12.8 C
Japan
木曜日, 1月 20, 2022

ニューノーマルのオープンイノベーションとは?変化とイノベーション創出が加速する

新型コロナウイルスの流行によって社会や経済の状況は大きな変化を余儀なくされました。社会構造のみならず、個人の「在り方」にも大きな影響を与えているでしょう。
この大きな変化に際し、ニューノーマルと称される「新しい常識」が定着しつつあるのです。ポストコロナの時代にオープンイノベーションはどうあるべきなのでしょうか。
当記事ではニューノーマル下でのオープンイノベーションの変化やプロセス、今後の展望などを解説します。

オープンイノベーションは今後どう変化するのか

オープンイノベーションとは外部の組織と連携し、そのノウハウやリソースを活用する手法のことです。イノベーションや新規事業の創出を目的とし、近年多くの企業が取り入れ始めました。

ではコロナによってその流れにはどう変化するのか見ていきましょう。

現状のオープンイノベーションの動向

コロナの影響から企業が先行きが不透明になり、スタートアップへの投資は中断されることが多くなっています。よって、オープンイノベーションの動きは鈍化していると言わざるを得ません。

ただし、今後も停滞し続けるというわけではなく、一時期的に保留しているという表現が適切でしょう。ニューノーマル下での社会や個人の意識の変化により、今までなかった産業が創出される可能性は十分にあります。

ニューノーマル下では、オープンイノベーションのニーズはより高まっていくのではないでしょうか。

コロナの影響によるワークスタイルの変化

コロナの影響によりテレワークが普及したことで、個人と企業ともにワークスタイルの変化を余儀なくされました。この変化は今後さらに多くの産業に影響を及ぼすでしょう。

一方、経済構造が変化すれば、その分新たなニーズが生まれることも予想されます。新たな生活様式や働き方よって新たな産業が創出される流れはニューノーマル下では当たり前となるかもしれません。

ニューノーマル下におけるオープンイノベーションのプロセス変更

コロナはオープンイノベーションのプロセスにも大きな変化を与え、多くのニューノーマルを創り出しています。そこで代表的なプロセス変更について見ていきましょう。

オンライン化により組み合わせが拡大

オープンイノベーションのプロセスにおいてもオンライン化が進行しています。オンライン化は物理的な制限を取り払い、より広い選択肢をもたらすでしょう。

オンライン化がオープン化を拡大させたことで、オープンイノベーションの特徴や効果はさらに増大したといえます。

グローバル視点のオープンイノベーション

オープン化が進めばその分、あらゆる規制が不要となります。グローバル視点で見れば、国境さえも規制の範囲外となるでしょう。

コロナの影響によって近距離の移動は規制されましたが、企業間においてはその距離を縮めている可能性もあるのです。ニューノーマル下で求められるのは、グローバル視点をベースとしてオープンイノベーションとなるでしょう。

ニューノーマル下でのオープンイノベーションの展望

コロナ後のオープンイノベーションはどう変化するのかは多くの企業にとって関心の高いことでしょう。そこでニューノーマル下での展望を解説します。

新たなイノベーションの創出

ニューノーマル下では、社会構造や経済構造が変化し、産業構造が根底から変化する可能性があります。過去の歴史からも、イノベーションはいつも「変化」がもたらすのです。

オンライン化を筆頭に自動化、省人化、省力化が進んでいなかった産業においても、今後は加速することでしょう。新しいイノベーションはすでに始まっているのかもしれません。

社会視点でより重要なものとなる

これまでオープンイノベーションは「これまでなかったものを作る」ことが大きな目的のひとつでした。しかし、ニューノーマル下においては、「社会が求めているものを作る」を目的としたオープンイノベーションが増加するでしょう。

医療や衛生、少子高齢化などの問題の根本から解消するようなイノベーションをスタートアップやベンチャー企業へ期待されます。

「個」の力を活かした経営がスタンダードに

ニューノーマル下では「個」の力を最大限活かした経営がスタンダードになるでしょう。イノベーションの創出だけでなく、営業や採用、マネジメントなどの観点から「個」としてフレキシブルに動ける組織に変化していかなければなりません。

「個」の力を経営に活かすオープンイノベーション的なアプローチで新たな経営を模索する必要があるのです。

今後はさらにイノベーションの創出が加速

コロナの影響は日本国内だけでなく、世界中の人々に大きな影響を与えました。世界の多くの人々が見えない不安や恐怖を感じ、さまざまな不自由さを感じていることでしょう。

しかし、このような共通体験、共通認識が新たなイノベーションを生み出すきっかけとなることもあるのです。ニューノーマル下でのオープンイノベーションは「人と人」「企業と企業」をつなぐ重要な役割を果たすでしょう。

オープンイノベーションが「共創」を創り、世界全体でイノベーションが加速するのではないでしょうか。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント