12.8 C
Japan
月曜日, 10月 3, 2022

ニューノーマルのオープンイノベーションとは?変化とイノベーション創出が加速する

新型コロナウイルスの流行によって社会や経済の状況は大きな変化を余儀なくされました。社会構造のみならず、個人の「在り方」にも大きな影響を与えているでしょう。
この大きな変化に際し、ニューノーマルと称される「新しい常識」が定着しつつあるのです。ポストコロナの時代にオープンイノベーションはどうあるべきなのでしょうか。
当記事ではニューノーマル下でのオープンイノベーションの変化やプロセス、今後の展望などを解説します。

オープンイノベーションは今後どう変化するのか

オープンイノベーションとは外部の組織と連携し、そのノウハウやリソースを活用する手法のことです。イノベーションや新規事業の創出を目的とし、近年多くの企業が取り入れ始めました。

ではコロナによってその流れにはどう変化するのか見ていきましょう。

現状のオープンイノベーションの動向

コロナの影響から企業が先行きが不透明になり、スタートアップへの投資は中断されることが多くなっています。よって、オープンイノベーションの動きは鈍化していると言わざるを得ません。

ただし、今後も停滞し続けるというわけではなく、一時期的に保留しているという表現が適切でしょう。ニューノーマル下での社会や個人の意識の変化により、今までなかった産業が創出される可能性は十分にあります。

ニューノーマル下では、オープンイノベーションのニーズはより高まっていくのではないでしょうか。

コロナの影響によるワークスタイルの変化

コロナの影響によりテレワークが普及したことで、個人と企業ともにワークスタイルの変化を余儀なくされました。この変化は今後さらに多くの産業に影響を及ぼすでしょう。

一方、経済構造が変化すれば、その分新たなニーズが生まれることも予想されます。新たな生活様式や働き方よって新たな産業が創出される流れはニューノーマル下では当たり前となるかもしれません。

ニューノーマル下におけるオープンイノベーションのプロセス変更

コロナはオープンイノベーションのプロセスにも大きな変化を与え、多くのニューノーマルを創り出しています。そこで代表的なプロセス変更について見ていきましょう。

オンライン化により組み合わせが拡大

オープンイノベーションのプロセスにおいてもオンライン化が進行しています。オンライン化は物理的な制限を取り払い、より広い選択肢をもたらすでしょう。

オンライン化がオープン化を拡大させたことで、オープンイノベーションの特徴や効果はさらに増大したといえます。

グローバル視点のオープンイノベーション

オープン化が進めばその分、あらゆる規制が不要となります。グローバル視点で見れば、国境さえも規制の範囲外となるでしょう。

コロナの影響によって近距離の移動は規制されましたが、企業間においてはその距離を縮めている可能性もあるのです。ニューノーマル下で求められるのは、グローバル視点をベースとしてオープンイノベーションとなるでしょう。

ニューノーマル下でのオープンイノベーションの展望

コロナ後のオープンイノベーションはどう変化するのかは多くの企業にとって関心の高いことでしょう。そこでニューノーマル下での展望を解説します。

新たなイノベーションの創出

ニューノーマル下では、社会構造や経済構造が変化し、産業構造が根底から変化する可能性があります。過去の歴史からも、イノベーションはいつも「変化」がもたらすのです。

オンライン化を筆頭に自動化、省人化、省力化が進んでいなかった産業においても、今後は加速することでしょう。新しいイノベーションはすでに始まっているのかもしれません。

社会視点でより重要なものとなる

これまでオープンイノベーションは「これまでなかったものを作る」ことが大きな目的のひとつでした。しかし、ニューノーマル下においては、「社会が求めているものを作る」を目的としたオープンイノベーションが増加するでしょう。

医療や衛生、少子高齢化などの問題の根本から解消するようなイノベーションをスタートアップやベンチャー企業へ期待されます。

「個」の力を活かした経営がスタンダードに

ニューノーマル下では「個」の力を最大限活かした経営がスタンダードになるでしょう。イノベーションの創出だけでなく、営業や採用、マネジメントなどの観点から「個」としてフレキシブルに動ける組織に変化していかなければなりません。

「個」の力を経営に活かすオープンイノベーション的なアプローチで新たな経営を模索する必要があるのです。

今後はさらにイノベーションの創出が加速

コロナの影響は日本国内だけでなく、世界中の人々に大きな影響を与えました。世界の多くの人々が見えない不安や恐怖を感じ、さまざまな不自由さを感じていることでしょう。

しかし、このような共通体験、共通認識が新たなイノベーションを生み出すきっかけとなることもあるのです。ニューノーマル下でのオープンイノベーションは「人と人」「企業と企業」をつなぐ重要な役割を果たすでしょう。

オープンイノベーションが「共創」を創り、世界全体でイノベーションが加速するのではないでしょうか。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント