専門人材を活用するにあたっては、人材要件の定義や依頼業務の具体化、契約実務、マネジメントなどが企業にとっての新たな障壁となり、外部専門人材を活用したくても思うように実現できないのが現状です。

課題を抱える地方企業と都市部副業人材のマッチングプラットフォームである「Loino」は、取引先企業の経営課題の解決や事業成長を支援する北都銀行のサポートを通じて地域企業の副業人材活用をご支援し、地域活性に貢献してまいります。

業務提携の概要

 本件において北都銀行は、取引先企業の人材ニーズを見極めたうえで適切な副業人材を「Loino」を通じて紹介し、「Loino」は、副業人材と企業とのマッチングとフォローアップを行います。

「Loino」とは

「Loino」は、移住・転職せずにリモートでも貢献できる“地方副業”を支援する地方特化型の副業マッチングプラットフォームとして、2020年12月7日(月)にオープンβ版のサービスを開始しました。都市部に勤務する経営企画、マーケティング、新規事業開発、人事、IT・WEBをはじめとした企画系の専門人材をメインターゲットに“地方副業”のマッチングを目指します。

(1)<副業人材を探す企業側>掲載費無料!副業人材の募集から稼働までをサポート

「Loino」は掲載費無料で、副業人材の募集から稼働まで一連のフローをサポートします。

求人広告制作のノウハウを持つ担当者が取材をして副業案件票を作成するほか、応募者の中から企業の課題解決のために適切な人材の絞り込みを行い、マッチング後には契約周りのフォローなど、スムーズに副業人材をご活用いただけるよう支援します。

副業人材である個人への報酬と「Loino」への手数料を月々お支払いいただく料金体系で、個人への報酬と「Loino」手数料を合わせて月額10万円程度からご利用いただけます。

(2)<副業を探す個人側>登録は簡単!無料で希望する副業案件の検索・閲覧・応募が可能

副業を探す個人は自身のスキルや経歴、稼働条件などを入力することで登録でき、無料で希望する副業案件の検索・閲覧・応募することができます。

(3)パーソルグループの地域パートナーと連携し、副業案件2,000件の掲載を目指す

地方における中小企業の副業案件獲得にあたっては、各地方とのリレーションがカギとなります。

パーソルグループでは、2016年1月より開始された内閣府による「プロフェッショナル人材事業」の登録民間人材ビジネス事業者としてマッチング支援を行っており、全国43道府県にあるプロ人材拠点との連携実績を保有するほか、パーソルキャリアでは、2018年8月より開始した地域金融機関向けの「地域人材活性基盤」サービスによって、これまでに50社の地域金融機関との業務提携を行っています。

パーソルグループとして培ってきたこれらの全国における地域パートナーとの連携を活かし、「Loino」では2023年3月までに累計2,000件の副業案件の獲得を目指してまいります。

パーソルイノベーション株式会社について

パーソルイノベーション株式会社は、パーソルグループの次世代の柱となる事業創造を目的として、2019年4月に事業を開始しました。

テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援を行う「TECH PLAY(テック プレイ)」、日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」、シフト管理サービス「Sync Up(シンク アップ)」をはじめとした新サービスを運営するとともに、新たな事業開発やオープンイノベーション、デジタルトランスフォーメーションを推進、パーソルグループのイノベーションを加速していきます。
▶︎https://persol-innovation.co.jp/

PERSOL(パーソル)について

パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様な事業を展開しています。グループの経営理念・サステナビリティ方針に沿って事業活動を推進することで、持続可能な社会の実現とSDGsの達成に貢献していきます。

また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも積極的に取り組み、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援を行う「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。
▶︎https://www.persol-group.co.jp/

https://studio.creww.me/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント