12.8 C
Japan
日曜日, 12月 4, 2022

伝統企業も新規事業立ち上げが必要!持続的事業成長に必要なこととは

長年の歴史からブランド力や固定客を確保してきた伝統企業の経営者でも、グローバル化で激化する競争市場や国内市場の停滞から事業の将来性に不安を感じているかもしれません。不安を解消するためには、伝統企業といえど新規事業の立ち上げも検討しておくことが大切です。
この記事では、伝統企業を取り巻く課題を整理した上で、打開策としての新規事業をいかに進めるかを紹介します。

伝統企業を取り巻く課題とは

日本の多くの伝統企業は地元での知名度や固定客を武器に他社との競争に打ち勝ち、今まで生き残ってきました。しかし、近年の目まぐるしい変化から以下のような深刻な課題を抱える企業が増えています。

後継者不足

現在、日本の中小企業では経営者の高齢化が進んでおり、後継者不足も深刻です。さらに、伝統企業の多くはものづくり企業であり、製造業界の多くが人手不足に悩まされています。

少子高齢化に伴う需要不足

日本では少子高齢化が進んでいることから、国内では今までのような需要は見込めないでしょう。また、日本人の生活風習が欧米化したことから、以前とは伝統企業の商品に対する認識、ニーズも変わり始めています。

その一方で、海外からは類似した安価な製品が多く日本に輸入されています。今後ますます国内市場で勝ち残ることは難しくなるはずです。

課題の打開策

伝統企業が抱える課題を打開するためには、いくつかの戦略が考えられます。

M&Aの活用

後継者不足の悩みを解消するために使われる手段がM&Aや事業承継です。ただし、伝統企業は独自の技術を有していることも多く、いきなり未経験の人や外部の事業者が引き継ぐことができるものではありません。

M&Aを進める際には、早い段階で将来性を見極めて自社に相応しい後継者や企業を見つけることが重要です。また、この方法は経営権を手放すことを前提としているため、経営する伝統企業を事業成長させていきたいという代表者には適していません。

海外展開を模索する

国内市場に限界を感じ始めているのであれば、海外展開も視野に入れておかなくてはなりません。伝統企業は日本独自の文化を生かした製品も多いため海外消費者からのニーズも期待できます。

ただし日本とは文化やニーズが異なることも多いため、事前に進出エリアのリサーチを徹底した上で、柔軟な発想で戦略を立てていくことが大切です。また、国内と異なり、一から知名度を築き上げる必要があるため、ブランディングやマーケティング戦略を徹底しましょう。

新規事業を立ち上げる

国内市場であっても、今までとは違う事業に進出することで活路を見出すことができます。既存事業と異なる業界に進出することで、シナジー効果も期待できるでしょう。

自社の伝統を守りつつ、時代のニーズをキャッチした事業で利益を上げるという攻めの姿勢がこれからは求められます。

伝統企業が新規事業立ち上げに必要なこと

ここまで紹介してきたように、伝統企業が過酷な競争に打ち勝ち、事業成長を遂げるためには新規事業が重要です。伝統企業が新規事業を立ち上げる際は、今までの固定観念に囚われない斬新なアイデアを出していかなくてはなりません。

DX推進が不可欠

デジタルトランスフォーメーション(DX)は既存事業を改善するだけでなく、新規事業を構築する際にも今は欠かせないものとなっています。せっかく良いアイデアが生まれても、実現に必要な体制が整っていなければ新規事業を成功に導くことはできません。人手不足の中、効率よく品質の高いものを生み出すためにもDXは不可欠です。

オープンイノベーションが役立つ

伝統企業では、今までの伝統技術を承継することに注力していてICT関連の人材が足りていないことも多いです。しかし、外部に委託するとなると相当のコストがかかり、資本提携など他社と経営の結びつきを強めてしまうと、自社の主張が弱まり伝統が損なわれてしまうかもしれません。

この課題を解決するのが、オープンイノベーションを活用しながらDXを推進するという方法です。オープンイノベーションでは、自社だけでなく他社や他組織のノウハウや技術を取り込んで研究開発や改革を進めます。

オープンイノベーションを活用すれば、比較的短期間・低コストで他社のリソースを活用できるため、負担が少なくスピーディーにDXが推進できるでしょう。

伝統企業こそ今後DX推進が重要になる

変化の激しい今、各企業が生き残るためには持続的な事業成長を続け、過酷な競争を勝ち抜かなくてはなりません。知名度や固定客を抱える伝統企業も例外ではなく、即急にDXを進めて時代の流れに乗る必要があります。

ICT関連の専門家を欠く伝統企業がDX推進するには、外部専門家の力が必要です。そこで、低コストでスピーディーに外部のノウハウを活用できるオープンイノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント