12.8 C
Japan
金曜日, 6月 25, 2021

DIVE INTO CODE、JICA主催の「Africa Open Innovation Challenge」に採択

DIVE INTO CODEは、JICAが主宰するAfrica Open Innovation Challengeの一つである、ベナンでの「社会のデジタル化を推進するためのIT人材育成を可能にするイノベーション」に採択された。

オープンイノベーションで、日本およびアフリカの技術や協業アイデアを募集

JICAにより、科学・技術・イノベーション(Science, Technology and Innovation: STI)とアフリ力の社会課題・ニーズをマッチングさせ、これまでのやり方にとらわれない発想で社会課題の解決に取り組む「Africa Open Innovation Challenge」が実施されている。

特に、科学・技術・イノベーション(Science, Technology and Innovation: STI)を活用し、より包括的で持続的な開発を進めるための調査を実施している。

Africa Open Innovation Challengeは、その一環として、オープンイノベーションによる日本およびアフリカの民間企業、政府、各種団体、学術機関等の持つ技術やアイデアを募集する取り組みである。
DIVE INTO CODEが採択された「社会のデジタル化を推進するためのIT人材育成を可能にするイノベーション」は、ベナンで社会課題とされている「ICT人材育成教育の十分な普及」、「育成したICT人材へ就業機会の提供」の解決に貢献出来る事業を募集したものである。

今回の採択によって、ベナン人へDIVE INTO CODEの受講システムである「DIVER」を活用したプログラミング学習の機会を提供するとともに、教育メンター・ITエンジニアとして自社採用、現地IT企業への就職、起業家としての独立など、コースの修了生全員に就業機会を提供することが目標とされている。また、現地と連携して、卒業制作として現地の社会課題を解決するITソリューションの発表会を行い、国内外の官民連携(Public Private Partnership)を強化して課題解決に貢献することを目指している。

今後の展望について

これまでもDIVE INTO CODEでは、「すべての人が、テクノロジーを武器にして活躍できる社会をつくる」事業目的のもと、アフリカ諸国での事業展開を進めていた。

2020年10月には、JICAの「中小企業・SDGsビジネス支援事業~案件化調査(中小企業支援型)~」に採択され、セネガル共和国にある仮想大学(バーチャル大学)への講座提供が決定している。

一般財団法人海外産業人材育成協会(AOTS)が提供する寄附講座事業の採択を受け、2021年1月よりシエラレオネ共和国にある大学UNIMTECH、2021年3月よりベトナム社会主義共和国にあるホーチミン市工科大学の学生に「機械学習エンジニアコース」の講座も提供した。

DIVE INTO CODEは、持続可能なビジネスの展開と、「質の高い教育をみんなに」というSDGsの目標達成に貢献している。

Africa Open Innovation Challengeについて

JICAでは、アフリカ地域の開発課題を解決すべく、技術協力プロジェクトや技術専門家等と連携し、 科学・技術・イノベーション(Science, Technology and Innovation: STI)の適用可能性にかかる調査を実施している。
公式URL:https://openinnovation-2020.com/

DIVE INTO CODEについて

「IT教育の力でチャンスをつかめる場と量のNo.1になる」をミッションに掲げ、Web/機械学習エンジニアとして就職することを目指す人を対象としたITエンジニア育成スクールを運営している。2015年10月よりスクール事業を開始し、現在までに、累計で約4,000名がセミナーやスクールを受講している。Webエンジニアコースと機械学習エンジニアコースが提供されている。
※)新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「緊急体制によるオンライン運営」の詳細については、HPの最新情報を確認。なお、オンライン運営の継続解除は1ヶ月前までに発表される。

社名株式会社DIVE INTO CODE
設立2015年4月10日 
所在地東京都渋谷区円山町28番4号大場ビルA館
代表者野呂 浩良
事業概要人材育成・教育サービス
プログラミングスクール「DIVE INTO CODE」
卒業生による開発サービス「SECONDTEAM」
エンジニア人材紹介サービス「DIVE INTO WORK」
人材派遣事業(許可NO: 派13-312919)
URLhttps://diveintocode.jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】「人間と自然の掛け橋」に。兵庫県加古川市の優良企業ムサシがスタートアップ協業

【オープンイノベーションインタビュー】 明治時代に全国屈指の金物のまち兵庫県三木市で金物問屋として創業し、1983年にムサシを設立。加古川に本社を置く同社は、高枝切鋏のムサシとして業績を軌道に乗せ、今現在はセンサーライトと園芸用品のムサシとして事業成長をしている優良中堅企業です。 そんな人と自然に関わる事業を展開する地域の牽引企業として、ここ数年最前線で課題に感じているのは、高齢者が加速するライフスタイルの多様化についていけない現状なのだとか。 そこで、スタートアップとの協業により、企業の枠を超えて社会課題解決につながるサービスや製品を生み出すべく、Crewwのオープンイノベーション支援サービスを使い、アクセラレータープログラム開催に向けて一歩を踏み出しました。 オープンイノベーションに乗り出すに至るまでの思いを、株式会社ムサシ代表取締役社長の岡本篤氏に伺ってみました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #ムサシ #大挑戦時代をつくる #Creww

日野自動車「本気のDX」。デジタルがブルーオーシャンの物流業界を変革し、日本に活力を

【アクセラレーターインタビュー】 1942年の設立以来、社会にとって必要不可欠なトラック・バスづくりを担い、日本の物流を支えてきた日野自動車。しかし、技術革新やライフスタイルの多様化に伴い、人や物の移動を取り巻く環境は急速に変化。さらに、ドライバー不足やCO2排出量の削減、持続可能な交通網の維持など、解決すべき社会課題は多岐にわたっています。 そこで、自社でのソリューション開発・提供だけでなく、他社との協業による社会課題解決を目指し、「HINO ACCELERATOR 2021 -HINO DE SAFARI-」を実施。スタートアップの技術やアイデアに日野のアセットを掛け合わせることで、物流業界や社会の課題を解決し、新たな価値提供を目指しています。具体的にどのような思いで取り組んでいるのか、日野自動車CDO(Chief Digital Officer)デジタル領域長の小佐野豪績氏に話を伺いました。

「呼べば5分で届く世界」セイノーHDとエアロネクストがオープンイノベーションで描く空の革命

【アクセラレーターインタビュー】 既存物流とドローン物流を連結・融合させた新スマート物流サービスを確立すべく、2021年1月にセイノーHDとエアロネクストが業務提携を締結。現在、山梨県小菅村にて、無在庫化と無人化を特徴とする、スマートサプライチェーン「SkyHubTM」の実証と実装にむけたプロジェクトを展開中です。 今回は、セイノーHDの河合 秀治氏とエアロネクスト田路 圭輔氏にご登壇いただき、「 SkyHubTM」についての詳細や協業に至った経緯、今後のビジョンなどについてお話しいただきました。 #オープンイノベーション #業務提携 #アクセラレーターインタビュー #セイノーホールディングス #エアロネクスト #SkyHubTM #スカイハブ #小菅村 #実証実験 #ドローン物流 #大挑戦時代をつくる #Creww

物流ソリューションの未来を切り開く為、これまでの常識にとらわれない「次の物流」の開発に、スタートアップの皆さまとチャレンジさせていただきたい。

【アクセラレーターインタビュー】 物流業界大手の佐川急便が、2021年度もアクセラレータープログラムを実施します。2014年からオープンイノベーションに積極的に取り組んできた同社は、スタートアップとのアライアンス活動の要となる新たな基地として、昨年「HIKYAKU LABO」を新設。物流を取り巻く環境や顧客ニーズが激変する中、スタートアップとの協業によって持続可能な社会を作るべく、社会課題の解決に取り組んでいます。「アクセラの審査には通過しなかったとしても、応募いただいたスタートアップとは何かしらの協業を模索したい」と語る執行役員・藤野博氏に、佐川急便がオープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップと狙いたい領域などを伺いました!
Facebook コメント