12.8 C
Japan
水曜日, 1月 27, 2021

神田明神でのお賽銭がスマホ送金!スマホ送金・決済サービススタートアップ『J-Coin Pay』

みずほ銀行の提供する、全国90以上の金融機関が参画するQRコード(※)を活用したスマホ送金・決済サービス『J-Coin Pay』が、令和3年1月1日0時より神田神社でお賽銭を奉納する際に利用可能となる。

新型コロナウイルス感染症(以下「本感染症」)による緊急事態宣言の解除を受け、各地域で需要を喚起するキャンペーンが実施されている。他方で、政府より、本感染症を想定した「新しい生活様式」の実践例の一つとして「電子決済の利用」も示されている。

こうした状況を受け、みずほ銀行は、多くの参詣者が訪れる神田明神において「新しい生活様式」に適用した「電子決済の利用」や「身体的距離の確保」を促進していく観点から、このたび、神田明神と連携し、預金口座を登録済の『J-Coin Pay』によるお賽銭の奉納を実現した。

参詣者の利点

・現金の用意が不要
・本感染症拡大防止の観点から、現金への接触が避けられる

神田明神の利点

・賽銭箱を設置しづらい場所でもQR決済によるお賽銭の奉納手段を提供すること
により、参詣者の密集を回避
・本感染症拡大防止の観点から、現金への接触が避けられる

本感染症の拡大をきっかけに、現金への接触の低減に向けた取り組みの一つとして、キャッシュレス・タッチレスに注目が集まっている。みずほ銀行は『J-Coin Pay』による募金、お賽銭等、店舗決済以外のキャッシュレス化についても推進していくことを通じ、一人ひとりの生活や社会への支援に全力で取り組み続けるとした。

(※2)QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標である。

『J-Coin Pay』ウェブサイト
https://j-coin.jp/

『J-Coin Pay』とは

『送る』、『送ってもらう』、『支払う』というお金に関するさまざまな行為がスマホ上で完結できることに加え、金融機関の預金口座との入出金(”(アプリに)チャージ/口座に戻す”機能)についても、スマホ上のアプリを使い、『いつでも・どこでも・無料』でできるサービスである。

J–Coin Payアプリに関する問い合わせ先

J–Coin Payサポートセンター
電話番号:0120–324–367
受付時間:平日9時00分~21時00分

■新規でJ–Coin Payに店舗加盟を検討中の際は、近隣の取扱金融機関へ。

取扱金融機関と問い合わせ先一覧
https://j-coin.jp/shop/financial/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

上場スタートアップ「ギフティ」の流儀|eギフトを軸として、人、企業、街の間に、さまざまな縁を育むサービスを提供する

【スタートアップの流儀】 今回は、コロナ禍において、サービスのニーズがより高まっているという株式会社ギフティの代表取締役である鈴木 達哉氏にお話を伺いました。 #スタートアップ #資金調達 #アクセラレータープログラム #withコロナ #ギフティ #giftee

建設業界に変革を起こす。大幅な業務改善・効率化を目指す、安藤ハザマの挑戦|オープンイノベーション

【オープンイノベーション事例インタビュー】 国内外でさまざまな建設やインフラを整備してきたゼネコンである安藤ハザマは、2019年4月にイノベーション部を新設し、アクセラレータープログラムを実施。そして、協業を始めた「建築×IT」のプロダクトを開発するトラスに対し、2020年11月に1億円を出資した。トラスとはどのような取り組みをして、どんな課題解決を目指しているのか。 #安藤ハザマ #オープンイノベーション #トラス #スタートアップ出資 #アクセラレータープログラム #大挑戦時代をつくる。 #Creww

セールステックSrush(スラッシュ)の流儀|セールスの新しい地図になる

【スタートアップインタビュー】 成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー、成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、忙しい営業マンが手間と時間をかけずに、顧客とより良い信頼関係を築くためのセールスエンゲージメントツールの開発に乗り出したという株式会社Srush(スラッシュ)の代表取締役社長 樋口 海氏にお話を伺いました。 #セールステック #SalesTech #SaaS #DX推進 #スタートアップ #セールスエンゲージメントツール #Srush #Creww #大挑戦時代をつくる

利用者が本当に欲しいと思うモノ作りプラットフォーム – モノラボ

STARTUP STUDIOは、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。”社会を変える挑戦”に挑んでいる、新規事業開発インタビュー第5弾をお届けします。今回は、モノラボファウンダーの 島谷 亮澄氏にお話を伺いました。 #インキュベーション #実績事例 #インタビュー 
Facebook コメント