12.8 C
Japan
木曜日, 9月 23, 2021

ランナー向けサービス「ラントリップ」、住友生命CVCファンド第一号に|事業共創で「健康」をステータスに

ランナー向けSNSアプリを中心にメディア/ECサービスを展開するラントリップは、住友生命保険相互会社、並びにSBIインベストメントが共同で設立した、CVCファンド「SUMISEI INNOVATION FUND」における、第一号出資案件として住友生命とラントリップで事業共創を加速させて行く運びとなった。

出資の背景と目的

コロナ禍において、世界中で「健康維持」や「リフレッシュ」などを目的にランニングを始める人が増加している。新型ウイルスの登場により、昨年はこれまで以上に”ココロ”と”カラダ”の健康に対する世の中の意識が向上し、ランニングをはじめとしたDOスポーツの価値が改めて見直された1年となった。
しかし、ランニングは手軽に始められる反面「継続することが難しい」といった課題を抱えている。ラントリップはこうした課題を解決し、1人でも多くのランナーが楽しく走り続けられるよう「もっと自由に、楽しく走れる世界へ。」というビジョンを掲げてサービスを展開してきた。

多くのマラソン大会やイベントの中止が相次ぎ、オンライン上でランニングのモチベーションを維持するニーズが増加したことから、ランナー専用SNSアプリ「Runtrip」では、ユーザーがお互いの走行履歴を賞賛する「Nice Run!」が毎月160万回以上送り合われ、新規ユーザーの約4割がアプリダウンロード後に運動頻度が向上している。

さらに、2020年10月から住友生命「Vitality」を冠に配したオンラインランニングイベント「Vitality Run & Walk Challenge」を住友生命とラントリップ共同でスタートし、すでに4万6千件以上のエントリーがあり、完走者の累計歩行・走行距離は21万キロ以上を超え、国内最大規模のイベントとして運動機会の創出に貢献している。

「情緒」と「合理」の組み合わせで「健康」をエンパワーする

住友生命は2018年よりディスカバリーが開発した健康増進型保険“住友生命「Vitality」“の日本市場導入を開始し、保険契約者一人ひとりの健康状態の向上に貢献することで、健康長寿社会の実現を目指してきた。一方ラントリップはランナー向けSNSアプリ等によりオンラインでのランナー同士の繋がりの場を提供することで、ランニングを楽しく継続できること、ひいては「健康寿命」の増進に寄与している。

この度、Vitalityが提供する健康であるための多様なインセンティブによる合理的アプローチと、ラントリップがオンラインコミュニティによるランナー同士の繋がりとして提供する情理的アプローチを融合させ、「健康」に向けた行動変容を気軽に促せるような仕組みを提供することによって、「健康」がステータスになる未来を両社で創っていく形となった。
さらに将来的には、住友生命が“住友生命「Vitality」”を通して提供する「健康になるためのインセンティブデザインベースの仕組み」をラントリップのサービスにより密に連携させることによって、オンラインコミュニティの拡大や健康増進型保険の認知・加入者獲得などより深い両社の事業シナジーを創造する。

調達資金の用途とラントリップが描く未来

今回調達した資金を活用し、ラントリップは今後さらに採用を強化。事業のコアとなるスマートフォンアプリ体験や、オンラインとオフラインを組み合わせた新しいランニング体験を強する。

これにより、ランニングを自分に合ったスタイルで楽しく継続できる人を増やし、ランニングに関連する市場をさらに拡大させ、結果として「走ること」が当たり前の世界、「健康」がステータスとなる時代を目指す。

株式会社ラントリップについて 

社名株式会社ラントリップ
設立2015 年 5 月 15 日
資本金東京都渋谷区桜丘町23番17号シティコート桜丘408
代表者大森 英一郎
事業概要ランナー向けサービス「ラントリップ」の提供
URLhttps://corp.runtrip.jp
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【協業企業募集】日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【ビジネスアイデア募集】近代国家を作った薩摩藩・鹿児島の企業と一緒に、次の未来を切り拓きませんか|NTTドコモ主催

【オープンイノベーションインタビュー】 2021年9月13日より募集が始まる、「鹿児島アクセラレーター2021」。これは、鹿児島県内の企業と全国のスタートアップとのオープンイノベーションにより、新たな価値創出を目指す、NTTドコモ主催のプログラムだ。参加する地域企業は、南日本新聞と南日本放送、主に建設業を営む渡辺組の3社。そこに、NTTドコモが強力なサポーターとして参画する。今回のプログラムを主催する背景や期待することなどについて、NTTドコモ九州支社 鹿児島支店 法人営業部 部長の坂本亨氏に話を伺った。 #募集 #NTTドコモ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

伝統工芸品のカスタムオーダーサービスで、職人による手仕事のすばらしさを広めたい!|「magokoro(まごころ)」

【スタートアップインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。 CrewwのSTARTUP STUDIO(スタートアップスタジオ)プログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、magokoro(まごころ)です。 #studioインタビュー #インキュベーションプログラム #スタートアップ #STARTUPSTUDIO #magokoro #まごころ #伝統工芸品 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント