12.8 C
Japan
日曜日, 5月 16, 2021

地方の新規事業はオープンイノベーション!ポストコロナの行方を解説

新型コロナウィルスの流行が観光業や飲食業をはじめ、世界経済に大きな打撃を与えています。今までの働き方を変えざるをえない状況から、自社におけるDX推進の必要性を再認識した方も多いのではないでしょうか。
地方は観光との関連が深い都市が多く、今後自社の経営戦略を見直す企業が増えることが予想されます。すでに社内でデジタル化や新規事業創出を任されている方もいるでしょう。
地方で新規事業を成功させるにはいくつかポイントがあり、その中でも特に重要なのがオープンイノベーションの活用です。ポストコロナ時代にますます重要性を増すオープンイノベーションの役割をこの記事では詳しく紹介します。
目次
・地方で新規事業を成功させるポイント
・鍵を握るのはオープンイノベーション
・地方のオープンイノベーション事例
・ポストコロナはオープンイノベーションが鍵

地方で新規事業を成功させるポイント

民間企業も自治体もせっかく地方で新規事業を立ち上げたのに失敗してしまうケースがあります。そこで、地方で新規事業を成功させるポイントは以下4点です。

地域の独自性を活かす

新規事業の成否を見極める基準のひとつとして、「独自性が明確であるか」という点がしばしば挙げられます。そこで地方で新規事業を立ち上げるのであれば、地域ならではの独自性に注目することが大切です。

ただし、地方自治体のケースですが、まちビジネス事業家の木下斉氏は”「ありえない地域の独自性」や、「実現不可能な新規性を踏まえた内容」”を計画してしまうと、”採択後、実行の段階では自分たちの首を絞める”ことになると述べています。

出典:東洋経済ONLINE「地方活性化の新規事業が大失敗する3つの要因」

新規事業にはインパクトも欠かせませんが、専門家のノウハウも活用しつつあくまで実現可能な範囲で独自性を見出すようにしてください。

人材確保

地方では、プロフェッショナル人材の不足が課題といわれます。内閣府の定義では、プロフェッショナル人材は「新たな商品・サービスの開発、その販路の開拓や、個々のサービスの生産性向上などの取組を通じて、企業の成長戦略を具現化していく人材」のことです。

ここでは、人材確保手段として4点に注目します。

政府の取り組み

政府は地域活性化には各地域での新たな質の高い雇用を創出することが重要ととらえ、2016年よりプロフェッショナル人材戦略事業を開始しました。プロフェッショナル人材を求めている場合、全国の各地に存在するプロフェッショナル人材戦略拠点に相談可能です。

相談時には、充分なヒアリングがおこなわれた上で人材ビジネス事業者に取り次ぎ、該当する人材が紹介されます。

クラウドソーシングの活用

近年、クラウドソーシングを活用する企業が増えています。クラウドソーシングは、ネットを通じて世界中の人たちに仕事を発注できるようになる点がメリットです。

そのため、地方に拠点をおく企業であっても、人材面で地理的ハンディキャップを解消することができます。

スタートアップとの協業

スタートアップには、まだ有名でなくても独自の技術を有している企業が多いです。特にDX推進関連で人材に困っている場合には、スタートアップとの協業も重要です。

スタートアップスタジオの活用

スタートアップスタジオは起業家がエンジニアなど各方面のプロフェッショナルと協力してスタートアップや新規事業を作り続ける場です。スタートアップスタジオを活用することで、リソースが不足していても新規事業を体験することができます。

自治体との協力関係を構築

地域活性化につながる新規事業を立ち上げるのであれば、自治体の連携が欠かせません。ふるさと納税をはじめ、自治体は様々な業務を民間に委託しているため、自治体の業務受託を狙うのもひとつの方法です。公共団体と仕事をすることで、回収の懸念がない点や自社の信用力を高めることができる点など様々なメリットが見込めます。

なお、地元のスタートアップが地方自治体の実証実験に協力しているケースも多いです。

オープンイノベーション支援サービスを活用

しかし、地元のスタートアップとどこで接点をもてば良いかわからない方も多いはずです。そこで企業とスタートアップが出会い、 共創で「事業開発」をおこなうことが可能なプラットフォーム、オープンイノベーション支援サービスを活用してください。

オープンイノベーションについては次でもう少し詳しく解説します。

鍵を握るのはオープンイノベーション

先程紹介したことをまとめると、新規事業の成功には「ノウハウ」「人材」「自治体やスタートアップとの接点」が必要になります。それらを一度に手に入れる方法がオープンイノベーションの活用です。

地方の課題を解決できる

オープンイノベーションとは、外部からノウハウや技術を募集、集結して革新的なビジネスモデルを開発すること。外部のリソースを活用することができるため、少子高齢化・過疎化に伴う人材不足という地方の課題も解決できます。

ポストコロナで重要性が増す

新型コロナウィルスの流行とともに、テレワークという新しい働き方が浸透するようになりました。また、デリバリーやIT関連など急速に需要が増えた分野も多いです。

社会の急激な変化に対応するため、デジタル部門などの対応を進める必要があります。しかし、自社内だけでは対応できないことも多いのではないでしょうか。そこで、外部の力を活用したオープンイノベーションの重要性が今後さらに高まるはずです。

地方のオープンイノベーション事例

実際に地方で進められているオープンイノベーションとして、以下の事例があります。

札幌市IoTイノベーション推進コンソーシアム

2016年、札幌の強みを活かして先端技術を活用した新たなビジネスを創出するために産官学で設立されました。コンソーシアム内で様々なオープンイノベーションが進められており、世界で初めてリアルタイムの都市型フルデマンド公共交通運行に成功した「SAVS」もそのひとつです。
▶︎詳しくはこちら https://www.city.sapporo.jp/keizai/top/topics/it/iotlab.html

滋賀SDGs×イノベーションハブ

滋賀県と経済界が協力する官民連携の組織で、課題解決型新ビジネスをサポートするために2018年に創設されました。企業・大学・行政やSDGsをビジネスにつなげるアイディアを持つ個人をつなげる役割があります。
▶︎詳しくはこちら https://s-sdgs-ih.jp/

ポストコロナはオープンイノベーションが鍵

ポストコロナ時代に新規事業を成功させるためには、「地域の独自性に注目する」「地域課題を解決する」「デジタル化による生産性向上」が基盤となってきます。オープンイノベーションを活用することにより、外部の技術力やアイデア力、人材の力を自社の経営資源に掛け合わせることができるので、より新規事業を加速することができます。

地方企業で新規事業立ち上げを任されている方は、オープンイノベーションの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

世界シェアNo. 1の日本金銭機械が、スタートアップとあらゆる社会課題の解決を目指す

【アクセラレーターインタビュー】 カジノ業界での金銭処理のパイオニアとして世界シェアNo. 1を誇る、日本金銭機械株式会社(Japan Cash Machine co.,ltd.)。世界中で貨幣の法的秩序を保ち、貨幣に対する信頼や社会の治安維持に貢献してきた同社は、既存のビジネス領域にとらわれない、新たな社会課題解決を目指して、アクセラレータープログラムを実施する。具体的に、どのようなスタートアップと協業し、どんな領域で新規ビジネスを創出したいと考えているのか。新規ビジネス開拓部の小林崇亮 氏にお話を伺った。 ※応募の締め切りは2021年4月30日(金)17時です。

日本生命とシェアダインによるオープンイノベーション!生活習慣病や働く子育て世帯、美容・健康に気遣う人に新たな価値を創出

【オープンイノベーション インタビュー】 「100年先も、大切な人の想いをいちばん近くで支える」をキャッチコピーに、人生100年時代を支える事業共創パートナーを募集した、日本生命アクセラレーター2018。スタートアップとの協業は初めてだったが、採択された出張シェフによる作り置きサービス「シェアダイン」とは、2019年の実証実験を経て2020年には資本提携を結び、コラボレーションを実現させている。具体的に、どのような課題を解決するためにアクセラを導入したのか、またシェアダインとはどのような取り組みを実施しているのか、日本生命保険相互会社 総合企画部イノベーション開発室の関 正之 氏と、本店法人営業第二部 法人部長(2018年当時)の大野 光明 氏に話を伺いました。 #日本生命 #オープンイノベーション #アクセラレーター #シェアダイン #協業事例 #大挑戦時代をつくる #Creww

「人の森」の挑戦ーオープンイノベーションでワクワクするような未来をつくりたい

【オープンイノベーションインタビュー】昭和15年創業、昭和40年代には日本最大の砂利会社となり、国土開発に貢献してきた「相模興業株式会社」が、2013年に「人の森株式会社」へと社名を変更。会社としての使命を、繁栄・発展から社会への貢献・人の幸せづくりへと大きく舵きりしました。事業領域を広げる中で、今回「ウェルネス・水・農業」の3部門において、アクセラレータープログラムによるオープンイノベーションを決意。スタートアップとの協業にかける思いを、人の森株式会社 代表取締役 加藤 政徳氏に伺いました。 #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #スタートアップ #人の森 #大挑戦時代をつくる #Creww

まだ世の中にない新たな体験価値を創出する、「香り噴霧器」の製品化を目指す|アネスト岩田のオープンイノベーション

自動販売機から美味しそうなコーヒーの香りが漂ってきたら、新しい購入体験にならないだろうか――。スタートアップとの協業により、既存技術を生かした“飛び地”の新規事業創出に取り組んでいる、アネスト岩田。 そんな同社が2020年から導入したアクセラレータープログラムで、香り空間演出・プロデュース事業を展開するスタートアップ「SceneryScent」との協業を進めているのは、発電システムチームの和泉孝明氏です。具体的に、どのような挑戦をしているのかを伺いました。 #アネスト岩田 #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント