12.8 C
Japan
土曜日, 10月 1, 2022

「富士通アクセラレーター for Work Life Shift」エントリー受付を開始!社内実践からニューノーマルな働き方を共創へ

「富士通アクセラレーター」は革新的なスタートアップの技術・製品と富士通グループの製品・ソリューション・サービスを組み合わせ、世の中へ新たな価値を提供することを目的としている。2015年からプログラムを開始し、第9期までに約180社と協業検討を行い、約100件の協業実績を持つ。今回のプログラムは、富士通自身を変革する全社DXプロジェクト「フジトラ」とも連携し、Work Life Shiftの社内実践も行われる。その実践を通じ、新たな働き方改革の具体的なソリューションを創り上げる。

富士通アクセラレーター for Work Life Shift エントリー概要

< Work Life Shiftとは>
新型コロナウイルスの影響により、私たちの生活は大きく変化した。人々の暮らし全体が「ニューノーマル(新常態)」への適応を迫られている中、企業もまたビジネスモデルや業務プロセス、働き方等に対して大きな変革を迫られている。このような中、富士通は新たな働き方のコンセプト「Work Life Shift」を発表した。Work Life Shiftは「働く」ということだけでなく、「仕事」と「生活」をトータルにシフトし、Well-beingを実現するコンセプトである。

今回の応募では以下のようなWork Life Shift に関する提案を募集している。

募集テーマ

スマートワーキング
業務可視化・効率化

Office365(Outlook、Teamsなど)と連携する下記のようなツール/サービス

・スケジュールの空きを自動抽出
・従業員全員の適度な仕事量調整のための業務量を可視化するためのAI分析
・To Doリストをもとにスケジュールを自動レコメンド
・会議参加者の発言から音声認識・テキストマイニング等を用いて会議の目的やゴールへの貢献度がわかる技術/ツール/サービス

ピープルアナリティクス

組織や人を科学的に分析し、組織の持つ特性や価値観を解明し、強い組織づくりに役立てるための・組織や集団のパフォーマンスと特性を分析するための手法/メソドロジー/データ活用ノウハウ/ツール/サービス/コンサルティング


ボーダレスオフィス
バーチャルオフィス・会議

下記のようなバーチャルオフィス・オンラインミーティングツール/サービス

・5GやVDI技術の活用
・似顔絵 や写真からアバターを自動生成やアバターロボを利用
・コンプライアンスや各種制度を満たし、企業運営上で必要となる事項を維持・監視

新たな人材交流・コミュニケーション手法

・リアルなオフィスや応接室相当と同等のコミュニケーションが可能なツール/サービス
・オンライン・オフライン会議の質を高めるツール/サービス/コンサルティング
・秘匿会話など関係者外秘情報の雑談が可能な仕組み/ツール/サービス
・メールの量や、社内/社外などの打ち合わせ種別、課題のボリューム等の様々な状態を示す情報をインプットとし解析し、仮想空間にプロットする技術
・オンライン会議で音声や画像から相手の感情・理解度・関心度を計測・予測できる技術/ツール/サービス
・オンラインでのアイスブレークが可能になるツール/サービス 
・リモートワーク・テレワーク就業時でも雑談などのコミュニケーションを活性化できるツール/サービス
・テレワーク就業時の「コミュニケーション不足」を補うためのツール/サービス
・異業種連携が必要なビジネス/アイディアの実現をサポートするためツール/サービス


■カルチャーチェンジ
ナレッジ共有

社内外情報の可視化、例えば実現したいことを入力したら製品やタレントの検索・マッチング・レコメンドが一括で出来ようになるための下記技術/ツール/サービス意味を理解できる検索処理

・キーワード検索で問い合わせ先が調査可能
・検索出来なかった時は、AI機能などを取り入れて学習
・社内外の膨大な情報に関して下記が可能な技術/ツール/サービス
・重要な情報を分類しレポート要約(エグゼクティブサマリ)作成(AI)
・テキスト読み上げ(音声合成)

健康、ストレスチェック

・従業員のストレス状況を個人に意識させずリアルタイムに把握するツール/デバイス
・上記データを個人は特定しない形で集計、分析するツール/サービス/ダッシュボード。          例)ウェアラブルデバイスを用いて個人のストレス状況を把握・分析するためのツール/デバイス/サービス
・従業員の運動不足を把握し、解消を促すことが出来るツール/デバイス
・その日の体調や状況に応じて、最適なスケジュールをレコメンドするツール/サービス。         (ライフログデータとスケジュールの連携が出来ることが望ましい) 

募集対象

プロダクト/サービスを持つアーリー~ミドルステージのスタートアップ

募集期間

2021年2月15日(月)~2021年3月31日(水)

スケジュール

2月15日(月)~3月31日(水): エントリー受付
4月下旬 : オンライン個別面談
5月上旬 : 採択企業決定
5月中旬 : 採択企業発表会開催

※上記の予定は変更される可能性がある。
※詳細は「富士通アクセラレーター for Work Life Shift」のエントリーサイト参照(順次更新)
URL : https://www.fujitsu.com/jp/innovation/venture/entry/index.html

富士通アクセラレーターの参加メリット

  1. 富士通グループの事業責任者が募集テーマ設定から携わり、協業検討プロセスにコミット
  2. 国内最大級の顧客ベース(17万社以上)を持つ富士通グループの営業部門と連携し、協業ソリューションの顧客アプローチを支援
  3. 協業検討活動をフェーズ分けすることで、メリハリのある協業検討を推進するプログラム体制
  4. 公開イベント「採択企業発表会」「Demo Day」を開催
  5. 「Demo Day」登壇企業には出資を検討
  6. 社内外のメディアを活用し、スタートアップの商品をプロモーション

<応募URL>
https://www.fujitsu.com/jp/innovation/venture/entry/index.html
Work Life Shiftへのエントリーの詳細はこちらのWebサイト参照

富士通アクセラレーターとは

富士通アクセラレーターは、革新的なスタートアップの技術・製品と富士通グループの製品・ソリューション・サービスを組合せ、世の中へ新たな価値を提供することを目的としている。これまでスタートアップと約100件の共創を行っている。豊富な顧客基盤を持つ富士通の事業部門とのマッチングによる新たな事業の創出を目指すプログラムである。
富士通アクセラレーターサイト:https://www.fujitsu.com/jp/innovation/venture/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント