12.8 C
Japan
火曜日, 6月 28, 2022

オープンイノベーションプラットフォームの概要やおすすめ比較3選

近年は、オープンイノベーションがビジネスにおけるキーワードとして定着しています。オープンイノベーションを起こすためには組織外で協業先を見つけることが不可欠ですが、新たな協業先を探してマッチングできるのがオープンイノベーションプラットフォームです。
今回は、オープンイノベーションプラットフォームの活用方法やおすすめのオープンイノベーションプラットフォームについて紹介します。

オープンイノベーションプラットフォームについて 

オープンイノベーションプラットフォームについて紹介する前に、まずはオープンイノベーションの概要や重要性を確認しておきましょう。

オープンイノベーションとは?

オープンイノベーションとは、組織のイノベーションを促進するために、 積極的に外部の技術やアイデアを活用することです。組織単独では創り出すことが難しい製品やビジネスモデルを外部と連携することで創出。市場の拡大や企業価値の向上に貢献します。

オープンイノベーションと対になる「クローズドイノベーション」という言葉も。これは自社内でイノベーションを促す考え方で、研究開発から販売までの自社内で完結させる手法です。

オープンイノベーションの重要性

オープンイノベーションは「社内外に限らず優秀な人材と連携する」「市場化よりもビジネスモデルの構築を優先する」という特徴があり、これまでの自社内では用意できない技術やリソースを手に入れることができます。また、新たな市場を生み出すことで業界の勢力図を塗り替えることも、チェンジメーカーとして高い利益率でビジネスを進めることも可能です。

オープンイノベーションは新規事業を生み出すための有効な手法の一つとして捉えられており、市場環境の変化が激しい昨今では多くの企業がオープンイノベーションの導入に関心を持っています。

日本のオープンイノベーションの現状

日本のオープンイノベーションはどんな状況にあるのでしょうか。ここではオープンイノベーションの現状について紹介していきます。

経済産業省が推進するオープンイノベーション

日本では、国を挙げたオープンイノベーションの導入が進んでおり、主に経済産業省がオープンイノベーションを推進するための政策を実施しています。
導入当初は大手企業の抱える課題をベンチャー企業が埋めるという連携が主流でしたが、近年では大手企業とベンチャー企業がお互いの強みを活かして新たな事業の創出に取り組む手法が主流です。

民間企業がオープンイノベーションプラットフォームを提供

オープンイノベーションプラットフォームは、オープンイノベーションを促進するための仕組みの一つです。
新たな事業創出に関心のある大企業やベンチャー企業がそれぞれの強みや抱えている課題を開示し、効率的にマッチングできる環境を提供しています。

特に大企業が「アクセラレータープログラム」と呼ばれる、自社事業を加速させるための技術やアイデアを募集し、応募企業と協業するプロジェクトが増加。大企業のオープンイノベーションへの関心の高まりが伺えます。

オープンイノベーションの成功事例

オープンイノベーションの成功事例としては、運輸大手の西濃運輸が2017年に手掛けた「SEINO Accelerator 2017」が挙げられます。このプログラムでは植物工場事業を行うベンチャー企業のファームシップと協業し、2階建の物流倉庫の2階部分を植物工場として利用。栽培した葉物野菜を1階にある物流拠点からそのまま流通させる新たなビジネスモデルを構築しています。

新規事業創出に大切なのは、ワクワクする事業のタネを見つけ、明るい将来ビジョンを描くこと

2019年11月22日

このように、自社のリソースだけでは展開できない領域にビジネスを広げるための有効な手法として、オープンイノベーションが導入されています。

オープンイノベーションプラットフォームの活用法

続いて、オープンイノベーションプラットフォームを有効に活用するための2つのポイントについて紹介していきましょう。

目的を明確にして協業先を検索する

第一のポイントは協業先を探す場合は「目的を明確にする」ことです。協業先を探していると、どのプロジェクトも魅力的に映るでしょう。しかし、協業の目的は企業によって異なるため、自社の目的を明確にしておかないと、協業後に提携先は目的を達成するものの、自社では目的が達成できないという状況に陥るリスクがあります。

まずは、オープンイノベーションの目的を明確にしてから協業先を探しましょう。

自社の提供できるリソースを提示して協業先を募集する

提携先とのマッチングにおいて重要なのは、自社の提供できるリソースを具体的に提示することです。応募数やマッチングの可能性は情報をオープンにすることで高まります。販売チャネルや取引先、設備や資金など提供可能な内容についてはできるだけ詳細に記載しましょう。

オープンイノベーションプラットフォーム紹介

Creww

Crewwは2012年からオープンイノベーションプラットフォームを提供しており、オープンイノベーション促進のフロントランナーです。アクセラレータープログラムの開催実績はNo.1を誇り、「オープンイノベーション白書」でも日本を代表するプラットフォーマーとして紹介されています。

agorize Japan

agorizeは2011年にフランスで創業したプラットフォームで、企業と世界各地のイノベーターをコンテスト形式でマッチングします。ベンチャー企業だけでなく、コンテストを勝ち抜いた学生や研究者、エンジニアと協業も可能です。グローバルに多様な人材と協業を考えている場合に適したプラットフォームといえるでしょう。

Open Idea

Open Ideaは10,000人以上のプロフェッショナル人材から新規事業のアイデアを募集し、プロジェクトチームの編成から事業立ち上げまでが可能な人材を募集できるプラットフォームです。自社ではアイデアが不足する場合やプロジェクトを主導するメンバーを自社で用意できない場合に利用すると良いプラットフォームといえるでしょう。

プラットフォームを活用し、自社のイノベーションを促進しよう

今回は、オープンイノベーションプラットフォームの活用方法と、代表的な3つのオープンイノベーションプラットフォームを紹介しました。

それぞれのプラットフォームには特徴があります。どのプラットフォームを利用するかは自社の状況やオープンイノベーションの目的に投入できるリソースによって柔軟に選択します。

オープンイノベーションプラットフォームを活用し、マッチングした提携先と共に自社のイノベーションを加速させていきましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント