12.8 C
Japan
木曜日, 8月 11, 2022

オープンイノベーションを自社に導入するメリット・デメリットを解説

企業の変革を促進する方法としてオープンイノベーションを導入する企業が増えてきました。オープンイノベーションはメリットが多いものの、デメリットもあることは自社導入を検討するうえで無視できません。

オープンイノベーションを加速させるためにはデメリットを理解して対策を講ずることが重要です。そこで今回は、オープンイノベーションを自社で導入する場合のメリットとデメリットについて解説します。

オープンイノベーションを自社に導入する必要性

まずは、オープンイノベーションを自社に導入する必要性について解説していきましょう。

オープンイノベーションとは?

オープンイノベーションとは、企業のイノベーションを促進するために、積極的に外部の企業と連携し、連携先が持つ技術やアイデアを活用すること。自社だけではリソースやアイデアが不足している場合でも、外部との連携によって新たな製品開発やビジネスモデルの構築が可能となります。

自社にオープンイノベーションを導入すべきか

オープンイノベーションのポイントは「外部の優秀な人材と連携する」ことと「新たなビジネスモデルの構築を優先する」という点です。外部との連携によって新たなビジネスモデルの構築が期待できるため、特に競争の激しい既存市場いわゆるレッドオーシャン(競合が多く、競争が激しい市場)のビジネスモデルの場合は、市場の変革や業態転換のテストベッドとしてオープンイノベーションを導入するケースも増加中。

近年は、金融機関や地方自治体といった法規制の強い分野でもオープンイノベーションが取り入れられています。変化の激しい時代にあってはどの業界でもオープンイノベーションを導入する必要性が高まっており、どれだけ早く導入するかで今後の成長が左右される場合もあるでしょう。

オープンイノベーションを自社に導入するメリット

オープンイノベーションを自社に導入するメリットはどんな点が挙げられるでしょうか。ここでは、オープンイノベーションを導入した場合のメリットを紹介していきましょう。

協業先の技術やリソースを活用できる

オープンイノベーションを導入すると、自社にはない外部の技術やアイデアを活用できるようになります。新たな領域に進出に必要なノウハウや技術を自社だけで調達しようとすると、それだけで時間的・人的コストが必要です。しかしオープンイノベーションによって連携先の技術やリソースが活用できるようになるため、効率的に新領域に進出できます。

異なる企業文化に触れることができる

オープンイノベーションによって連携先との人的交流が発生します。これにより、自社にはない発想や仕事の進め方に触れることが可能です。特に、柔軟な発送を持つ社員の育成が必要だと考えている場合には、異なる企業文化を持つ人材と共同でプロジェクトを進めることによって、人材の成長が期待できるでしょう。

自社でオープンイノベーションを進めるデメリット

オープンイノベーションを進める場合に考えられるデメリットはメリットの裏返しといえるでしょう。ここではデメリットと注意すべき点について紹介していきます。

技術流出のリスク

自社の方が連携する分野で技術的に優れている場合、その技術を提供することで技術やノウハウが流出してしまう可能性があります。特にベンチャー企業が大手企業と連携する場合には注意が必要です。アイデアを出す場合には実務もセットで請け負い、契約によって技術流出を防いだりするなどの対応をしておきましょう。

コミュニケーションコストの増大と利益の減少

異なる企業文化の人材と共同でプロジェクトを進めることになるので、コミュニケーションコストが増大することもデメリット。企業が違えば「報告・連絡・相談」といった基本的なビジネスフローも異なるので、プロジェクトの意思疎通には注意が必要です。

また、新規事業で得た利益を分配し、場合によっては立ち上げ時に投資が必要であったりするため、単独で新規事業を立ち上げるよりも利益が減少する場合があります。
不十分な意思疎通や、収益をめぐるトラブルはプロジェクトを頓挫させるリスクとなるので、マッチングのタイミングで十分に協議しておきましょう。

オープンイノベーションを成功させるポイント

オープンイノベーションを成功させるポイントは大きく3点あります。ここでは、イノベーションの加速を成功させる3つのポイントを紹介していきましょう。

知的交流の場や研究会を主催する

オープンイノベーションプラットフォームで連携先を募集するのと並行し、知的交流の場や業界共通の課題を解決する研究会を開催することで自社が課題とするテーマに関心のある人材と接点を持てます。イノベーターと呼ばれるような人材との接点がない場合には、オープンイノベーションプラットフォームの運営会社に相談することで、アドバイスやサポートを受けることも可能です。

自社のニーズを広く公開し、外部から解決策の提案を受ける

オープンイノベーションプラットフォームを利用する方法が主流です。プラットフォームを活用して連携先を募集する場合には、自社のニーズや課題はできるだけ幅広く公開することが大切。ニーズをしっかりと公開しておかないと、閲覧者にニーズや課題を伝えられません。公開している情報にオープンイノベーションを進めるのに必要な情報を網羅的に掲載し、より多くの解決策の提案を受けられるように準備しましょう。

オープンイノベーションプラットフォームを活用する

オープンイノベーションの連携先を探す方法は、最近ではオープンイノベーションプラットフォームを利用する方法が主流。オープンイノベーションプラットフォームは、提携先を探している大企業とベンチャー企業やイノベーターをマッチングするWebサイトやコミュニティの総称です。提携先が見つからない場合は、まずオープンイノベーションプラットフォームの運営会社に相談すれば、提携先の見つけ方や具体的なプロジェクトの立ち上げ方法などについてサポートしてくれます。

オープンイノベーションの成功ポイントを理解して導入を進めよう

オープンイノベーションは自社にない技術やアイデアを活用してビジネスを加速させるために有効な方法です。しかし、メリットがある一方で、デメリットへの対策をしておかないとプロジェクトが頓挫してしまうリスクもあります。

オープンイノベーションを加速させるためにも、自社のニーズや課題をしっかりと提示し、意思疎通の不足や契約書の不備によるトラブルが起こらないように準備しておくことが重要です。

ぜひ、オープンイノベーションをうまく活用して企業の成長を一段と加速させていきましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント