12.8 C
Japan
水曜日, 1月 27, 2021

【日本最大規模】シード・アーリーステージ起業家向けピッチイベント「Monthly Pitch Asia」がオンラインにて開催決定

サイバーエージェントの連結子会社で、ベンチャーキャピタル事業を展開するサイバーエージェント・キャピタルは、グローバルネットワークを活かし、東南アジアのスタートアップと国内外の有力ベンチャーキャピタル・エンジェル投資家を繋ぐことを目的に、毎月開催しているシード・アーリーステージ起業家向けピッチイベント「Monthly Pitch」の東南アジア版「Monthly Pitch Asia」をオンラインにて開催する。

Monthly Pitchとは

「Monthly Pitch」は、シード・アーリー期に特化した起業家向けのピッチイベントである。投資家との効率的なネットワーキングや投資家からのフィードバックが得られる場として、資金調達に割く時間を最小限にし、より事業に集中できる環境を起業家に提供することを目指し、2016年より毎月開催している。参加者は全国に渡り、様々なスタートアップ企業と投資家の出会いの場として、これまで開催した43回で累計国内330社のスタートアップ企業が登壇し、このような資金調達イベントとしては日本最大規模の登壇者数を誇っている。

 登壇企業の調達率は、2017年登壇企業88社中85.2%、2019年までの登壇企業247社中68.4%、2020年までの登壇企業330社中だと59.5%(資金調達にはタイムラグが発生するため、過去ほど数値が高い傾向があります。)となっている。

また、Monthly Pitchは、昨年の第37回よりコロナ渦の状況からオンライン開催に切り替えての運営をしており、オンラインでの開催で移動時間の削減など参加しやすい環境が整ったことにより、オフラインでの開催と比べ、平均で約2倍の参加者数となっており、国内だけでなく海外からの登壇も可能となった。

Monthly Pitch Asiaのオンライン開催について

この度、オンラインの環境を活かし、2019年にジャカルタで開催した海外版「Monthly Pitch」に引き続き、第二回目となる東南アジア版「Monthly Pitch Asia」が開催される。当日は、東南アジアのマーケット動向について紹介があった後、東南アジア各国から厳選した6つのスタートアップのピッチが行われる。​ピッチは英語になるが、通訳士が付くため日本語、英語両言語での視聴が可能である。また、イベント終了後、アンケートに基づいてスタートアップとのマッチングも行う。

イベント概要

名称:Monthly Pitch Asia
日時:2021年1⽉13⽇(⽔)13:00〜15:30 (SEA市場概要紹介・6社のプレゼンテーション)
場所:オンライン(ZOOM)
言語:通訳士が付くため、日本語での視聴が可能です。
参加方法:下記より申込み(30秒で事前予約)
https://bit.ly/2LpvK2M
応募締め切り:イベント当日正午

※本イベントはベンチャーと出資検討者・事業会社のマッチングイベントであり運営者が株式の募集を取り扱うものではない。

 ​登壇企業

・Kyna(ベトナム):オンライン教育マーケットプレイス。キッズ向けに英語及び算数コース提供、キッズオンライン教育サービスでベトナムトップクラスを誇る。

・Edoctor(ベトナム):ベトナムを代表するオンラインヘルスケアサービス。

TheBank
(ベトナム):ベトナム最大の金融商品(消費者ローン、クレジットカード、生命保険)価格比較サービス

・Getlinks(タイ):IT人材特化のオンライン人材紹介プラットフォーム、アリババ系ファンドが投資家として参画。

・Viddsee(インドネシア、シンガポール):東南アジアで最大のプロフェッショナル短編動画のクリエイタープラットフォーム

・Moladin(インドネシア):インドネシアで最大のバイク及び自動車特化EC
 

Monthly Pitch Asia ホームページ

https://monthly-pitch.com/asia/

Monthly Pitchホームページ

https://monthly-pitch.com/

運営会社概要

社名株式会社サイバーエージェント・キャピタル
設立2006年4月3日
資本金〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町40-1 Abema Towers
代表者代表取締役社長 近藤 裕文
事業概要ベンチャーキャピタル事業
URLhttps://cyberagentcapital.com/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

上場スタートアップ「ギフティ」の流儀|eギフトを軸として、人、企業、街の間に、さまざまな縁を育むサービスを提供する

【スタートアップの流儀】 今回は、コロナ禍において、サービスのニーズがより高まっているという株式会社ギフティの代表取締役である鈴木 達哉氏にお話を伺いました。 #スタートアップ #資金調達 #アクセラレータープログラム #withコロナ #ギフティ #giftee

建設業界に変革を起こす。大幅な業務改善・効率化を目指す、安藤ハザマの挑戦|オープンイノベーション

【オープンイノベーション事例インタビュー】 国内外でさまざまな建設やインフラを整備してきたゼネコンである安藤ハザマは、2019年4月にイノベーション部を新設し、アクセラレータープログラムを実施。そして、協業を始めた「建築×IT」のプロダクトを開発するトラスに対し、2020年11月に1億円を出資した。トラスとはどのような取り組みをして、どんな課題解決を目指しているのか。 #安藤ハザマ #オープンイノベーション #トラス #スタートアップ出資 #アクセラレータープログラム #大挑戦時代をつくる。 #Creww

セールステックSrush(スラッシュ)の流儀|セールスの新しい地図になる

【スタートアップインタビュー】 成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー、成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、忙しい営業マンが手間と時間をかけずに、顧客とより良い信頼関係を築くためのセールスエンゲージメントツールの開発に乗り出したという株式会社Srush(スラッシュ)の代表取締役社長 樋口 海氏にお話を伺いました。 #セールステック #SalesTech #SaaS #DX推進 #スタートアップ #セールスエンゲージメントツール #Srush #Creww #大挑戦時代をつくる

利用者が本当に欲しいと思うモノ作りプラットフォーム – モノラボ

STARTUP STUDIOは、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。”社会を変える挑戦”に挑んでいる、新規事業開発インタビュー第5弾をお届けします。今回は、モノラボファウンダーの 島谷 亮澄氏にお話を伺いました。 #インキュベーション #実績事例 #インタビュー 
Facebook コメント