12.8 C
Japan
月曜日, 10月 3, 2022

ランナー向けサービス「ラントリップ」、住友生命CVCファンド第一号に|事業共創で「健康」をステータスに

ランナー向けSNSアプリを中心にメディア/ECサービスを展開するラントリップは、住友生命保険相互会社、並びにSBIインベストメントが共同で設立した、CVCファンド「SUMISEI INNOVATION FUND」における、第一号出資案件として住友生命とラントリップで事業共創を加速させて行く運びとなった。

出資の背景と目的

コロナ禍において、世界中で「健康維持」や「リフレッシュ」などを目的にランニングを始める人が増加している。新型ウイルスの登場により、昨年はこれまで以上に”ココロ”と”カラダ”の健康に対する世の中の意識が向上し、ランニングをはじめとしたDOスポーツの価値が改めて見直された1年となった。
しかし、ランニングは手軽に始められる反面「継続することが難しい」といった課題を抱えている。ラントリップはこうした課題を解決し、1人でも多くのランナーが楽しく走り続けられるよう「もっと自由に、楽しく走れる世界へ。」というビジョンを掲げてサービスを展開してきた。

多くのマラソン大会やイベントの中止が相次ぎ、オンライン上でランニングのモチベーションを維持するニーズが増加したことから、ランナー専用SNSアプリ「Runtrip」では、ユーザーがお互いの走行履歴を賞賛する「Nice Run!」が毎月160万回以上送り合われ、新規ユーザーの約4割がアプリダウンロード後に運動頻度が向上している。

さらに、2020年10月から住友生命「Vitality」を冠に配したオンラインランニングイベント「Vitality Run & Walk Challenge」を住友生命とラントリップ共同でスタートし、すでに4万6千件以上のエントリーがあり、完走者の累計歩行・走行距離は21万キロ以上を超え、国内最大規模のイベントとして運動機会の創出に貢献している。

「情緒」と「合理」の組み合わせで「健康」をエンパワーする

住友生命は2018年よりディスカバリーが開発した健康増進型保険“住友生命「Vitality」“の日本市場導入を開始し、保険契約者一人ひとりの健康状態の向上に貢献することで、健康長寿社会の実現を目指してきた。一方ラントリップはランナー向けSNSアプリ等によりオンラインでのランナー同士の繋がりの場を提供することで、ランニングを楽しく継続できること、ひいては「健康寿命」の増進に寄与している。

この度、Vitalityが提供する健康であるための多様なインセンティブによる合理的アプローチと、ラントリップがオンラインコミュニティによるランナー同士の繋がりとして提供する情理的アプローチを融合させ、「健康」に向けた行動変容を気軽に促せるような仕組みを提供することによって、「健康」がステータスになる未来を両社で創っていく形となった。
さらに将来的には、住友生命が“住友生命「Vitality」”を通して提供する「健康になるためのインセンティブデザインベースの仕組み」をラントリップのサービスにより密に連携させることによって、オンラインコミュニティの拡大や健康増進型保険の認知・加入者獲得などより深い両社の事業シナジーを創造する。

調達資金の用途とラントリップが描く未来

今回調達した資金を活用し、ラントリップは今後さらに採用を強化。事業のコアとなるスマートフォンアプリ体験や、オンラインとオフラインを組み合わせた新しいランニング体験を強する。

これにより、ランニングを自分に合ったスタイルで楽しく継続できる人を増やし、ランニングに関連する市場をさらに拡大させ、結果として「走ること」が当たり前の世界、「健康」がステータスとなる時代を目指す。

株式会社ラントリップについて 

社名株式会社ラントリップ
設立2015 年 5 月 15 日
資本金東京都渋谷区桜丘町23番17号シティコート桜丘408
代表者大森 英一郎
事業概要ランナー向けサービス「ラントリップ」の提供
URLhttps://corp.runtrip.jp
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント