12.8 C
Japan
日曜日, 5月 16, 2021

グロービス、アクセラレータープログラム「G-STARTUP 3rd batch」の採択企業13社を決定!

グロービスは、スタートアップ企業を対象とするアクセラレータープログラム「G-STARTUP」において、第3期の採択企業13社を決定しました。4月以降、採択企業に対して、成功した起業家やベンチャー支援の専門家などによる講義、現役のベンチャー・キャピタリストによるメンタリングを通じたプロダクト開発・事業開発・資金調達の支援を開始する。当期より、メイントラック採択企業には500万円超の原則投資も実行される。

「G-STARTUP」は、ユニコーン企業を100社輩出するプラットフォームを目指し、2019年4月にスタートした。将来的に日本を代表するベンチャー企業へ成長することが期待されるスタートアップの起業家を採択し、グロービスが培ってきた5つのインフラ(ヒト、カネ、チエ、ネットワーク、大企業連携 ※1)を提供することで、プロダクト、ビジネスモデル、チームの成長を支援し、ユニコーンとしての成長に必要な資金調達を支援する。

「G-STARTUP」第3期(3rd Batch) 採択企業(Main Track)13社 

※五十音順(掲載希望社名のみ)

IoTBASE株式会社
株式会社atta
Rsmile株式会社
ANVIE株式会社
株式会社エーアイセキュリティラボ
emol株式会社
株式会社スペースエンジン
株式会社datagusto
株式会社HANOWA
株式会社PalledAd
株式会社ランプ
株式会社Resilire

2021年7月29日(木)には、プログラム期間中の成果を発表するデモデイ(成果発表会)を開催予定としており、グロービス・キャピタル・パートナーズ(略称GCP)を始め、国内有数のベンチャー・キャピタル、エンジェル投資家ら出資検討者を招聘して資金調達の機会を提供する。

グロービスではこれまでにビジネスパーソンの起業を支援するため、グロービス経営大学院の創造系科目を通じて講座を提供している。加えて、最大1000万円を出資するビジネスプランコンテスト「GLOBIS Venture Challenge」や、在校生または卒業生が起業したベンチャー企業に最大1億円を投資するプログラム「GLOBIS Alumni Growth Investment」を実施している。またGCPでは、150社以上の投資実績を持ち、運用総額累計は1000億円を超えるなど、グロービス全体でユニコーン輩出の「first to last」ベンチャーの生態系構築を精力的に推進している。

(※1)グロービスが「G-STARTUP」で起業家に提供する「5つの確たるインフラ」
1. ヒト
約7000人の在校・卒業生を抱えるグロービス経営大学院の起業家人材
2. カネ
投資社数150社超に上るグロービス・キャピタル・パートナーズの約1000億円の累計運用資産
3. チエ
累計販売数300万部の書籍出版、2500本以上の動画と4000本以上の記事を配信する
「GLOBIS知見録」、登録ID数4万の動画学習サービス「グロービス学び放題」から提供される知恵
4. ネットワーク
日本を良くするプラットフォーム「G1」に集う、政治・経済・ビジネス・科学技術・文化など、
様々な分野の第一線で活躍するリーダーたちと繋がるネットワーク
5. 大企業連携
経営幹部育成の実績がある、大企業数百社との連携可能性

「Incubate Track」として採択するスタートアップ企業・チーム

今回採択した企業(Main Track)に加え、有望な19のスタートアップ企業・チームをIncubate Trackとして採択した。メンターとのマッチング、デモデイでの発表、原則投資以外は、Main Track採択企業とほぼ同様の学びや人的ネットワークなど、事業をブラッシュアップする機会を提供する。主な企業・チームは以下の通りある。

ascend株式会社 / アナウト株式会社 / 株式会社アニポス / 株式会社EARS / 株式会社HRport /  株式会社FRoots /  ガレージバンク株式会社 /  株式会社クアンド / 株式会社クロフィー / 株式会社ZINE /  株式会社showcase / 株式会社Study Valley / 株式会社Sozi / trevary株式会社 / 株式会社POTETO Media /  株式会社メッシュウェル / 株式会社メップル / 株式会社MONO Investment  (掲載希望社名のみ)

グロービス について

グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきた。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業を行うグロービス・コーポレート・エデュケーションとeラーニングやオンラインクラスのほか定額制動画学習サービス「グロービス学び放題」などを提供するグロービス・デジタル・プラットフォーム、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに情報発信サイト/アプリ「GLOBIS知見録」により、これを推進している。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1によるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOW による震災復興支援および社会的インパクト投資を展開している。

グロービス
学校法人 グロービス経営大学院
・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
・英語(東京、オンライン)
株式会社 グロービス
・グロービス・エグゼクティブ・スクール
・グロービス・マネジメント・スクール
・企業内集合研修
・出版/電子出版
・「GLOBIS 知見録」
・「GLOBIS Insights」
・「グロービス学び放題」
株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
GLOBIS ASIA CAMPUS PTE. LTD.
GLOBIS Thailand Co. Ltd.

その他の活動
・一般社団法人G1
・一般財団法人KIBOW
・株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント

社名株式会社 グロービス
設立1992年8月
所在地〒102-0084 東京都千代田区二番町5-1 住友不動産麹町ビル
代表者堀 義人
URLhttps://www.globis.co.jp
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

世界シェアNo. 1の日本金銭機械が、スタートアップとあらゆる社会課題の解決を目指す

【アクセラレーターインタビュー】 カジノ業界での金銭処理のパイオニアとして世界シェアNo. 1を誇る、日本金銭機械株式会社(Japan Cash Machine co.,ltd.)。世界中で貨幣の法的秩序を保ち、貨幣に対する信頼や社会の治安維持に貢献してきた同社は、既存のビジネス領域にとらわれない、新たな社会課題解決を目指して、アクセラレータープログラムを実施する。具体的に、どのようなスタートアップと協業し、どんな領域で新規ビジネスを創出したいと考えているのか。新規ビジネス開拓部の小林崇亮 氏にお話を伺った。 ※応募の締め切りは2021年4月30日(金)17時です。

日本生命とシェアダインによるオープンイノベーション!生活習慣病や働く子育て世帯、美容・健康に気遣う人に新たな価値を創出

【オープンイノベーション インタビュー】 「100年先も、大切な人の想いをいちばん近くで支える」をキャッチコピーに、人生100年時代を支える事業共創パートナーを募集した、日本生命アクセラレーター2018。スタートアップとの協業は初めてだったが、採択された出張シェフによる作り置きサービス「シェアダイン」とは、2019年の実証実験を経て2020年には資本提携を結び、コラボレーションを実現させている。具体的に、どのような課題を解決するためにアクセラを導入したのか、またシェアダインとはどのような取り組みを実施しているのか、日本生命保険相互会社 総合企画部イノベーション開発室の関 正之 氏と、本店法人営業第二部 法人部長(2018年当時)の大野 光明 氏に話を伺いました。 #日本生命 #オープンイノベーション #アクセラレーター #シェアダイン #協業事例 #大挑戦時代をつくる #Creww

「人の森」の挑戦ーオープンイノベーションでワクワクするような未来をつくりたい

【オープンイノベーションインタビュー】昭和15年創業、昭和40年代には日本最大の砂利会社となり、国土開発に貢献してきた「相模興業株式会社」が、2013年に「人の森株式会社」へと社名を変更。会社としての使命を、繁栄・発展から社会への貢献・人の幸せづくりへと大きく舵きりしました。事業領域を広げる中で、今回「ウェルネス・水・農業」の3部門において、アクセラレータープログラムによるオープンイノベーションを決意。スタートアップとの協業にかける思いを、人の森株式会社 代表取締役 加藤 政徳氏に伺いました。 #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #スタートアップ #人の森 #大挑戦時代をつくる #Creww

まだ世の中にない新たな体験価値を創出する、「香り噴霧器」の製品化を目指す|アネスト岩田のオープンイノベーション

自動販売機から美味しそうなコーヒーの香りが漂ってきたら、新しい購入体験にならないだろうか――。スタートアップとの協業により、既存技術を生かした“飛び地”の新規事業創出に取り組んでいる、アネスト岩田。 そんな同社が2020年から導入したアクセラレータープログラムで、香り空間演出・プロデュース事業を展開するスタートアップ「SceneryScent」との協業を進めているのは、発電システムチームの和泉孝明氏です。具体的に、どのような挑戦をしているのかを伺いました。 #アネスト岩田 #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント