12.8 C
Japan
土曜日, 1月 28, 2023

ニューノーマルのオープンイノベーションとは?変化とイノベーション創出が加速する

新型コロナウイルスの流行によって社会や経済の状況は大きな変化を余儀なくされました。社会構造のみならず、個人の「在り方」にも大きな影響を与えているでしょう。
この大きな変化に際し、ニューノーマルと称される「新しい常識」が定着しつつあるのです。ポストコロナの時代にオープンイノベーションはどうあるべきなのでしょうか。
当記事ではニューノーマル下でのオープンイノベーションの変化やプロセス、今後の展望などを解説します。

オープンイノベーションは今後どう変化するのか

オープンイノベーションとは外部の組織と連携し、そのノウハウやリソースを活用する手法のことです。イノベーションや新規事業の創出を目的とし、近年多くの企業が取り入れ始めました。

ではコロナによってその流れにはどう変化するのか見ていきましょう。

現状のオープンイノベーションの動向

コロナの影響から企業が先行きが不透明になり、スタートアップへの投資は中断されることが多くなっています。よって、オープンイノベーションの動きは鈍化していると言わざるを得ません。

ただし、今後も停滞し続けるというわけではなく、一時期的に保留しているという表現が適切でしょう。ニューノーマル下での社会や個人の意識の変化により、今までなかった産業が創出される可能性は十分にあります。

ニューノーマル下では、オープンイノベーションのニーズはより高まっていくのではないでしょうか。

コロナの影響によるワークスタイルの変化

コロナの影響によりテレワークが普及したことで、個人と企業ともにワークスタイルの変化を余儀なくされました。この変化は今後さらに多くの産業に影響を及ぼすでしょう。

一方、経済構造が変化すれば、その分新たなニーズが生まれることも予想されます。新たな生活様式や働き方よって新たな産業が創出される流れはニューノーマル下では当たり前となるかもしれません。

ニューノーマル下におけるオープンイノベーションのプロセス変更

コロナはオープンイノベーションのプロセスにも大きな変化を与え、多くのニューノーマルを創り出しています。そこで代表的なプロセス変更について見ていきましょう。

オンライン化により組み合わせが拡大

オープンイノベーションのプロセスにおいてもオンライン化が進行しています。オンライン化は物理的な制限を取り払い、より広い選択肢をもたらすでしょう。

オンライン化がオープン化を拡大させたことで、オープンイノベーションの特徴や効果はさらに増大したといえます。

グローバル視点のオープンイノベーション

オープン化が進めばその分、あらゆる規制が不要となります。グローバル視点で見れば、国境さえも規制の範囲外となるでしょう。

コロナの影響によって近距離の移動は規制されましたが、企業間においてはその距離を縮めている可能性もあるのです。ニューノーマル下で求められるのは、グローバル視点をベースとしてオープンイノベーションとなるでしょう。

ニューノーマル下でのオープンイノベーションの展望

コロナ後のオープンイノベーションはどう変化するのかは多くの企業にとって関心の高いことでしょう。そこでニューノーマル下での展望を解説します。

新たなイノベーションの創出

ニューノーマル下では、社会構造や経済構造が変化し、産業構造が根底から変化する可能性があります。過去の歴史からも、イノベーションはいつも「変化」がもたらすのです。

オンライン化を筆頭に自動化、省人化、省力化が進んでいなかった産業においても、今後は加速することでしょう。新しいイノベーションはすでに始まっているのかもしれません。

社会視点でより重要なものとなる

これまでオープンイノベーションは「これまでなかったものを作る」ことが大きな目的のひとつでした。しかし、ニューノーマル下においては、「社会が求めているものを作る」を目的としたオープンイノベーションが増加するでしょう。

医療や衛生、少子高齢化などの問題の根本から解消するようなイノベーションをスタートアップやベンチャー企業へ期待されます。

「個」の力を活かした経営がスタンダードに

ニューノーマル下では「個」の力を最大限活かした経営がスタンダードになるでしょう。イノベーションの創出だけでなく、営業や採用、マネジメントなどの観点から「個」としてフレキシブルに動ける組織に変化していかなければなりません。

「個」の力を経営に活かすオープンイノベーション的なアプローチで新たな経営を模索する必要があるのです。

今後はさらにイノベーションの創出が加速

コロナの影響は日本国内だけでなく、世界中の人々に大きな影響を与えました。世界の多くの人々が見えない不安や恐怖を感じ、さまざまな不自由さを感じていることでしょう。

しかし、このような共通体験、共通認識が新たなイノベーションを生み出すきっかけとなることもあるのです。ニューノーマル下でのオープンイノベーションは「人と人」「企業と企業」をつなぐ重要な役割を果たすでしょう。

オープンイノベーションが「共創」を創り、世界全体でイノベーションが加速するのではないでしょうか。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント