12.8 C
Japan
水曜日, 1月 27, 2021

すべての挑戦者の新規事業創出を支援!「インキュベーションの民主化」を目指すRelicがイノベーションマネジメント・プラットフォーム「Throttle」のプラン刷新

日本企業の新規事業開発やイノベーション創出を支援する事業共創カンパニーであるRelicは、1,350社以上が利用する国内初にして国内シェアNo.1のSaaS型イノベーションマネジメント・プラットフォーム『Throttle』において、組織や個人の状況や要望に合わせたリーズナブルな機能と価格でのサービス提供を実現することで「インキュベーションの民主化」を目指す新しいプラン・料金体系の提供を開始した。管理するアイデアやプランの数により設定されていた従来の大規模な組織やプログラム向けを中心としたプランから、アップデートされた機能や利用ユーザー数により月額980円から柔軟に利用可能なプランへとリニューアルすることで、すべての挑戦者の新規事業創出を支援するプラットフォームへと進化する。

Throttleについての詳細はこちら

サービスサイトURL:https://relic.co.jp/services/throttle/
サービス紹介動画:https://youtu.be/JwaSUMWcubQ
活用事例のダウンロード:https://relic.co.jp/services/throttle/wpdl/

背景・経緯

本サービスは新規事業創出プログラムや社内ベンチャー制度、オープンイノベーションやアクセラレーションプログラム等を含む、すべての新規事業開発やイノベーション創出のための活動に最適化されたSaaS型イノベーションマネジメント・プラットフォームである。今後の日本企業においてイノベーション・マネジメントの概念や手法が普及し、新規事業創出への取り組みを試みる企業が増加していくと想定される中、新規事業開発やオープンイノベーションにおけるアイデア創出から事業化に至るまでの一連のプロセスを一元的に管理・運用できる仕組みとテクノロジーを提供することで、挑戦する企業や組織の支援を行うことを目的に2019年8月より提供を開始した。
2020年12月時点で、既に導入企業社数で1,350社・利用者数で3.5万人以上のユーザーが利用している実績がある。
数多くの企業に導入・利用される中で、大規模な企業・組織や各種インキュベーションプログラムにおける利用だけでなく、「個人的にアイデアや事業プランを立案・策定したい」「新しく立ち上げる新規事業プロジェクトのチーム単位で事業開発の推進やプロジェクト管理に利用したい」「事業部単位でも、小さく早く各種インキュベーションプログラムに取り組み、イノベーション創出活動を加速したい」等の声が上がっていた。
これらの要望に応え、すべての組織や個人の新規事業創出における幅広い課題やニーズに対応するべく、アップデートされた機能や利用ユーザー数により月額980円から柔軟に利用可能なプラン・料金体系へのリニューアルを実施するに至ったのである。このリニューアルにより、本サービスはすべての挑戦者の新規事業創出を支援し、「インキュベーションの民主化」を実現するプラットフォームへと進化することを目指している。

リニューアルされたプラン/機能及び料金体系の詳細

今回のリニューアルにおいては、各種機能のアップデートや新機能の追加を行い、幅広い利用ユーザーや利用シーンに対応する4つのプラン・料金体系が新たに用意された。プラン毎に利用できる機能が異なり、ライトプラン・スタンダードプラン・プレミアムプランについては、利用ユーザー数の増加に応じたボリュームディスカウントが適用されるため、コストを抑えて利用することが可能である。

・スタータープラン:月額980円/ID(税別)
主に企業や組織で働くビジネスパーソンやフリーランス、起業や創業準備中などの個人の方向けのプランである。ニュース機能やフレームワークを活用したアウトプット機能を活用し、事業アイデアやプランの立案・策定などの新規事業創出における重要な活動をサポートする。また各種アンケートやインタビュー活動を支援するフォームやタスク管理なども提供している。

・ライトプラン:月額1,980円/ID(税別)
主に企業・組織内における新規事業開発プロジェクトの責任者や担当者、ベンチャー・スタートアップや中小企業の経営者の方向けのプランである。スタータープランの機能に加え、プロジェクトチームのコラボレーションやコミュニケーションを実現するコミュニティ機能やチャット/ダイレクトメッセージ機能、プロジェクト管理機能などが利用可能となり、新規事業開発プロジェクトの推進における重要な活動をサポートする。

・スタンダードプラン:月額2,980円/ID(税別)
主に企業・組織内における新規事業部門や各種インキュベーションプログラムを運営する主催者や事務局の方向けのプランである。ライトプランの機能に加え、各種プログラム/イベント運営に必要な機能やランディングページ制作、メール通知機能、アイデア/プランや社内のイノベーター人材やタレントの管理、アイデア/プランの審査やブラッシュアップ機能などが利用可能となり、各種インキュベーションプログラムの成功に向けた重要な活動をサポートする。

・プレミアムプラン:月額3,980円/ID(税別)
新規事業開発やイノベーション創出に取り組むすべての企業や組織に対応する最上位プランである。スタンダードプランの機能に加え、多言語対応やリアルタイムでの自動翻訳機能によるグローバル対応、オンライン/リモートワーク下での新規事業創出活動を支援する各種機能、Relicが提供する各種プロフェッショナルサービスとの連携や、世界最大級のイノベーションデータベースとの連携に加え、シングルサインオンやIPアドレス制限などのセキュリティ強化に関わる機能などが利用可能となり、新規事業開発やイノベーション創出における重要な活動を網羅的にサポートする。

追加予定の新機能と今後の展開について

今回のリニューアルに合わせて、近日中に新機能であるフレームワークを活用したアウトプット機能(以下、本機能)をリリース予定である。本機能はこれまで2,000社以上の企業の新規事業を支援し、1万件を超える事業アイデアやプランの創出に携わってきた業界トップクラスの実績を持つRelicの知見やノウハウを公開・活用し、新規事業開発の各プロセスにおける重要な企画・検討や整理・分析、アウトプット作成などをサポートするものである。

リーンキャンバスやビジネスモデルキャンバス、カスタマージャーニーマップやKPIツリー等の著名かつ汎用的フレームワークに加え、より実践的で個別具体的なケースに対応し、実際に新規事業開発の現場で活用されたRelic独自のフレームワークやアウトプットなども公開・提供する。フローチャートの順番に基づき回答や検討状況を記入していくことによって、フレームワークに情報が反映され、アウトプットが作成される。事業アイデアやプランを構造的に整理することができ、初めて取り組む方でもわかりやすく、直感的に利用することができる。また、フレームワークやアウトプットを繰り返しアップデートしていくことで、事業アイデアやプランの検証を進め、状況や進捗を可視化してプロジェクトチームで共有したり、議論・検討することも可能だ。

また、フレームワークやアウトプットはRelicが提供するものだけでなく、導入企業や利用ユーザーが独自のものを自由に作成することもでき、特性や状況、環境などに合わせて自ら最適なものを開発し、利活用することができる。

Relicは、本機能に限らず、引き続きすべての挑戦者の新規事業創出を支援し、「インキュベーションの民主化」を実現する唯一無二のイノベーションマネジメント・プラットフォームを目指して各種機能やサービスの改善やアップデート、新機能やサービスの追加開発に注力する。

株式会社Relicについて

Relicは、日本企業の新規事業開発やイノベーション創出を支援する「事業共創カンパニー」である。1,350社以上が利用する国内シェアNo.1のSaaS型イノベーションマネジメント・プラットフォーム「Throttle」や、国内シェアNo.1のSaaS型クラウドファンディング・ECサイト構築サービス「ENjiNE」、顧客のロイヤリティを向上し、事業のグロースをマネジメントする次世代型マーケティングオートメーション/CRM「Booster」等の「インキュベーションテック事業」に加え、新規事業開発における事業プロデュースやコンサルティング、オープンイノベーション支援、新規事業創出プログラムや社内ベンチャー制度の企画・設計・運営や、事業開発に特化した共創型エンジニアリングサービス「Digital Innovation Studio」など総合的なソリューションを提供しており、大企業~中小・ベンチャー企業まで業界トップクラスである2,000社以上の支援実績がある。

社名株式会社Relic
設立2015年8月
所在地〒150-6008 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー8F
代表者北嶋 貴朗
事業概要事業内容:https://relic.co.jp/services/
URLhttps://relic.co.jp
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

上場スタートアップ「ギフティ」の流儀|eギフトを軸として、人、企業、街の間に、さまざまな縁を育むサービスを提供する

【スタートアップの流儀】 今回は、コロナ禍において、サービスのニーズがより高まっているという株式会社ギフティの代表取締役である鈴木 達哉氏にお話を伺いました。 #スタートアップ #資金調達 #アクセラレータープログラム #withコロナ #ギフティ #giftee

建設業界に変革を起こす。大幅な業務改善・効率化を目指す、安藤ハザマの挑戦|オープンイノベーション

【オープンイノベーション事例インタビュー】 国内外でさまざまな建設やインフラを整備してきたゼネコンである安藤ハザマは、2019年4月にイノベーション部を新設し、アクセラレータープログラムを実施。そして、協業を始めた「建築×IT」のプロダクトを開発するトラスに対し、2020年11月に1億円を出資した。トラスとはどのような取り組みをして、どんな課題解決を目指しているのか。 #安藤ハザマ #オープンイノベーション #トラス #スタートアップ出資 #アクセラレータープログラム #大挑戦時代をつくる。 #Creww

セールステックSrush(スラッシュ)の流儀|セールスの新しい地図になる

【スタートアップインタビュー】 成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー、成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、忙しい営業マンが手間と時間をかけずに、顧客とより良い信頼関係を築くためのセールスエンゲージメントツールの開発に乗り出したという株式会社Srush(スラッシュ)の代表取締役社長 樋口 海氏にお話を伺いました。 #セールステック #SalesTech #SaaS #DX推進 #スタートアップ #セールスエンゲージメントツール #Srush #Creww #大挑戦時代をつくる

利用者が本当に欲しいと思うモノ作りプラットフォーム – モノラボ

STARTUP STUDIOは、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。”社会を変える挑戦”に挑んでいる、新規事業開発インタビュー第5弾をお届けします。今回は、モノラボファウンダーの 島谷 亮澄氏にお話を伺いました。 #インキュベーション #実績事例 #インタビュー 
Facebook コメント