12.8 C
Japan
月曜日, 11月 28, 2022

オープンイノベーションプラットフォームの概要やおすすめ比較3選

近年は、オープンイノベーションがビジネスにおけるキーワードとして定着しています。オープンイノベーションを起こすためには組織外で協業先を見つけることが不可欠ですが、新たな協業先を探してマッチングできるのがオープンイノベーションプラットフォームです。
今回は、オープンイノベーションプラットフォームの活用方法やおすすめのオープンイノベーションプラットフォームについて紹介します。

オープンイノベーションプラットフォームについて 

オープンイノベーションプラットフォームについて紹介する前に、まずはオープンイノベーションの概要や重要性を確認しておきましょう。

オープンイノベーションとは?

オープンイノベーションとは、組織のイノベーションを促進するために、 積極的に外部の技術やアイデアを活用することです。組織単独では創り出すことが難しい製品やビジネスモデルを外部と連携することで創出。市場の拡大や企業価値の向上に貢献します。

オープンイノベーションと対になる「クローズドイノベーション」という言葉も。これは自社内でイノベーションを促す考え方で、研究開発から販売までの自社内で完結させる手法です。

オープンイノベーションの重要性

オープンイノベーションは「社内外に限らず優秀な人材と連携する」「市場化よりもビジネスモデルの構築を優先する」という特徴があり、これまでの自社内では用意できない技術やリソースを手に入れることができます。また、新たな市場を生み出すことで業界の勢力図を塗り替えることも、チェンジメーカーとして高い利益率でビジネスを進めることも可能です。

オープンイノベーションは新規事業を生み出すための有効な手法の一つとして捉えられており、市場環境の変化が激しい昨今では多くの企業がオープンイノベーションの導入に関心を持っています。

日本のオープンイノベーションの現状

日本のオープンイノベーションはどんな状況にあるのでしょうか。ここではオープンイノベーションの現状について紹介していきます。

経済産業省が推進するオープンイノベーション

日本では、国を挙げたオープンイノベーションの導入が進んでおり、主に経済産業省がオープンイノベーションを推進するための政策を実施しています。
導入当初は大手企業の抱える課題をベンチャー企業が埋めるという連携が主流でしたが、近年では大手企業とベンチャー企業がお互いの強みを活かして新たな事業の創出に取り組む手法が主流です。

民間企業がオープンイノベーションプラットフォームを提供

オープンイノベーションプラットフォームは、オープンイノベーションを促進するための仕組みの一つです。
新たな事業創出に関心のある大企業やベンチャー企業がそれぞれの強みや抱えている課題を開示し、効率的にマッチングできる環境を提供しています。

特に大企業が「アクセラレータープログラム」と呼ばれる、自社事業を加速させるための技術やアイデアを募集し、応募企業と協業するプロジェクトが増加。大企業のオープンイノベーションへの関心の高まりが伺えます。

オープンイノベーションの成功事例

オープンイノベーションの成功事例としては、運輸大手の西濃運輸が2017年に手掛けた「SEINO Accelerator 2017」が挙げられます。このプログラムでは植物工場事業を行うベンチャー企業のファームシップと協業し、2階建の物流倉庫の2階部分を植物工場として利用。栽培した葉物野菜を1階にある物流拠点からそのまま流通させる新たなビジネスモデルを構築しています。

新規事業創出に大切なのは、ワクワクする事業のタネを見つけ、明るい将来ビジョンを描くこと

2019年11月22日

このように、自社のリソースだけでは展開できない領域にビジネスを広げるための有効な手法として、オープンイノベーションが導入されています。

オープンイノベーションプラットフォームの活用法

続いて、オープンイノベーションプラットフォームを有効に活用するための2つのポイントについて紹介していきましょう。

目的を明確にして協業先を検索する

第一のポイントは協業先を探す場合は「目的を明確にする」ことです。協業先を探していると、どのプロジェクトも魅力的に映るでしょう。しかし、協業の目的は企業によって異なるため、自社の目的を明確にしておかないと、協業後に提携先は目的を達成するものの、自社では目的が達成できないという状況に陥るリスクがあります。

まずは、オープンイノベーションの目的を明確にしてから協業先を探しましょう。

自社の提供できるリソースを提示して協業先を募集する

提携先とのマッチングにおいて重要なのは、自社の提供できるリソースを具体的に提示することです。応募数やマッチングの可能性は情報をオープンにすることで高まります。販売チャネルや取引先、設備や資金など提供可能な内容についてはできるだけ詳細に記載しましょう。

オープンイノベーションプラットフォーム紹介

Creww

Crewwは2012年からオープンイノベーションプラットフォームを提供しており、オープンイノベーション促進のフロントランナーです。アクセラレータープログラムの開催実績はNo.1を誇り、「オープンイノベーション白書」でも日本を代表するプラットフォーマーとして紹介されています。

agorize Japan

agorizeは2011年にフランスで創業したプラットフォームで、企業と世界各地のイノベーターをコンテスト形式でマッチングします。ベンチャー企業だけでなく、コンテストを勝ち抜いた学生や研究者、エンジニアと協業も可能です。グローバルに多様な人材と協業を考えている場合に適したプラットフォームといえるでしょう。

Open Idea

Open Ideaは10,000人以上のプロフェッショナル人材から新規事業のアイデアを募集し、プロジェクトチームの編成から事業立ち上げまでが可能な人材を募集できるプラットフォームです。自社ではアイデアが不足する場合やプロジェクトを主導するメンバーを自社で用意できない場合に利用すると良いプラットフォームといえるでしょう。

プラットフォームを活用し、自社のイノベーションを促進しよう

今回は、オープンイノベーションプラットフォームの活用方法と、代表的な3つのオープンイノベーションプラットフォームを紹介しました。

それぞれのプラットフォームには特徴があります。どのプラットフォームを利用するかは自社の状況やオープンイノベーションの目的に投入できるリソースによって柔軟に選択します。

オープンイノベーションプラットフォームを活用し、マッチングした提携先と共に自社のイノベーションを加速させていきましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント