12.8 C
Japan
火曜日, 2月 7, 2023

コインロッカーから商品が販売できる、ニューノーマルの新しい購買体験|スマートコインロッカーSPACERと三菱地所のオープンイノベーション

スマートコインロッカーを手掛けるSPACERは、この度、三菱地所が企画する多機能型市場 有楽町「micro FOOD & IDEA MARKET」店内にて、スマートコインロッカーを設置し、その場でスマートロッカーからQRコードで商品を購入、中が見えるアクリルボックスをショーケースのように使う等のニューノーマルの新しい購買体験を提供し、その在り方を模索する。

課題とSPACERでの解決策

今までのロッカーというものは基本的に個人が一時預けをし、自身で回収するものであった。
そのような中において、スマートコインロッカーSPACERは、ロッカーという概念をアップグレードし、ニューノーマルに対応した非接触の購買体験を「東京都スタートアップ実証実験促進事業(PoC Ground Tokyo Project)」の中で模索する。
これにより駅や施設の「ロッカーが物流の拠点」になることを進めたい意向だ。

この度、丸の内仲通りに位置する三菱地所が運営する社会実験の場、有楽町「micro FOOD & IDEA MARKET」にてカルチャーリテラシーの高いアーリーアダプターにスマートロッカーを介した即時販売を行い、使い方の提案や、どの商材に需要があるのかなど調査を行っていく。
また新しい使い方としてロッカーに貼ってあるクイズに答えられたら、その場でURL鍵が送られ、中から即時にお宝としてリアルなものが受け取れるクイズゲームなども展開する。

有楽町micro地図

■東京都スタートアップ実証実験促進事業(PoC Ground Tokyo Project)
https://poc-ground.tokyo

実証概要

(1)実施店舗 (所在地:東京都千代田区有楽町1-10-1有楽町ビル1F )
・有楽町「micro FOOD & IDEA MARKET」店内

(2)実証実施期間
2021 年 1 月 8 日から 2021 年 1 月 29 日まで

(3)利用方法
・ロッカーの前に貼ってあるQRコードを読み取り、その場でロッカー内の商品の受け渡しを行う。筐体QRコードを読み取ると、safariなどのブラウザが起動。そのページからクイズの答えやshopifyの購入を行い、URL鍵を受け取る。URL鍵をクリックするとSPACERアプリが起動し、その場でスマホ上からスマートロッカーを開け閉めして商品を受け取る。

有楽町「micro FOOD & IDEA MARKET」3 つの機能

(1)ステージ機能
音響・映像設備を備えた約 180 m²のステージゾーンを設置し、企画イベントのほかその場で気軽に参加できるイベントを中心に偶発的な出逢いや気づきの空間を提供。

(2)飲食提供を通じた“街の憩いの場”としての機能
「産地直送あいのり便※1」を活用した日本各地の食材を中心に、デリ形式で気軽に味わえる メニューを提供。丸の内仲通り側には「縁側」を設置し、街に開かれた空間を演出。

(3)物販・展示機能
micro なアイディアや地域の商品等が並ぶ物販ゾーンやアートブック自動販売機等を設置。 店舗経営情報の見える化など新しい商業店舗の在り方を追求した取り組みも実験的に行う。

​※1 産地直送あいのり便:
全国農業協同組合中央会、農林中央金庫、三菱地所株式会社、一般社団法人大丸有環境共生型まちづくり推進協会、株式会社アップクオリティの5者による、旅客用高速バスのトランクを利用した地域産品運搬の仕組み。旅客用高速バスの貨客混載によって、配送ルートの確保がネックとなり県外へ出荷できていない希少品や伝統野菜、朝どれの野菜・水産物等、特色ある産品を丸の内エリアに定期搬送している。都市生活者のニーズに応えながら、各地の地域産品の継続的な消費・購買、地域振興につなげる。2019 年 11 月現在、全国 42 地域 50 路線と連携中。

有楽町「micro FOOD & IDEA MARKET」施設概要

所在地:東京都千代田区有楽町1-10-1有楽町ビル1F
アクセス: 有楽町駅より徒歩1分
面積: 約 464 m²(約 140 坪)
企画: 三菱地所株式会社
運営: 株式会社インターローカルパートナーズ
開業: 2019 年12月3日(火)
営業時間:平日・土日祝 10:00~22:00 定休日無(但し、年末年始除く)
HPhttps://yurakucho-micro.com

株式会社 SPACER について

株式会社SPACERは、送る、受け取る、予約するスマートコインロッカーSPACERを開発し、ログで管理する次世代のコインロッカーを駅や商業施設などに展開している。週末の博多駅の稼働率は100%を超えることもある。サービスを次々と付与することができ、コインロッカーがAC電源を入れるだけでユーティリティに変わり、またシステムをアップデートしていくことで、筐体をそのままに、常に全ユーザーが最新のシステムを使えるエコデザインとなっている。昨今は本事業を始め、何かをトリガーにして開く業務用ロッカーとしても活用されている。

社名株式会社SPACER
設立2016 年 7 月
所在地東京都中央区京橋 1-3-2 iKat 京橋 906 号室
代表者田中章仁
事業概要SPACER(スペースアール)の運営、販売
URLhttps://company.spacer.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント